本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」沖縄の近海魚をおいしくテイクアウト。お惣菜は今夜のおかずにどうぞ!

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」マグロのカレーカツ()

沖縄本島北部方面に出向いた際のこと。ブロガー仲間・みなみの家のひげさんから「本部町のさしみ亭、よかったですよ」と教えてもらい、さっそく買いに向かいました。こちらの「鮮魚もとぶ さしみ亭」では沖縄近海でとれた魚をおいしく調理・販売しているので、近隣にお住まいの方はもちろん、本部町周辺ホテルに滞在中の観光客もテイクアウトで沖縄らしいローカルフードを楽しめます。

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」の外観

お店には駐車場が3〜4台ほど用意されています。やや狭めなのと、運転下手なわたしには道路からの出入りが難しかったので、みなさんもご注意を。

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」の駐車場

店内に入ると、魚を捌いているシーンに出くわしました。おおおー!左端のまな板に乗っているのはキハダマグロでは?!でっかい!勝手にテンションが上がるわたくし、お魚大好きっ子です。

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」店内で捌かれているお魚

鮮魚もとぶ さしみ亭では、刺身・お寿司・お惣菜などのテイクアウト商品を販売しています。以前はお食事処だったそうですが、コロナ禍を経て、時代に合わせた持ち帰り専門店に変更したとのこと。オンパクトなお店の冷蔵ケースには、その日のオススメ商品がさまざま並んでいます。買ってすぐにお腹を満たせるお寿司や太巻きなどもありました。瀬底大橋を眺めながら食べたら最高だろうなぁ!

購入すると、氷で冷やしてもらえるサービスも。おかげで那覇勢のわたしも安心して購入できました。氷はお会計前にお願いしましょう。商品を包んでからだと、お店の方に氷を入れる手間をおかけしてしまいます。効率的に回しましょ!

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」遠方まで持ち帰る際は氷をつけてくれるサービスも

この日、購入したのは3商品。まずは、マグロのカレーカツ(350円)。野菜は家にあったものを添えていますが、このボリュームで350円はお得!マグロにカレーフレーバーを加えて揚げているのですが、この味、どことなく懐かしい気が… なんだろうと脳内の記憶を辿ったら、ああそうだ、食感とカレー風味がビッグカツっぽい!あの駄菓子は魚肉のすり身ですから、余計にそう感じたのかもしれません。このままでも、ソースをつけてもビールに合います。

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」マグロのカレーカツ(350円)

こちらはマグロの照り焼き(350円)。お店の方に「ごはんに乗せて食べてもおいしいですよ」とオススメされた一品です。衣をまとってタレが絡みやすくなっているし、油感と照り焼きのタレが確かにおいしい!これ、ごはん泥棒です。お米をいっぱい炊いておきましょう。

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」マグロの照り焼き(350円)

ミジュンの南蛮漬け(400円)も購入。さしみ亭の人気商品ですが、ミジュンが出回っていないと店頭に並ばないんだとか。ゲットできてラッキーです!シャキッとした野菜の下に、ミジュンが隠れていました。味がしみしみでウマー!ちなみにミジュンとは、ニシン科の小魚で、マイワシやコノシロの仲間だそうです。

本部町「鮮魚もとぶ さしみ亭」ミジュンの南蛮漬け(400円)

ということで、本部町の「鮮魚もとぶ さしみ亭」に行ってみました。この日の夕飯は、こちらのお店のお惣菜で済ませました。移動先で夕飯のおかずをゲットし、そのまま食卓に並べるという手抜き作成、大成功です。やったね!笑

たまの沖縄北部ドライブでしたから、こんなお土産を買いたくなるものです。この日はさしみ亭のお惣菜に、田芋ジューシー、そして名護のファーマーズマーケットで野菜を買って帰宅しました。おかげで冷蔵庫がパンパン。沖縄本島北部って、おいしいものが多いなぁ。
終わり。

お店の情報

店名 鮮魚もとぶ さしみ亭
住所 〒905-0212
沖縄県国頭郡本部町大浜882-7
営業時間 11時〜18時半
定休日 不定休
駐車場 お店横に3〜4台あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-テイクアウト(持ち帰り), 和食, 本部町, 沖縄テイクアウト, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き, 鮮魚店
-