ランチ 沖縄本島南部 那覇市 銘苅

那覇・銘苅「居酒屋 二号線」行列必須!大盛り弁当(400円)を買ってみた。

投稿日:2017年2月20日 更新日:

ある日、那覇の環状二号線を歩いていた時のこと。道路の向こう側に車がズラリと並んでいるのに気が付きました。軽トラックやタクシー、普通車... なんだろう?と気になったので近付いてみることに。

お昼前になると環状二号線沿いに車の行列ができる

どうやら「居酒屋 二号線」というお店の前に、人が集まっています。

那覇・銘苅にある「居酒屋 二号線」

午前11時頃ですが、作業着のガテン系の男性や、タクシーの運転手さん、近所のおばちゃんがひっきりなしに立ち寄っては、お弁当を買って帰っているようです。なるほど、お弁当を買うために、車が列をなしていたわけですね。

「居酒屋 二号線」のお弁当販売コーナー。ガテン系の皆さんが群がる。

新参者のあてくし、行列が途絶えた一瞬を狙ってお弁当を眺めてみました。お弁当販売コーナーの中には、お弁当を並べまくるおばちゃん。店先だけじゃなく、奥のラックにもいくつも積まれています。こんなに大量のお弁当、初めて見たかも。このスペースにどれだけ並んでいるのか... お弁当ラックの奥にはキッチンがあって、お店の方がせわしなく動き回っています。

販売コーナーの中でせわしなくお弁当を並べるおばちゃん

お弁当の種類は意外にも豊富。ポークたまご、からあげ、チキンカツ、ハンバーグ、焼き魚、豚バラ肉、魚フライなど、一瞬じゃ決められそうにありません。お弁当の価格が気になったのでおばちゃんに声をかけて見ました。赤いパックに入ったお弁当は400円だそうです。

「居酒屋 二号線」のお弁当(その1)

ちなみに、この写真の右奥にある透明のパックは300円とのこと。透明パッケージのお弁当は見るからにミニサイズ。ボリュームが控えめですね。どっちかというとガッツリの大盛り弁当に興味が湧いたので、試しに弁当を買って帰ることにしました。

「居酒屋 二号線」のお弁当(その2)

こちらはチキンカツ弁当(400円)。いや、チキンカツというよりも、その下にある焼きそばと野菜炒めの方がボリュームあります。チキンカツは3切れですが、これがまたデッカくて食べ応えがあります。沖縄そばの麺で作った焼きそばの味も好みだったし、野菜炒めもたっぷり。ガテン系が好んで食べていそうな茶色い弁当なのに、意外とヘルシーではないか?という印象を持ちました。

「居酒屋 二号線」のチキンカツ弁当(400円)

後日。朝10時過ぎに散歩していたら、早くもお弁当が並んでいたのでまた購入してみました。この日は豚バラ肉の煮付け弁当(400円)。豚バラの脂身がコッテリ、味付けもコッテリ!でも、豚バラの下には2種類の野菜炒めがたっぷりと。向かって左側の野菜炒めはあっさり味。右側の野菜炒めは島豆腐とイナムルチ用の蒟蒻も入って、ウマかった。

「居酒屋 二号線」の豚バラ煮付け弁当(400円)

数日後。今度はお弁当を買うためにお散歩に出ました。お犬サマー連れでお弁当が買えるのは、あたしにとってメリットです。この日は鶏手羽元のケチャップ煮風弁当(400円)。フーチャンプルーと魚のフライが2切れも乗せられています。手羽元は甘い味付けで好みではなかったけれど、お肉はほろほろと外しやいほど柔らかでした。お弁当屋さんなのに料理人の腕を感じます。

「居酒屋 二号線」の鶏手羽元弁当(400円)

ということで、那覇・銘苅にある「居酒屋 二号線」のお弁当を買ってみました。何度か食べてみたお弁当は、いずれもボリュームが満点で、おかずを食べきるとご飯を残してしまう状態です。久茂地界隈の路上販売弁当と比べると、価格面は同等でありながら、ボリュームがすごいのと野菜たっぷりという点で、二号線に軍配。朝10時台から車が引っ切り無しに停まり、お弁当を買い求める人が絶えないのも納得です。ここは凄いなぁ。ハンバーグや焼き魚も食べてみたいので、犬の散歩ついでにまた買いに行ってみようと思います。
終わり。

住所:〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅(字)335-1

沖縄県那覇市銘苅(字)335-1

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 沖縄本島南部, 那覇市, 銘苅
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.