「とんかつレストランYAMASHiRO」首里のとんかつ店で肉汁あふれる贅沢ランチ!これは食べてほしい!

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」ピンク色のシャトーブリアンのとんかつ

ある日、Instagramを眺めていたら「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」のおいしそうな写真が目に飛び込んできました。お店はゆいレール首里駅からすぐの場所にあります。生活圏ではないので中々訪れられないだろうと思っていたら、偶然首里に用事ができ、その合間を縫ってランチを食べてきました。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」の外観

とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)のランチタイムは11時半〜15時(ラストオーダー14時)です。ちなみに夜も営業していて時間は18〜22時だそうです。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」の入り口に置かれた営業時間

店内に入るとオープンキッチンのカウンター席とテーブル席がありました。おひとり様のわたしはカウンター席に案内を受けます。店内には陶器が飾られ、テーブルウェアにもこだわりがあるのだろうと期待値が高まりました。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」の店内

こちらがとんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)のメニューです。ランチで訪れたこの日、とんかつは7種類のお肉から選べました。お肉は1種類または複数種類をオーダーでき、贅沢な食べ比べも可能です。とんかつの種類を決めたら、定食(ごはん・汁物)またはコース(前菜・ごはん・汁物・デザート)を選びます。ドリンク類もいろいろと用意されています。夜はとんかつの他、一品料理や琉球宮廷料理を提供されている模様です。

注文後、キッチン内に置かれたとんかつを眺めて過ごします。これ、カウンター席に座った時だけの楽しみ方です。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」キッチンに並ぶ調理前のとんかつ

わたしの注文したとんかつが調理され始めました。すでに揚げられ休ませているとんかつの白いこと!低温でゆっくり加熱しているようです。白いとんかつは初めてなのでいただくのが楽しみ!

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」白いとんかつを揚げていく

わたしのとんかつの様子を眺めていると、コース(980円)の前菜が準備されました。どうやら目の前で仕上げるスタイルのようです。青皿に注がれる白いスープが映えます。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」コースの前菜を目の前で完成させる

こちらがこの日の前菜盛り合わせ。まずは伊平屋島の新タマネギスープから。余計な味付けのないシンプルな冷製スープで、タマネギの繊維の食感とミルキーさ、そして胡椒の香りを楽しみました。糸満のフルティカトマトと自家製の肉味噌は、トマトの酸味がアクセントになっています。やんばる若鶏のヨダレ鶏はビールを欲する塩気で、ほんのりの山椒が香ります。島バナナとタイムレスチョコレートのカカオニブや、塩気を感じるむっちり感のドゥルワカシーも乗せられています。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」ランチの前菜

前菜を食べ終わると、ちょうど良いタイミングでシャトーブリアンのとんかつ(1100円)がやってきました。おそらく、自分でお金を出して食べるのは初めてのシャトーブリアンです。お肉の量は70〜80gで少なめかなと思ったけれど、前菜のセットもつけていたのでお腹はいい具合に膨れました。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」シャトーブリアンのとんかつ(1100円、コース980円)

この日のお肉は、南城市のキビまる豚のシャトーブリアンだそうです。中はピンク色、外側は白いとんかつで綺麗ですねぇ。お肉の切り口がキラキラと輝いて、わたしを誘う…!

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」ピンク色のシャトーブリアンのとんかつ

シャトーブリアンのとんかつは、花塩&生粒胡椒やカカオマスタードでいただきます。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」花塩&生粒胡椒・カカオマスタードでいただく

まずは花塩を振り、箸で持ち上げようとすると、驚きました!だって、お肉の表面にぶわっと肉汁が浮かぶんですもん。こんなに肉汁があふれるとんかつ、初めて!口にすると、とにかくお肉が柔らかいんです。筋がなく、ふわふわと食べられます。とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)のシャトーブリアン、めちゃくちゃおいしい!

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」を箸でもちあげようとすると、シャトーブリアンの肉汁があふれる

与那国島の花塩だけで十分お肉のおいしさを引き出してくれます。花塩が肉汁を吸収してピンクに色づいてくのも、お肉表面の煌めきを眺めているのも、たのしい…

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」肉汁が溢れ出るシャトーブリアンのとんかつ

そんな至極のとんかつに合わせるごはんは土鍋炊き。沖縄の米を使っていると聞きました。むっちり食感でおいしく、また多過ぎないボリュームがありがたいです。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」土鍋炊きのごはん

しっかりとカツオ出汁を感じる、濃い味のカチューユもおいしかったなぁ。おかわりしたいくらい。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」ランチのカチューユ

前菜にとんかつ、ごはん、汁物を平らげて満足していたところに、デザートがやってきました。この日は冬瓜漬けとパッションフルーツの組み合わせ。サクッ、ジュワッとした冬瓜漬けに、パッションフルーツの香りと酸味が華やか!泡盛が欲しくなるデザートだなぁ。

那覇市首里汀良町「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」デザートの冬瓜漬けとパッションフルーツ

ということで、那覇市首里汀良町にある「とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)」でランチをいただいてきました。とんかつのお肉はランプ、ヒレ、サーロイン、リブロース、シャトーブリアン、ササミカツ、本日のおすすめかカツ(この日はきびまる豚)からお好みで選べたので、お腹の減り具合やお財布と相談して注文できそうです。

同じテーブル同士ならカットしてシェアもできそうなので、今度は誰かと一緒に食べに行ってみたいなぁ。お酒を欲するシーンもありました。いつか夜にも訪れてみたいなぁ。とにかく極上のとんかつで、非常においしかったです。ぜひ一度お試しを。
終わり。

お店の情報

店名とんかつレストランYAMASHiRO(ヤマシロ)
住所〒903-0806
沖縄県那覇市首里汀良町3丁目38−2
営業時間11時半〜15時/18時〜22時
定休日日曜、水曜の夜
駐車場第1・第2駐車場あり。場所はSNSにて確認


 あわせて読みたい

-お肉, とんかつ, ランチ, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き, 首里エリア, 首里汀良町
-