沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

お寿司 ランチ 函館市 北海道

函館の立ち食い寿司「シゲちゃんすし」で爆裂15貫盛りランチを食べてきた。

投稿日:2018年1月22日 更新日:

函館に帰省する話をすると、いろんな人に「あそこのお寿司、いいよね」と言われるお店がありました。それが中島廉売にある「シゲちゃんすし」です。中島廉売というのは地元民向けの市場や商店街のこと。観光客向けの市場と違い余計な客引きはないし、庶民向けの価格設定なので他より安い気がします。そんな中島廉売のお寿司屋さんを沖縄でオススメされるなんて!

函館・中嶋町にある立ち食い寿司「シゲちゃんすし」の外観。

シゲちゃんすしに到着したのは、14時半頃。ランチタイムギリギリの時間でした。店先にあるランチセットの看板を眺め、価格に驚きます。安い!

シゲちゃんすしには、お得なランチセットがある。

ここは立ち食い寿司のお店です。店内には先客が4名いて、大将と会話をしながらお寿司を食べています。我々は2名+乳児で訪れたのですが、これ以上お店に入るとゆとりがなくなっちゃうなー、席がないからテイクアウトしようかなーと思っていたら、店先に段ボールで作った即席テーブルを作ってもらえました。

シゲちゃんすしはとても狭いので、店先で食べることにした。

まずは、店内で注文を済ませます。頭上に貼られたメニュー札を眺めつつ...

シゲちゃんすしの店内。

カウンター席の下に並ぶ食品サンプルもチェックしつつ...

ショーケースに並ぶ寿司盛り合わせの食品サンプル。

カウンターに貼られたランチメニューの中から注文することにしました。おまかせランチにぎり(13個、2000円)、寿司盛(600円)、爆裂15貫盛(1200円)、ウルトラ生ちらし(1200円)。さあ、どれにしよう。

カウンター上のショーケース。

メニュー表も手渡されたので、目を通します。1貫80円からあるんですね。安いから、好きなだけ食べられるなぁ。

シゲちゃんすしのメニュー表。

注文を書いてお店の方に渡します。字が汚いのは、暴れる子を抱きかかえて注文票を書いたから。

何を注文するか、自分で買いてお店の人に手渡す。

まずやってきたのは、ランチメニューの爆裂15貫盛(1200円)。この価格ながら、カニもホタテもイクラもあります。想像してたより豪華!

シゲちゃんすしのランチメニューから、爆裂15貫盛(1200円)を注文した。

函館らしいなーと思ったのは、こちらのがごめ昆布の軍艦。細切りにした道南産のがごめ昆布のネバネバ感がイイ!

爆裂15貫盛(その1)

サーモンやイカの軍艦、マグロなどもおいしかったです。いろんな種類をちょっとずつ食べられて嬉しいな。

爆裂15貫盛(その2)

タコの頭やホタテのヒモもありました。あたしの好きなネタが多い!

爆裂15貫盛(その3)

こちらはおかんが注文した単品のうに(250円)と鮭ハラスあぶり(200円)。お寿司屋さんにきたものの、そういえばうちのおかんは生魚が食べられないのでした(その割に、うには食べられる)。

シゲちゃんすしのうに(250円)

こちらは単品で注文したバター巻き(120円)です。発酵バターを使っているそうです。これ、めっちゃウマかった!バター+海苔巻き+醤油の組み合わせ、アリですねぇ。魚介を使わないメニューですが、この日一番気に入ったのがこれでした。意外性と納得感って大事。

シゲちゃんすしのバター巻き(120円)

お会計した後、こちらのチラシをいただきました。全ては書かれていませんが、このチラシ1枚でシゲちゃんすしのメニューをざっくりとカバーしていると思います。

帰り際にもらったシゲちゃんすしのチラシ。

ということで、函館は中島廉売にある立ち食い寿司の「シゲちゃんすし」へ行ってきました。安くておいしい庶民の味方なお寿司屋さん。30年近く営業されているそうです。お店の外で食べている時に聞こえてきた大将のお話がとっても楽しそうでした。耳に入ってくる大将の函館弁丸出しっぷりが、とっても心地よくって。今度は店内で立ち食いしながら会話しようと思いながらお店を後にしました。
終わり。

住所:〒040-0014 北海道函館市中島町14-10

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-お寿司, ランチ, 函館市, 北海道
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.