ビアバー ビール 宮古島 宮古諸島

「宮古島マイクロブルワリー」工場併設パブでビールを飲んできた!

投稿日:2016年4月6日 更新日:

宮古島旅行で真っ先に向かったビールのお店は「宮古島マイクロブルワリー」さん。この宮古島マイクロブルワリーは、宮古島へ移住したご夫婦が醸造・経営しているブルワリーで、工場併設のパブで作りたてのビールを飲むこともできます。いわゆるブルーパブってやつです。我々が宿泊していたアトールエメラルド宮古島から、1kmちょいの距離だったので、歩いて向かいました。

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

宮古島マイクロブルワリーの店内には、4~5席ほどのパブカウンターがあります。ビール醸造もブルーパブ営業も、こちらの宮古島マイクロブルワリーのマスター高橋さんが行われています。ブルーパブって、醸造している方との距離感が楽しいんですよね~。いつもはご夫婦で営業されているそうですよ。

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

この日はエール、ダーク、ヴァイツェン、バーレーワインの4種が繋がっていました。ビールはレギュラーサイズ500円、ハーフだと300円です。

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

まずはコーラルエールからいただきました。飲みやすいペールエールです。宮古島マイクロブルワリーの高橋さんがクラフトビールを好きになったきっかけはバスペールエール。だから、宮古島マイクロブルワリーもゆるゆるとしたイングリッシュタイプのエールなのでしょう。

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

お次はコーラルダーク。このビールには宮古島の黒糖を使っているそうで、ほのかな甘みを感じつつ、軽くて飲みやすいビールでした。飲み進めるうちに温度変化で味・香りが高まります。ロースト麦芽の焙煎香も好み。

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

宮古島マイクロブルワリーのソーセージやダークビールで煮た三枚肉などがあるようです。

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

合間にチーズのおつまみを出していただきつつ、

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

3杯目はバーレーワインをいただきました。宮古島マイクロブルワリーでバーレーワインを作っているなんて、知らなかったので驚きました。南の島ってさらっと軽く飲めるビールが主流だと思ってたのですが、このバーレーワインがなかなか美味しい。ホップの香りと甘さが特徴のビールですが、アルコール度数が14%ということにも驚きです。だって飲みやすくてスイスイいけちゃうんだもん。

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

宮古島マイクロブルワリーのビールを飲みながら高橋さんとお話しする中で、なんと工場見学をさせてもらえることに!これはなんというサプライズ!ありがとうございます!

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

いろいろと説明をしていただいた中で、このバケツが一番気になりました。タンクからホースでつながったこのバケツ、何やらブクブクしています。こちらはビールの発酵具合を確認するものなんだって。面白い!

宮古島マイクロブルワリー,宮古島,ブルーパブ,ビール

ということで、宮古島旅行で「宮古島マイクロブルワリー」へ行ってきました。宮古島マイクロブルワリーのビールは、今までビアフェスなどで飲んだことがありました。しかし、工場併設のブルーパブで造り手さんとお話をしながら飲むビールは、やっぱり特別なものだなぁと改めて。そもそもクラフトビールってその土地その土地で楽しむものだと思うし、同じ材料・作り方でもその時々で味が違うものだから、今回のように旅先で飲むビールってやっぱり楽しいなぁと思いました。これだから「旅×ビール」はやめられません。

最後に。宮古島マイクロブルワリーは営業時間・曜日が限られているブルーパブです。4~11月は土日営業、平日は要問い合わせ。12~3月は曜日問わず要問い合わせです。予約は前日までに済ませることをオススメいたします。
終わり。

住所:〒906-0015 沖縄県宮古島市平良久貝703-3

沖縄県宮古島市平良久貝703-3

 
(*・ω・)つ 宮古島エリアの観光情報もどうぞー♩
 
 

この記事を書いた人

ユッキー
毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-ビアバー, ビール, 宮古島, 宮古諸島
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.