イベント 日記・思ったこと 読谷村

米軍基地「トリイステーション」のビーチ開放デーに行ってきた。

投稿日:

2017年7月4日に行われたトリイステーション内「トリイビーチ開放デー」に行ってきました。トリイステーションは、読谷にあるアメリカ陸軍の基地。基地は海に面しているため、敷地の一部がビーチとして利用されています。この米軍基地内の「トリイビーチ」が年に数回、一般に開放される日を狙って遊びに行ってきました。天候に恵まれた、アメリカ独立記念日のイベントでした。

トリイビーチ開放デーに行ってきた。

入場ゲート位置とIDチェック。

トリイステーションにはいくつか入場ゲートがありますが、トリイビーチ開放デーに使われるゲートは、渡久地ビーチ側にあるゲート4です。場所はこのマップで確認できます。周辺にあるイオンタウン読谷ショッピングセンターから、このゲート4に向かう交差点が少し複雑。看板などは出ていないと思うので、Googleマップに従って向かうのが一番ラクかもしれません。

ゲート4に到着すると、車の窓を開けてIDチェックを受けました。今回はあたしと乳児の2名で訪れたので、ID確認はあたしだけ。免許証などの写真付き身分証の定時が必要です。乳児がいると知ったスタッフの方に「今日は暑いので、熱中症に気をつけて。水分補給をお忘れなく」と言われました。笑顔でそんなことを言ってもらえるなんて思わなかったので、嬉しかったなぁ。

読谷「トリイステーション」内トリイビーチの開放デーは、入場はゲート4(渡久地ビーチ側)から入る。

すんなりトリイステーションの敷地内に入れた我が家の車。これはゲートを通ってすぐの風景です。空がとっても広いし、整備されているし、気持ちがいい!空中に電線がないだけで、こんなにも開放的なのですね。車を道なりに進め、駐車場へ向かいます。

トリイステーションの敷地内。広々としている。

16時頃に到着、駐車場は余裕アリ。

道なりに進むと、スタッフの方に原っぱへ誘導されました。ビーチに近いこの場所は、通常はただの原っぱだと思いますが、今回のようなイベント時には駐車場になるのでしょう。到着した16時頃には半分ほど埋まっていたようです。

トリイビーチ付近の駐車場。空が広い。

19時頃に基地を出たのですが、その時には駐車場も満車状態。だいぶ離れた場所に車を置いて、ビーチまで歩く列ができていました。おそらく夜の花火目当てのお客さんたちだと思われます。遠くに停めたくない・歩きたくない場合は、早めの到着が正解です。

さて、駐車場からビーチへ向かう時、斜面に窪みがあることに気が付きました。近寄って見ると、それは亀甲墓という沖縄特有の大きなお墓でした。代々この周辺に暮らしてきた方たちが今も眠っているのですね。この基地にはお墓だけじゃなく御嶽や拝所も残されているらしいですが、センシティブな話題のため今回は深堀せずに進めます。

駐車場脇には、沖縄の亀甲墓があった。

ビーチエリア入場時、手荷物検査を受ける。

この写真の柵の向こうが、トリイビーチのイベント会場となります。柵の横をすり抜け、テントで簡単な手荷物検査を受けました。バッグの中は育児グッズだけなので、特に問題なく通過。

ここからトリイビーチへ向かう。

広大な敷地をビーチへ向けてテクテク歩きます。日が傾き始めた16時頃とはいえ、直射日光がとにかく暑い。米軍基地内は日陰がほとんどないので、動いているとたっぷり汗をかきます。熱中症や熱射病に注意が必要です。歩いているとビーチバレーに興じるアメリカーの姿が。こんなナチュラルにビーチバレーができるなんて、日本人じゃ考えられません。

トリイビーチの敷地内には、ビーチバレーのコートがある。

子供向け遊具もありました。ブランコや船のような遊具は、子供たちが嬉しがるヤツですよね。数年後こういうところで遊ぶ我が子を想像しながら、ひたすらビーチへ向かいます。

トリイビーチの敷地内には、ちょっとした遊具もある。

これがトリイビーチ!眺めなど

駐車場から10分近く歩いたでしょうか、やっとビーチに到着です。これがトリイステーション内のトリイビーチ!ビーチの南側から北方面を眺めた様子です。駐車場や売店などから近いため、このあたりに人が集中していました。

トリイビーチ南側から北方面への眺め。

こちらはビーチの北側から南方面の眺め、トリイビーチの奥側にあたります。歩いて向かわねばならず、そのせいか人がまばらでした。ゆっくり過ごすならこの奥側がいいかな。ただ、パラソルなどの荷物抱えて砂地を歩くデメリットはあるかも。

トリイビーチ北側から南方面への眺め。

海遊びをする予定ではなかったのですが、足だけ海に入ってみました。

トリイビーチの波際の透明度。

このあたりは砂地のビーチなので、波打ち際や人が遊んでいる付近は、濁りが見られます。砂が白っぽいので、海の色が汚いわけじゃないし、それほど気もなさなそう。

トリイビーチは砂地のため、浅瀬は砂が舞って濁りがあった。

ボードウォーク沿いに並ぶパラソルも、なんともいい雰囲気。

トリイビーチの様子(その1)トリイビーチの様子(その2)トリイビーチの様子(その5)

所有しているパラソルやワンタッチサンシェードを持ってきている人も多いです。砂地までベビーカーで入ってきているのには、びっくりしました。小さな子供を日焼け対策せずに遊ばせていたり、そろそろ産まれそうなほどお腹が大きい妊婦さんも海遊びしているし、アメリカ人はおおらかだなぁ。日本なら怒られそうだもんね。これも文化の違いなんだろうな。

トリイビーチの様子(その3)

ウォータースライダーや噴水でも遊べる!

ビーチを歩いていると、遠目からでもよくわかるほど人だかりができている建物がありました。

ビーチの脇にある階段に、人だかり。

近づいてみると、ウォータースライダーのようです。人が途切れずに並び続けています。ウォータースライダーは有料の遊具で、$2で5回遊べるんだそうです。

ウォータースライダーが楽しめる。ずっと人気のウォータースライダー。

このウォータースライダーは身長規制があります。38インチ(96cm)以上だと遊べるって。

ウォータースライダーには身長制限がある。

ウォータースライダーのルールもありますが、英語がわからないので割愛。

ウォータースライダーのお約束。

ウォータースライダーの真下に、水遊び場がありました。ここも小さな子供達に人気!

小さな子供達が遊べる噴水がある。

ここなら、おすわりができれば遊ばせられそうです。水着でくればよかったなぁ、暑いから涼ませてあげたかった。

噴水で遊ぶアメリカンベイビー。

米軍イベント名物、パワーフードが揃う屋台。

米軍基地内のイベントと言えば、アメリカンな屋台メシ。この日もいくつか屋台が出ていました。ピザとかハンバーガーとかアメリカっぽい感じの屋台です。

トリイビーチ開放デーの屋台(その2)トリイビーチ開放デーの屋台(その3)

豚の丸焼きもあります。オーダーが入ってからカットするんでしょうか、テント下にこんがり焼かれた丸焼きが横たわっている衝撃。

トリイビーチ開放デーの屋台(その4)

こっちのテントではTシャツたタンクトップなどのグッズ販売がされています。アメリカ陸軍の基地内には初めてきたので、グッズをしっかり見ておけばよかったな。

トリイビーチ開放デーの屋台(その1)

この日の屋台を一通りぐるっと確認して、あたしが並んだのはトリイビーチにあるレストラン「CJ’sサンセットグリル」の行列。ここはビーチに常設しているビーチレストランで、こんなに行列ができるなら食べてみようと並びました。

トリイビーチにあるレストラン「CJ'sサンセットグリル」でフードを買ってみた。

CJ’sサンセットグリルにはテーブル席が用意されています。日焼けを気にしない方はテラス席がおすすめ。割と空いてました。

「CJ'sサンセットグリル」の外観

こちらは屋内のテーブル席で、4〜6人席がけとなっています。日陰を求めてやって来る人も多いのか、この日は回転が悪そうでした。

「CJ'sサンセットグリル」の客席

こちらはCJ’sサンセットグリルのフードメニューです。サンドイッチ、フライドチキン、ナチョス、サイドメニュー、ドリンクを注文できます。注文後は呼び出しベルを手渡されるので、近くで出来上がりを待ちます。

「CJ'sサンセットグリル」のメニュー表

15分ほど待ったでしょうか。オーダーが立て込んでいるのか、だいぶ待ってやってきたのが、こちらです。フード2種+ソフトドリンク1杯で$11.15でした。基地内はドルはもちろん日本円での支払いも可能です。あたしはクレジットカード払いで済ませました。

「CJ'sサンセットグリル」の食事(フード2種+ドリンクで$11.15)

こちらはスモークターキーサンドイッチ($5.95)。デカくて盛り付けが大雑把、まさにアメリカらしい。早速いただいてみます。

「CJ'sサンセットグリル」のスモークターキーサンドイッチ($5.95)

ゴマが乗るバンズは手のひらサイズ。ターキーと、レタス、トマトが挟まっています。ターキーが結構しょっぱいけど、汗をかいたあとなのでちょうど良いかも。思ったより食べ応えがあるし、ビーチで食べるとおいしいサンドだなぁ。

思っていたよりおいしいサンドイッチだった。

こちらはフライドチキン1/4カット($3.45)です。サンドがこんなに食べ応えあると思わなかったので、チキンも注文してしまいました。小さなパンも付いてます。ふわふわで、表面サクッと焼かれてウマいけど、サンドも食べたのでお腹パンだらけ。チキンはこの写真では大きさがわかりにくいと思うのですが...

「CJ'sサンセットグリル」のフライドチキン1/4カット($3.45)

手に持ってみると、なかなかのサイズ感だとおわかりでしょうか。チキン1羽の1/4サイズですから、それなりに大きいです。

1/4サイズとは言え、チキンのデカさが半端ない。

衣に味がついてるけど、チキンの自体は薄味。なのでBBQソースでいただきました。お肉が柔らかくて意外とウマい。これオススメだわ。ビールとの相性も良さそう。ビーチでビール&チキンしたいな。

ソースをつけていただく。ビールが合いそうだ。

BBQソースやケチャップ、マスタードはお店の脇に備え付けられているので、お好みでどうぞ!

ハインツのケチャップとマスタード、そしてBBQソースが3種類あった。

売店や更衣室、ビーチグッズのレンタルなど。

お腹がいっぱいになったので、腹ごなしに散策を再開しました。

トリイビーチの案内があった。

通りがかりに目に入ったのは、こちらのトリイビーチに関する案内です。

トリイビーチに関する案内(その1)

案の定、英語なのでよくわかりませんが、ビーチは月〜日曜の朝8時〜18時までやっていること、危険な海の生物に気をつけよう的な注意が細かく書かれていました。

トリイビーチに関する案内(その2)

こちらはトリイビーチのイラストマップ。おおよそ歩き回ったところが記されています。今回のトリイビーチ開放デーはこのエリアへの立ち入りが許可されているんだろうな。

トリイビーチのマップ

このトリイビーチでの過ごし方ルールもどうせ英語だけでしょ?と思ったら、日本語も併記してある〜!興味がある方はご一読ください。

トリイビーチに関する案内(その3)

売店は関係者以外でも購入可能らしい。

案内板の裏手に、しっかりとした作りの建物があったので確認してみました。この建物はスキューバ専用ロッカーのようで、たぶん基地の中の人が契約しているものなんだろうな。トリイビーチからエントリーするのかなぁ?隣接して更衣室やシャワーなどもありました。

トリイビーチの売店とスキューバ専用ロッカー、更衣室などがある。

ロッカーの横にはスキューバダイビングの関連用品が売られた売店がありました。シュノーケルセットや水中眼鏡、日焼け止め、バスタオルなんかも販売しています。店員さんに「今日は開放デーですが、基地の外の人も購入してOKですか?それともアメリカ人オンリー?」と日本語で聞いてみました。すると誰でも購入できるとのこと。何か買い忘れても、ここで揃えられそうですね!

売店はスキューバダイビング用具やシュノーケル、日焼け止め、バスタオルなどが販売されていた。

日本人もOK!ビーチグッズをレンタルできます。

こちらはビーチグッズなどの貸し出しをしている、ビーチオフィス。インスタジェニックな浮き輪をお店の外で膨らましているおじさんが気になったのですが、ひとまず何があるのか中に入ってお話を伺いました。ここには日本語が通じるスタッフがいて安心。

ビーチオフィスでは、カヤックやパドルボードなどのレンタルが可能。米軍関係者以外でもOKだ。

ビーチオフィスでは、マリンアクティビティのアイテムや、ビーチサイドで使うパラソルやチェアなど、基地の関係者以外でも貸し出し可能らしいです。一人乗りカヤックが1時間$3ですってよ。これは今後何かのタイミングで使うことができそうだなぁ。

トリイビーチで借りられるアイテムの料金表。

キャンピングエリアやコテージも借りられる

ビーチアイテムだけではなく、BBQエリアのレンタルも可能なんだって。この写真の右側、木陰のあたりは奥までずらっとBBQコーナーになっています。備え付けのグリルがあるので、みなさん思い思いに焼いて食べてしています。BBQをする場合、お肉などの食べ物は自分で持って来るように言われました。詳細はビーチオフィスへご確認を。

トリイビーチのキャンピングエリア(有料)

こちらの宿泊用キャビンもレンタルが可能だそうですが、基地の外の人だけじゃ宿泊できないそうです。関係者がいないとダメだって。

コテージもレンタルすることができる。

トリイビーチのまとめ

ということで、読谷にあるアメリカ陸軍基地・トリイステーション内の「トリイビーチ開放デー」に行ってきました。トリイビーチは海水浴を楽しむビーチです。シュノーケリングで魚やサンゴを楽しむような遊び方ではなさそうですが、シャワーやロッカーなどの施設も一通り揃っているし、マリンアクティビティもレンタルがあるので、家族連れで安心して楽しめそうです。

駐車場側からビーチ方面を眺める。

トリイビーチ開放デーは1年のうちに何度かあるんですね。2017年は5月7日、7月4日・16日、8月13日、9月17日だそうです。毎年日程が変わると思うので、日時は調べてみてください。2017年10月21・22日にはトリイビーチハロウィンパーティーもあるらしいので、これも遊びに来たいな!

トリイビーチでのイベント告知うちわ(2017年用)。

最後に、どの米軍基地イベントでも書いておりますが、日焼け対策は忘れたくありません。基地内には日陰になるところがほとんどないので、紫外線をガッツリ浴びてしまったら、その後のケアが大変です。日焼け止め・日傘・ラッシュガード・帽子・サングラスなどを忘れずに楽しみましょう。
終わり。

住所:〒904-0304 沖縄県中頭郡読谷村楚辺 トリイステーション内

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩
 



-イベント, 日記・思ったこと, 読谷村
-, ,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.