ビール 国際通り 居酒屋 昼飲み 松尾 沖縄本島南部 牧志公設市場

那覇・牧志公設市場「魚友」の生牡蠣&ビールで休憩してきた。

投稿日:2015年3月10日 更新日:

東京から来沖していたダイゴマンと一緒に、那覇の観光名所巡りをした日のこと。国際通りの人並みに揉まれ、ちょいとお疲れモードだったので休憩することにしました。向かった先は、牧志公設市場からも近い鮮魚店「魚友」さん。

魚友,那覇,牧志,公設市場

こちらの魚友さんの2階には「魚屋直営Dining 魚々」がありまして、1階の鮮魚店のお魚を2階の魚々で調理・提供しています。どうりで2階のお魚は新鮮でおいしいわけだ!

1階の鮮魚店は持ち帰り専門の魚屋さんではなく、買ったその場で食べることもできます。この日、軒先に並んでいた牡蠣が気になったので食べてみることに。

魚友,那覇,牧志,公設市場

魚友の店員さんにどの牡蠣がオススメか聞いたところ、「この時期は門司だね!」との回答が。さっそく北九州の門司の牡蠣をいただくことに。それと地元北海道のサロマ湖も。門司は1個180円、サロマ湖は300円です。

魚友,那覇,牧志,公設市場

お代を支払って、魚友の店内で牡蠣の殻をむいてもらう間に、

魚友,那覇,牧志,公設市場

オリオンドラフト(300円)で乾杯です。ビールはオリオンドラフトの他に、オリオンとアサヒの缶ビール(250円)なんかもあるみたい。

魚友,那覇,牧志,公設市場

暫くして門司とサロマ湖の生牡蠣がやってきました。どっちがどっちかさっぱりわからないけれど、きっと手前の大振りな牡蠣がサロマ湖で、奥が門司だったんじゃないかなぁ(門司はもう少しで一番の時期だ、と店員さんに教えてもらったので)。

魚友,那覇,牧志,公設市場

しかし観光客がワサワサしている牧志公設市場付近のアーケード街で、昼からこうしてビールを飲むことになるとは。

魚友,那覇,牧志,公設市場

挙げ句の果てに生牡蠣まで食べることになるとは。観光名所の片隅で鮮度の高い生牡蠣とビールが楽しめるなんて、なんという贅沢。旅行客の立場だった時は、まさか魚屋さんの軒先で飲めるとも思わなかったし、こうして魚友さんで飲めたのも沖縄に住んで初めてわかったことの1つです。

魚友,那覇,牧志,公設市場

ちなみに魚友さん、鮮魚を並べた飲み屋というわけではなく、主軸は普通の魚屋さんなので、いろんな魚介が売られています。

魚友,那覇,牧志,公設市場

それから場所柄でしょうか、お土産に持ち帰れそうな瓶詰めや、

魚友,那覇,牧志,公設市場

海ぶどうも店先に売られていました。

魚友,那覇,牧志,公設市場

ということで、那覇の牧志公設市場近くにある鮮魚店「魚友」さんで休憩しながら、生牡蠣&ビールしてきました。魚友は居酒屋さんじゃないのでガッツリ飲みには適していないけど、散策や観光中のコーヒー休憩ならぬビール休憩するにはモッテコイなお店だと思います。その時期ごとのおいしい海鮮をつまみながら、国際通り近くのアーケード街を行き交う人たちを眺めるのも楽しいもんですよ。この辺には昼飲みできるお店がいくつかあるので、ハシゴ酒にも使えると思います。沖縄に来たらふらりと立ち寄って欲しいな~と思いました。
終わり。

【2016年5月29日追記】

週末、久しぶりに牧志公設市場近くを歩いてみました。魚友の前を通ったら、店先で昼間からビールを飲んでる観光客。そしてその脇にある看板に目が行きました。あら、まあ!せんべろ!

魚友,那覇,牧志,公設市場,せんべろ

1000円でビール2杯とおつまみ1品がついてくるみたいです。おつまみは、刺身3点盛りかカンパチの頭の煮付けでした。日によって異なるかもしれませんが、牧志公設市場付近のせんべろブームに魚友も乗った〜!お魚屋さんのせんべろセット、お試しあれ。

住所:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目9-15 1F

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ビール, 国際通り, 居酒屋, 昼飲み, 松尾, 沖縄本島南部, 牧志公設市場
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.