沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

PR リゾートホテル 旅行記 朝食・モーニング 沖縄本島南部 沖縄県 糸満市

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」のプレミアムラウンジ利用はマスト!

投稿日:2018年6月29日 更新日:

先日、糸満市にある「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」へ宿泊モニターしてきました。滞在したのはホテル上層階のプレミアムクラブフロアの客室です。このプレミアムクラブフロアに滞在中のゲストは、他のフロア滞在時とは異なる特別サービスを受けられます。今回はこのプレミアムクラブフロアサービス(主にプレミアムラウンジ)についてのレビューです。

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」のプレミアムラウンジを利用してみた。

プレミアムクラブフロア限定のサービスについて。

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の上層階「プレミアムクラブフロア」限定のサービスをご存知でしょうか。あたしは全然知らなかったのですが、ある日同僚から「サザンビーチホテルの上層階だけのサービスがすっごいよかった!」と教えてもらい、それがとても強く印象に残っていたんです。どんなサービスを用意しているのか、まとめてみました。

プレミアムクラブフロア限定サービス
1:専任コンシェルジュが滞在中の案内をしてくれるので安心&便利
2:専用デスクでチェックイン・チェックアウトできてスムーズ
3:プレミアムラウンジで軽食・ドリンクのサービスを楽しめる
4:プレミアムラウンジにあるPCや個室の利用が可能
5:朝食は通常より2箇所多い3会場から選べる
6:限定プレミアムルームサービス(有料)を頼むことができる
7:客室アメニティがグレードアップ

※2018年5月時点のものです。最新情報は専任コンシェルジュにご確認を。

なるほど、専用のプレミアムラウンジを中心に特別サービスが受けられるようです。事前に利用シーンを想定しておくと滞在中も選択の幅が増えますから、プレミアムクラブフロアを利用する場合はしっかりチェックしてから訪れましょう。

専用カードキーを持つ人だけがプレミアムラウンジを利用できる

プレミアムラウンジのある10階エレベーターを降りると、エレベーターホールと廊下の間には、オートロックの扉!他のフロアと異なり、特別感があります。

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」10階のセキュリティ。

このオートロック扉は、専用カードキーがないと開けられない仕様です。専用カードキーはプレミアムクラブフロア滞在客だけに貸出されるので、一般フロアの宿泊客が10階およびプレミアムラウンジに入ることはできません。

プレミアムクラブフロアのカードキーがなければ入れない仕組み。

チェックイン&チェックアウトがスムーズ!

ホテルのエントランスに到着すると、スタッフの方に名前を求められます。ここでプレミアムクラブフロア滞在者と確認できると、ホテル10階のプレミアムラウンジへ案内してもらえます。どうやらチェックインはここで行うみたい。

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」10階にあるプレミアムラウンジの入り口。

こちらがプレミアムラウンジの様子です。入ってすぐコンシェルジュデスクがあり、スタッフが出迎えてくれます。

プレミアムラウンジ内は、優雅で落ち着くコバルトブルーの空間が広がります。奥にはライムイエローの健康的な客席もあります。滞在中、何度か利用しましたが、多くても2〜3組しかいなかったので、周りを気にせずまったりと過ごせました。

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」10階にあるプレミアムラウンジ内。

席に案内され、座りながらチェックインの手続きを進めます。レジストレーションカードの記入をすませると、プレミアムラウンジの専任コンシェルジュより滞在や館内に関する案内などを受けました。とても丁寧な接客で、プレミアムクラブフロア滞在の期待が高まります。

プレミアムクラブフロアサービスの1つに、プレミアムラウンジ内でのチェックイン/チェックアウトのサービスがある。

チェックイン手続き中、専任コンシェルジュがウェルカムドリンクのサービスをしてくれました。この日はパイナップルジュース。酵素が強い食材なので、ウェルカムドリンクは大人向けに2つ持って来ていただいたんです。そんな配慮など到底関係なく、お子サマー自らグラスを手に取り、グビグビ飲み干した!一瞬の出来事で呆気にとられましたが、専任コンシェルジュさんと笑い、改めて3人分のウェルカムドリンクを運んでもらえました。我が子の行動とはいえ、和んだなぁ。

チェックインをしていると、ウェルカムドリンクをいただけた。

ちなみに、チェックアウトもここで手続きが可能です。もちろん2階のフロントも利用できます。その時々の都合に合わせて選べるのはメリットですね。尚、サザンビーチホテルのチェックインは14時、チェックアウトは11時となっています。

プレミアムラウンジの軽食・ドリンクサービスについて。

ここから先は、プレミアムクラブフロアサービスの中で最も利用した、プレミアムラウンジについてがっつり書きます。チェックイン時にプレミアムラウンジのサービス案内を受け取りました。

「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」のプレミアムラウンジのサービス内容。

プレミアムラウンジでは時間帯に合わせて様々な軽食・ドリンクサービスを行っています。営業時間は朝7時〜夜23時ですから、チェックインからチェックアウトまで、就寝時間以外はフルに使えるサービスなんですね。利用料は宿泊費に含まれているので、利用するたび料金が発生することはありません。

では、時間別ごとのプレミアムラウンジの様子を綴ってみます。

14時〜16時はアフタヌーンティータイム。パンケーキもあります!

14時〜16時にはケーキやお菓子、フルーツなどをいただけます。ドリンク類はコーヒーや紅茶、ソフトドリンクがメインですし、まさにアフタヌーンティータイム。

到着した時間帯は、アフタヌーンティータイムでした。

ここから好みのフルーツやケーキ類を取り分けて、食べたい分だけいただきます!

プレミアムラウンジのフルーツ盛り合わせ。プレミアムラウンジのケーキ類。

ちょうどチェックインの時間帯でもありますが、専任コンシェルジュの方がしっかり対応しているので、プレミアムラウンジ内がごった返したり騒がしくなって過ごしにくいことはありません。

この時間帯限定!オーダーして作ってもらえるパンケーキ

14〜16時の間限定で、季節のフルーツを使ったパンケーキをいただくことができます。専任コンシェルジュに注文を伝え、コーヒーを用意して待っているとやってきました。周辺のナッツが食感と風味を与えます。ホテルに到着して一息つくには、ちょうどいいサイズです。

プレミアムラウンジで食べられる14〜16時限定のパンケーキ。

16時からのバータイムは、おつまみ類もいただけます。

16時になると、プレミアムラウンジのカウンターにお酒類が並び始めます。沖縄県内で作られている泡盛やイエラムゴールドの他、シングルモルトの宮城峡やブランデー、バーボンなどがありました。レミーマルタンやI.W.ハーパーなんてめっちゃ久しぶりに見た!沖縄にいると島酒を飲む機会の方が断然多いですから、ラベルが懐かしかった!

飲み放題の泡盛、ブランデー、ウイスキーなど。

ワインは赤白共に用意がありました。

ワインは赤と白、2種類。

スパークリングワインも白とロゼの2種類。

スパークリングワインもあった。

こちらの冷蔵庫には、時間問わず利用できるみたい。数種類の缶ビールが並んでいます。アサヒスーパードライ、サッポロヱビスのプレミアムブラック、そしてオリオンドラフトです。ノンアルコールビールや缶のカクテルも1種類用意されていました。ここに炭酸が冷やされているのも見逃しません!

缶ビールや炭酸、ミネラルウォーターも一通り。

こちらは16時〜18時半までのおつまみ類です。夕飯前なので、さくっとつまめる物が中心。

16〜18時半までは軽食がつまめる。(その1)

お酒が進みそうなものばかりですね。ふと、同僚の「サザンビーチホテルの上層階だけのサービスがすっごいよかった!」という言葉の真意がわかり始めました。同僚は飲兵衛なのです。こりゃあ確かに最高だわ。

16〜18時半までは軽食がつまめる。(その2)

18時半〜22時に提供している軽食・おつまみ類。

日が暮れる頃から、軽食の内容が変更になります。18時半〜22時にはチーズの盛り合わせが登場。

18時半〜22時には軽いおつまみをいただける(その1)

ドライフルーツやナッツなどもあります。

18時半〜22時には軽いおつまみをいただける(その2)

プレミアムラウンジでいただくビールとおつまみ、控えめに言って最高です。このビールをきかっけに、他のアルコールをいくつかいただきました。

オリオンドラフトと、好みのチーズをいくつかつまんだ。

中でもオススメは、イエラムゴールドのハイボール。これ、みなさんにも試してもらいたい。イエラムゴールドは世界に誇るラムですので、そのままでも炭酸割りにしてもおいしいんです。冷蔵庫のジュース類と割ってもよさそう。

おいしいイエラムゴールドがあったので、炭酸割にしていただいた。

こちらは宮城峡、レミーマルタン、IWハーパー、バランタイン。それぞれ少しずついただきました。

ウイスキーやブランデーもそろっている。

プチスイーツもいくつかありました。ウイスキー類と甘いものって相性がいいですよね。

一口スイーツもいただける。

21時以降は18歳未満のラウンジ立ち入りができません。つまり、大人だけのリラックスタイムをより満喫できるということです。好みのお酒をいただきながら、サザンビーチホテルのハーバービューを楽しみました。

プレミアムラウンジからのハーバービューの眺め。

22時〜23時は飲み物だけのナイトキャップ。

22時になると、軽食・おつまみ類が下げられ飲み物だけの提供となります。時間も遅くなって来たし、新たな利用者は来ないだろうなぁと思っていたら、1杯だけ軽く飲みにくる人や、どこかの帰りで飲み足りない人がやってきたり。寝る前の1杯の需要って結構あるもんだなぁ。いろんな利用方法があるものだと思いながら、あたしは部屋に戻りました。

7時〜11時は朝食タイム。コンチネンタルビュッフェスタイルのモーニング。

翌朝7時、コンチネンタルビュッフェスタイルの朝食が始まります。ここでの朝食は1階・2階のレストランと比べて品数は少なめ。でも、混雑していないことや落ち着いて食べられるメリットがあります。

7時〜11時はコンチネンタルビュッフェスタイルの朝食が楽しめる。

焼きたての自家製パンは2段分の種類がありました。きっと好みのパンが見つかるはず。

ホテルライクな自家製パンもいただける。

シリアルやグラノーラも数種類から選べます。

シリアルも豊富。

サラダの種類は、これだけあれば満足です。

サラダ類も食べられる。

ジュースやフルーツ入りウォーター、スムージーも用意されています。

フルーツジュースやフルーツ入りのお水も。

スモークサーモンやハム類もありました。チーズもあるからサンドイッチも作れそう。

コンチネンタルブレックファーストらしく、ハム類やスモークサーモンが並んでいた。

2階の朝食ビュッフェとは異なる季節のフルーツ類も並べられていました。

2階レストランにはなかったフルーツも並んでいた。

コーヒーマシーンで淹れたエスプレッソと共にモーニング。あたしは朝からガッツリ派ではないので、プレミアムラウンジの朝ごはんで十分満足できそうです。

取り分けてきたコンチネンタルブレックファースト。

ルームサービスもプレミアムクラブフロア限定。

その他、プレミアムクラブフロア限定でルームサービスが利用できるそうです。琉球アペタイザー盛り合わせやポーク玉子のホットサンド、USプライムビーフステーキセットなど、軽食からしっかり食事系まで一通りメニューがありました。ドリンク類はビールやワイン、シャンパン、泡盛など提供可能とのこと。利用時間は、17時半〜22時半だそうです。

まとめ

ということで、沖縄本島南部にある「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」のプレミアムクラブフロアに宿泊モニターして、プレミアムラウンジを利用してきました。同僚にオススメされ、このホテルのプレミアムラウンジに興味があったので、実際に訪れて利用できたサービスにとても満足しています。特に、客室数400以上の大きなホテルでありながら丁寧且つスムーズなチェックイン・チェックアウト、軽食やドリンクのサービス、混雑を感じさせない滞在。この3点に魅力を感じました。専任コンシェルジュの接客スキルも素晴らしかったですし、滞在させてもらってよかったなぁと思っています。

友人が沖縄本島南部のリゾートホテル滞在するなら、サザンビーチホテル&リゾート沖縄のプレミアムクラブフロアをオススメしたい。特にお酒好きな人なら利用はマストです。友達に聞かれたら「サザンビーチのプレミアムラウンジなら、こんな使い方ができるよ」と情報共有しようっと。最後になりますが、今回の宿泊モニターに関して全部で3記事書きました。気になった方は、他の記事もご覧いただけると嬉しいです。


朝食で訪れた「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」2階にあるレストラン「レイール」の店内。
「サザンビーチホテル&リゾート沖縄」でディナー&朝食ビュッフェしてきた。

続きを見る

住所:〒901-0306 沖縄県糸満市西崎町1丁目6-1

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-PR, リゾートホテル, 旅行記, 朝食・モーニング, 沖縄本島南部, 沖縄県, 糸満市
-, ,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.