沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

すすきの ビール ワイン 北海道 札幌市

札幌・すすきの「オステリア大和亭」インパクト強なオーナーソムリエのイタリアン。

投稿日:2018年9月12日 更新日:

札幌旅行中、悪友Yに連れられてインパクト大なお店に連れて行ってもらいました。南4西5にある「オステリア大和亭」というお店です。ここもねぇ、連れてもらわなければ訪れなかったと思います。なんせ第4藤井ビルの3階にあるお店ですし、旅先では基本的にクラフトビールのお店ばかり行こうとしてしまって、こう、おいしい食事のお店とか二の次三の次になりがちなのです。

札幌・すすきのにある第4藤井ビル「オステリア大和亭」へ行ってきた。

店内に到着したのは日曜の19時過ぎ。大和亭はカウンター席とテーブル席3つという小さめのお店。ひとり飲みからグループ飲みのお客さんまで様々です。ちょうど女性4名組が帰るところで「空港へ向かう前に、おいしいものを食べてから東京に帰りたかった」と話していました。東京にはグルメなお店がいっぱいあるのに、札幌滞在をここでシメるなんて相当おいしいに違いありません。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」の店内はカウンター席とテーブル席がある。

まずは悪友Yと乾杯。彼女はグラスのロゼ、あたしはサッポロエビスビール(瓶、750円)でスタートです。ビールは瓶ビールなので、瓶ごとテーブル席に置いてもらっても構わなかったのですが、ワインのようにサーブしてもらえるのがいいですね。グラスの空き状況を見ながら注ぎにきてくれるのが特別な感じで嬉しい。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」でエビスビール(瓶、750円)とロゼのグラスで乾杯。

1杯目とともに登場したお通し。この日はしっとり肉質の鶏ハムでした。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」のお通しはしっとりの鶏ハムでした。

こちらは大和亭のフードメニューです。お肉、お魚、野菜などがバランスよく揃っています。観光客を狙った札幌っぽい食べ物、例えばジンギスカンや蟹があるわけではありません。地元の人が飲みに行くお店なのだなぁ。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」のフードメニュー。

おつまみをいくつか注文して、最初にやってきたのは牡蠣のマリネ(650円)です。これ、いいアテ!白ワインが欲しくなりますね。今夜はビールはほどほどに、ワインを攻めよう。そう思わせる大和亭です。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」牡蠣のマリネ(650円)

こちらは、温かいブロッコリーのペペロンチーノ仕立て(600円)。ブロッコリーとニンニク、よく合いますよね。あたしは大好きです。これを組み合わせたお料理を見るたび、手が出てしまいます。大和亭のはニンニクも塩気も控えめですが、ブロッコリーの火の通り方もいいし、ボリュームもあって満足の1品。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」温かいブロッコリーのペペロンチーノ仕立て(600円)

悪友Yのおすすめ、トリュフのパンナコッタ(800円)には驚かされました。これは、もう、凄いの一言。一度、食べてほしい。パンナコッタってデザートだと思ってたら、甘さなし&トリュフ香の素晴らしいおつまみでした。度肝を抜かされました。とっても濃厚なので、たくさんは食べられません。我々のように一人前を2〜3人でシェアがちょうどいいんじゃないかな。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」トリュフのパンナコッタ(800円)

トリュフのパンナコッタを食べているうちに、赤ワインが欲しくなりました。ソムリエの資格を持つ店主・大和さんがオススメしてくれたのは、プティ・パヴェイユ2014というフランスの赤ワインです。グラスでいただくと、テーブル席にきて変顔!大和さん、カウンターでも歌ったり、おもしろパフォーマンスをしてくれたりと、盛り上げ上手なエンターテイナーなんです。彼のキャラクターを支持して通うお客さんも多そうだなぁ。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」で赤ワインを飲もうとすると、大和さんが絡んでくれる。

この日のオススメ、サバのビネガーガーリック風味(900円)もいただきました。イタリア的シメサバといったところでしょうか。漬かり具合が浅く、ビネガーの酸味がほどよかったです。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」サバのビネガーガーリック風味(900円)

2杯目のワインは、ルーマニアのフェテアスカネアグラ。ブラックワインといわれるほど色味が黒っぽく、果実味のしっかりどっしりとしたワインです。グラスにたっぷり注いでいただきました。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」でグラスの赤ワイン2杯目。

「大和亭と言ったら、T・K・P!」と悪友Yが言うので、何かわからないまま注文したのが、こちら。

札幌・すすきの「オステリア大和亭」の人気メニュー、T・K・P(850円)

T・K・P(850円)というのは、つまり、卵かけパスタのこと。これがねぇ、ウマいんです!日本人ならみんなが好きであろう味なので、シメに決め込むべき。お腹いっぱいになりました。

T・K・Pとは、卵かけパスタのこと。

最後の最後、お会計と同時に大和さんのサービスでいただいたお酒ですが、このあたりでかなり酔っていて、何をいただいたのかさっぱり思い出せません。蒸留酒の何かだったと思います。おかげで酔いが加速したすすきのの夜でした。

シメにサービスできっついお酒をいただいた。

ということで、札幌・南4西5にある「オステリア大和亭」へ行ってきました。あれだけ酔ったのに、インパクトが強すぎるソムリエオーナーの大和さんを忘れられません。グラスワインは700円から、お好みを伝えればその日のオススメを飲ませてもらえます。お料理もおいしかった!大和さんと料理人の2名体制で営業しているそうです。混雑している時は提供に時間がかかる場合もあると思いますが、おいしいお酒となら時間も気にならないんじゃないかな。ほんと、悪友Yが連れて行ってくれるお店はハズレがない!すごい友人を持ったものです。いつもおいしいお店をありがとう。
終わり。

住所:〒064-0804 北海道札幌市中央区南4条西5 第4藤井ビル3F

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-すすきの, ビール, ワイン, 北海道, 札幌市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.