沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ランチ ラーメン・つけ麺・まぜ麺 沖縄本島中部 沖縄県 読谷村

「サバ6製麺所Plus 読谷店」サバ節×濃口醤油は日本人好みのラーメンです。

投稿日:2018年2月27日 更新日:

少し前のお話。読谷村までラーメンを食べに行ってきました。目的のお店は「サバ6製麺所Plus 読谷店」という、2017年10月にオープンしたお店です。サバ6製麺所は大阪を中心に展開するサバ節を使ったラーメン店。サバ節のラーメンって食べたことがないのですが、いったいどんなお店なのでしょう。オープン直後に食べに行った我々は、ほぼ前情報がない状態でお店に到着です。

読谷村にある「サバ6製麺所Plus 読谷店」の外観。

店内に入ると、券売機がありました。こちらで食券を購入します。

「サバ6製麺所Plus 読谷店」の券売機。

サバ6製麺所Plusはガッツリ飯を推しているのでしょうか、サバ醤油そばとごはんもののセットと、中華そばとごはんもののセットがドーンと目立つメニュー表です。もちろんラーメンの単品注文もできますし、やきめしや天津飯などの単品オーダーも可能となっています。

「サバ6製麺所Plus 読谷店」のメニュー表

こちらがサバ6製麺所Plusの店内です。テーブル席がメインで、一人でも複数名でも訪れやすい感じ。意外と客席数が多そうです。

「サバ6製麺所Plus 読谷店」の店内。

店内には製麺機があって、ここで麺を作っているみたい。

店内にある製麺機。

子連れの我らに嬉しい、ベビー用のイスも完備。ありがたい。

子供用のイスも貸し出してくれて助かった。

注文の品がやってきました。今回はサバ醤油そば 半焼き飯セット(950円)をガッツリいただきます。

「サバ6製麺所Plus 読谷店」のサバ醤油そば 半焼き飯セット(950円)

お先にラーメンから。サバ節を使ったラーメンってどんな感じでしょう。

まずはサバ醤油そばからいただく。

まずはスープから。サバ節がもたらす香りと見た目通り濃いめの醤油味。表面にはうっすら油膜も張っています。サバ出汁はそれほどキツくなく、ほんのり甘味と魚介香で和テイストたっぷりです。たぶん、何度か食べるとクセになってたまらんヤツだわ。

濃い醤油味のスープは、サバが香る。

自家製麺は、サバ節醤油に負けない中太ストレート。スープと相性よし。

自家製麺は、サバ出汁に負けない中太ストレート麺。

トッピングはチャーシュー、ネギ、カイワレ、メンマ。チャーシューは3枚、薄切りながら肉感を楽しめます。

薄切りながら、肉感しっかりのチャーシュー。

卓上調味料に加えて、ニンニクや辛ニラもありましたが、初回とあって今回は味変はしませんでした。

卓上調味料の他、ニンニクや辛ニラも。

こちらはセットの半焼き飯。ハーフサイズとはいえ、しっかり食べ応えのあるボリューム。お肉も結構入ってます。

セットの半焼き飯。

焼き飯はそのまま食べてもおいしい味の濃さですが、サバ醤油そばのスープに浸して食べました。濃い味好きにオススメです。

焼き飯はこのままでも、スープに浸してもウマい。

ということで、読谷村にある「サバ6製麺所Plus 読谷店」に行ってきました。サバ節を使ったラーメンは初めてでしたが、サバ節×醤油の組み合わせは日本人にとってドストライクだと思うのです。何度か食べたらクセになるだろうなぁ。今回はサバ醤油そばをいただきましたが、中華そばもあるし、最近ではサバ塩そばも取り扱っているらしいので、ぜひそちらも試してみたいなぁと思っています。
終わり。

【2018年9月15日追記】サバ塩そば+半焼き飯のセット(950円)

ご主人サマーが二日酔いのある日。サバ節なら食べれそうとのことで、回復食を食べにサバ6製麺所まで連れて行きました。車の運転ができるって便利ですね。前回訪れた時は醤油味だけでしたが、その後塩味もリリースされたとのこと。最近のメニューはこんな感じです。

「サバ6製麺所Plus 読谷店」のメニュー表(2018年9月時点)

さっそくサバ塩そばの半焼き飯セット(950円)を注文。うん、良きビジュアル。

「サバ6製麺所Plus 読谷店」のサバ塩そば 半焼き飯セット(950円)

まずはスープを一口。あ、醤油より塩の方が好みかも。塩味と比べると、サバ節+醤油の組み合わせが濃ゆ過ぎる気がしてなりません。塩はサバ節の旨味がしっかり感じられ、醤油よりもシンプルな印象でした。ウマウマ。

サバが香る「サバ6製麺所Plus 読谷店」の塩スープ。

中太ストレートの自家製麺は結構なボリュームです。なんせ、お子サマーに半分シェアしたのに、残りだけでお腹が膨れるほど。

半焼き飯もボリューム満点です。油加減と味の濃さがウマくてウマくて。これ、大好きです。ちなみに前回も半焼き飯食べたらしいのですが、帰宅後に気付きました。いろいろ食べて見たいので、次回は天津丼にしようっと。

またもや半焼き飯をセットにしてしまった。

住所:〒904-0316 沖縄県中頭郡読谷村大木326-6

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 沖縄本島中部, 沖縄県, 読谷村
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.