沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

カフェ・喫茶店 ケーキ ニューパラダイス通り フリーWi-Fi 沖縄の禁煙店 沖縄本島南部 沖縄県 牧志 那覇市

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」ゆったり空間の贅沢なひとときにハマる。

那覇・牧志はニューパラダイス通りにある「トックリキワタ珈琲店」に行ってきました。カフェ好きな同僚女子たちの話を聞くととても良さそうだったので、長らく行ってみたいなぁと思っていたところ、ある時急に時間ができて颯爽と向かった次第です。トックリキワタ珈琲店は2018年1月にオープンし、先日1周年を迎えたばかりの新しいお店です。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」の外観。

トックリキワタ珈琲店でいただくコーヒー&スイーツが贅沢なひととき。

どこにあるの?

トックリキワタ珈琲店は、那覇のニューパラダイス通り沿いにあります。近くにはコインパーキングもあるので、車で訪れることもできそうです。国際通りが近く、観光客も地元民も訪れている感じ。また、お店の方と常連さんが話しているシーンを何度も見かけました。瞬間風速的な観光客需要はもちろんですが、地元客に根付くお店はいいお店の証だなぁと最近思います。

店内の様子。

何より先に目に飛び込むのは、手作りスイーツのショーケース。

お店に入ってまず目に飛び込んだのは、カウンターに乗せられたショーケースでした。うわぁ、おいしそう。反射的に呟きながら、近寄って見入っちゃう。スイーツは手作りで、日によって並ぶものは異なるそうです。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」の店内入ってすぐ、ショーケースのスイーツが目に入る。

お会計は前払い制。カウンターで注文しよう。

スイーツ熱が落ち着いたら、まずはカウンターで注文とお会計を済ませます。コーヒーの種類が豊富で悩んでしまい、テーブル席に入ってゆっくり選んでから改めてレジへ向かいました。お店の方に好みのコーヒーを伝えて、オススメしてもらうことも可能です。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」のコーヒー豆のメニュー。

Indigoが手がけた店内インテリア、素敵すぎる!

こちらはトックリキワタ珈琲店の店内です。これが非常に刺さりました。オーダーメイド家具や空間づくりを得意とするIndigoと作り上げたそうです。ここなら穏やかな時間を過ごせそう。2名がけのテーブルやカウンター、それに天井の木目が優しく、照明も計算された完璧な配置に思います。ほんと何時間でも過ごせてしまう...

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」の家具類は全て読谷Indigoのものだ。

フリーWi-fiも飛んでます。

こんな素敵空間でやることといえば、ブログ更新です。家には集中できるスペースがなく、落ち着いて作業できないので、外に出ることが多くなってきました。フリーwi-fiの有無を尋ねると、快くパスワードを教えていただけました。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」ではフリーwi-fiを利用できる。

店長はボストンテリアですが、ペット連れOKではありません。

お店にはボストンテリアがいます。彼はこのお店の店長です。とってもお利口さんで、あたしが滞在中一度も吠えることなく過ごしていました。いい子だなぁ。看板犬はいますが、ペット同伴可能のお店ではありません。外席ならばペット連れOKとのことなので、秋〜春くらいならお散歩途中に立ち寄ってもよさそうです。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」にはボストンテリアが1匹いるが、ドッグカフェではないのでご注意。

スイーツ&コーヒーの贅沢レポート

ラムレーズンのチョコレートケーキ(400円)と、パプワニューギニアの珈琲(400円)

注文の品が到着しました。ショーケースで気になったラムレーズンのチョコレートケーキ(400円)と、パプワニューギニアのコーヒー(400円)をフレンチプレスで抽出。一つ一つが丁寧に感じられます。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」ラムレーズンのチョコレートケーキ(400円)と、パプワニューギニアのコーヒーをフレンチプレスで(400円)。

ラムレーズンのチョコレートケーキからいただきました。フォークを入れるのに苦労するほどしっかり固い焼き上がり。反面、口当たりは滑らかで、スーッと溶けてしまいます。最後に芳醇なラムの香りが残って、とてもおいしい。まるで高級チョコレート。しっかり甘いのにしつこくなく、お酒と合わせても良さそう。添えられた生クリームは甘さ控えめで、食感を軽くしてくれます。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」のラムレーズンのチョコレートケーキ(400円)は濃厚で芳醇、ウマすぎた!

8種類の豆から選んでもらったパプワニューギニアのコーヒー豆は、酸味控えめ・苦味しっかりの好みでした。チョコレートケーキの存在感と合わせるなら、これくらいしっかりのコーヒーがいいと思います。コーヒーカップや食器類もこだわりを感じました。工房ことりのの作品だそうです。いいやちむんだなぁ。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」では工房ことりのの焼き物を採用している。

小豆ともちきびのスコーン(400円)と、エチオピアのコーヒー(400円)

2度目の来店時。スイーツは1種類だけ残っていて、すぐさま注文しました。小豆ともちきびのスコーン(400円)と、エチオピアのコーヒー(400円)をハンドドリップで注文です。小豆ともちきびのスコーン、一度食べてみたかったの!

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」小豆ともちきびのスコーン(400円)と、エチオピアのコーヒーをハンドドリップで(400円)。

スコーンが崩れてしまわぬよう、優しくナイフを入れます。小豆の素朴で柔らかな甘みと、もちきびのプチプチ食感が楽しめます。小豆ともちきび、そして添えられた黒糖ホイップの組み合わせは、どこか和菓子のテイスト。黒糖ホイップのおかげでスコーンが2倍にも3倍にもおいしく感じられました。

那覇・牧志「トックリキワタ珈琲店」小豆ともちきびのスコーン(400円)はプチプチ食感が特徴的。添えられた黒糖ホイップとの組み合わせも最高。

まとめ

ということで、那覇・ニューパラダイス通りにある「トックリキワタ珈琲店」を訪れました。評判通りの素敵なカフェでした。ゆっくりと落ち着ける空気感、2歳児を抱えるカーチャンにとって非常にありがたく大切な場所です。さらにケーキもコーヒーもおいしいなんて。同僚女子がハマるのすごくわかるなぁ。空き時間が30分でも1時間でもあれば、さっとここに訪れたい。空間と軽食が贅沢でふくよかな気持ちにさせてくれるのです。

ちなみに毎月1回、夜カフェの営業をしているんだって。アルコールもいくつか提供しているようなので、いつか夜カフェ営業も訪れてみたいなぁ。
終わり。

住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1丁目2-11

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-カフェ・喫茶店, ケーキ, ニューパラダイス通り, フリーWi-Fi, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島南部, 沖縄県, 牧志, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.