那覇・おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」沖縄タコスの王道をいく定番のお店。

那覇新都心はおもろまちにある「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」へ行ってきました。わたしが沖縄移住する前、移転前のタコス屋国際通り店を何度か訪れていますが、新都心店は今回が初めて。沖縄でタコスと言ったらその名もズバリなTacos-ya(タコス屋)は外せませんね。ということで、Tacos-ya(タコス屋)新都心店のレビュー行ってみよー!

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」の隣にあるコインパーキングは1時間無料で利用できるの外観

「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」について

どこにあるの?

Tacos-ya(タコス屋)新都心店は那覇市おもろまちにあります。国道330号線の真嘉比交差点を新都心公園側に曲がっていくとお店を見つけられるはず。店前にレンタカーが停まっているのを見かけるので、観光客も立ち寄りやすい立地だと思います。近くには新都心公園や住宅街が広がるエリアで、近隣住民のテイクアウト利用もあるようでした。

駐車場は?

Tacos-ya(タコス屋)新都心店の店前には駐車場があります。ただ台数が少なめ。そのためか、どうも近くにコンビニに駐車する人がいるようです。お店の入り口には「ファミリーマートの駐車場に絶対に駐車しないでください!!」の張り紙が...

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」駐車場についての注意書き

お店前の駐車場がいっぱいだったらどうするか。その答えは簡単、Tacos-ya(タコス屋)新都心店の右隣にあるコインパーキングを利用すればOKです。利用客ならこのコインパーキングの1時間無料券をもらえます。こちらのコインパーキング、広めで使い勝手がよかったです。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」の隣にあるコインパーキングは1時間無料で利用できる

店内の様子

Tacos-ya(タコス屋)新都心店の店内は余裕を感じる客席配置でした。観光客向けのお店にしてはゴチャっとしておらず、沖縄らしい飾り付けもなく。入り口の看板も店内もアメリカっぽい感じでしょうか。明るい時間帯に訪れたら、印象が変わるかも。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」の店内

メニュー

入店したら一番奥にあるレジまで向かい、注文・お会計をして店内で待ちます。こちらがTacos-ya(タコス屋)新都心店のメニューです。タコスとタコライス、ホットドッグ、フライものというシンプルな構成です。おそらくタコス・タコライス・オニオンリング・フレンチフライがセットになったタコスヤプレートがイチオシなのでしょうけれど、この日は持ち帰りでビールのアテにしたかったのでセットは次回へと回しました。トッピングなどは特になさそうです。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」のメニュー表(2020年8月時点)

実食!グルメレポート

タコス(1P 200円)

Tacos-ya(タコス屋)新都心店のタコスを3ピースほどテイクアウトしてみました。Tacos-ya(タコス屋)のタコスといったらこのビジュアルですね。大きくてまん丸の皮に、スライストマトが挟まれているのが特徴です。なんだか懐かしい。オーソドックスだけど、Tacos-ya(タコス屋)らしさを感じます。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」のタコス(1P200円)

揚げたタコスシェルの中にはタコミート、チーズ、レタス、トマトが挟まれています。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」タコスの皮を開いて中の具を確認

ピリ辛のサルサソースは荒ごしな感じ。結構な量が入っててありがたかったです。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」のサルサソースはピリッと辛め

タコスにたっぷりとサルサソースをかけたら...

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」サルサソースをたっぷりかけてタコスをいただく

ガブリといただきます!揚げた皮はサク系食感。生トマトのスライスと生野菜が油っぽさを中和してくれます。タコミートとチーズは控えめだし、辛めのサルサのおかげであっさり食べられます。ひとりで3ピース食べたのですが、ほんとお腹いっぱいになりました。Tacos-ya(タコス屋)のタコスは結構大きいので、ビールのアテには2ピースでちょうどよかったかも。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」タコスはてのひらサイズ

タコススティック(5P/350円)

うちのお子サマーもサクサク食べるかと思い、タコススティック(5P 350円)も購入してみました。これ、Tacos-ya(タコス屋)でしか見かけたことがないのですが、他のタコス店にもあるんでしょうか。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」タコススティック(5本390円)

5本入りのタコススティックをカットしてみると、タコススティックというかタコミートスティックな感じ。ジャンクフード感があり、妙にウマいタイプのスナックです。ご主人サマー曰く「高校生が好きそう」とのことで、中年にはキツい模様です。でも、わたしはビールとよく合っておいしいと思いました。サルサソースをちょんちょんつけて食べると味に変化が出て飽きません。

那覇市おもろまち「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」タコススティックは春巻きの皮にタコミートを詰めているような感じだった

まとめ

ということで、那覇市おもろまちにある「Tacos-ya(タコス屋)新都心店」へ行ってきました。沖縄のタコス店はいろいろありますが、わたし的にオーソドックスな沖縄タコスといえばこのTacos-ya(タコス屋)のように思います。その昔、沖縄を訪れて最初に食べたタコスは多分こちらですし、沖縄のタコス=Tacos-ya(タコス屋)みたいな印象があるんですよねぇ。その後、沖縄移住していろんなタコスを食べ歩きました。皮の違い、タコミートやサルサソース、チーズの違い、トッピングの有無、金額的な違いなど、各店舗で結構違いがあると学びました。Tacos-ya(タコス屋)はメニューの幅こそ狭いものの、それはそれで正解だと思うのです。だって、食べた時に「ああ、Tacos-ya(タコス屋)だ」と思わせられるアイデンティティを感じるのですから。
終わり。

お店の情報

店名Tacos-ya(タコス屋)新都心店
住所〒900-0006
沖縄県那覇市おもろまち4丁目12-13
営業時間11時〜21時半
定休日不定休
駐車場店前に2台。また、右隣のコインパーキングを1時間無料利用可。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-おもろまち, タコス, 新都心エリア, 沖縄タコス, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-

© 2020 yukipod