ランチ 長崎県

長崎・野母崎「おおとり丸」で絶品!漁師定食を食べてきた。

投稿日:2014年12月17日 更新日:

先日、長崎に行ってきました。長崎に行った事があるご主人サマーのアテンドで、長崎市内から車で40分ほどの野母崎へランチがてらドライブに行ってきました。野母崎とかいてノモザキと読みます。ノボサキではございません。

目的地は「おおとり丸」さん。お昼12時30分~17時までの営業です。

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

店先には看板犬?番犬?もおります。この子の名前はマル。遠くにいるとワンワン言うけど、人間が近づいてきたと思ったら大人しくなる、穏やかな子だと思いました。こっち見てくれないけどかわええ!

長崎,おおとり丸,野母崎,マル

おおとり丸は海沿いにあるので、風が強い日は体感温度が低くなっちゃいますね。とても良い撮影スポットだったのに、寒さのせいで周辺の撮影も忘れて防寒に走ってしまったことを後悔中...

ということでいきなり店内。小上がりもあるし、お子様連れでも安心です。店内には漁で使う網なんかも飾られていました。ここは漁師さんが営むお食事処で、新鮮なお魚を調理して食べさせてくれる、魚好きにはたまらんお店です。

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

ランチメニューはこんな感じ。沖縄在住の身としては、やはりお刺身を選択!ということで、お刺身定食(1200円)をオーダーしました。

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

まず届いたのは、ヤズとマダイとミズイカのお刺身。イカもマダイも好きだけど、思ったよりあっさり味のヤズが一番お気に入り!

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

でも食べたことありそうな味なんだけど、ヤズってなんだろう?...と思ったのでお店の方に伺ったところ、鰤の子供とのこと。ああ、フクラゲか。どうりで食べたことある味!

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

続いて出てきたのは湯引きしたブダイの酢味噌乗せ。分厚いカットのためなのか、面白い食感でした。この調理法はお魚を知っている漁師さんだからこそ!

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

続きまして、魚のアラ汁。お魚の旨味を邪魔しない甘めの白みそがたまらん!これはね~、漁師の味ですよ!北海道が恋しい!こういうアラ汁は赤味噌じゃなくて白味噌が美味しいと思うんです。魚のアラがた~っぷり入って、魚の頭で美味しい部分(目の周りのコラーゲンとか、頬のあたりの身とか)をがっつり堪能しました。魚の嫌な臭みもなく、食べるアラ汁という感じで、満足度高し!

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

1品ずつ出てきますが、おおとり丸のランチメニューはお刺身+アラ汁+魚1品+小鉢+ご飯+漬け物という、贅沢ランチになっています。大興奮し過ぎて撮影し忘れてしまったけれど、17~8cmほどありそうなムツの焼き魚もついてきまして、刺身に焼き魚に小鉢にアラ汁...とお魚づくしの大満足ランチになりました。

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

今日のランチは大量じゃ~!と思っていたら、動いている伊勢海老が!

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

あたしとご主人サマーの結婚祝いにと、伊勢海老をプレゼントしてくださったおおとり丸の大将。感動しつつ、伊勢海老のお刺身を食べました。これがまた美味!伊勢海老をめぐり、ご主人サマーと思わずバトルロワイヤルになりかけたり。サプライズ、ありがとうございます!

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

食後のコーヒー(210円)は濃すぎず、柔らかい酸味をほのかに感じる、優しい味でした。

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

おおとり丸の大将が「種にハートがついてるんだ」と持ってきてくれたのは、フウセンカズラだったかな。ホオズキっぽい袋を割ると、中から小さな種が。そして種にはかわいいハートマーク!
お店の大将、一見するとボクトツとして無口っぽい方なのですが、実は女子の心を掴むのがお上手な面白い方なのかもしれません。今度はもう少しゆっくりお邪魔したいな~。

長崎,ランチ,おおとり丸,野母崎

ということで、長崎・野母崎「おおとり丸」で地魚を堪能してきました。海がシケると漁に出られず、朝捕れの魚が食べられない時もあるようです。この日は快晴だけど風が強く波もあり、ギリギリのところを漁に出てくださったそうです。お陰でとても新鮮なお刺身をいただくことができましたが、自然を相手にするお仕事の方には感謝せねばならないと思いました。
お店に向かう時、軍艦島を見たのもいい記念です。また野母崎行きたい!
終わり。
 
(*・ω・)つ 長崎食べ歩き情報もどうぞー♩
 

-ランチ, 長崎県
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.