沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

PR ラーメン・つけ麺・まぜ麺 伊江島 伊江島ブロガーツアー 沖縄本島北部 沖縄県

伊江島「食事処 岬」街のラーメン食堂で夜ごはんを食べてきた。

投稿日:2018年12月25日 更新日:

伊江島ブロガーツアー初日の夜ごはんは「食事処 岬」というお店に連れて行ってもらいました。お店入り口の暖簾や赤提灯にも書かれている通り、ラーメンを中心とした地元民向けの食堂となっております。お店の営業時間は18〜21時、定休日は土曜日だそうです。それではさっそく食事処 岬のレビュー行ってみよー!

伊江島「食事処 岬」の外観。

伊江島の「食事処 岬」で夜ごはんを食べてきた。

どこにあるの?

今回訪れた岬は、飲食店が立ち並ぶエリアにあるように思いました。ただ、これは観光客の視線であり、地元の人の感覚とは誤違いがあるかもしれません。伊江村には8つの集落があって、お店は島の右側にある東江前という大きな集落に属しているようです。近くのスナックビルが気になって仕方ありませんでした。ああいうビルにも飲みに行ってみたい〜。

店内の様子。

こちらは岬の店内です。お店に入って正面は厨房。右側にはテーブル席が、左側には畳の座敷席があります。お店の雰囲気からして、観光客向けではなく、地元民向けの感じです。

伊江島「食事処 岬」の店内(テーブル席)

1歳児連れの我が家とみなみの家は、広めの座敷席にお邪魔しました。子ども用のイスも用意されていて子連れ慣れしている感がありがたいです。

伊江島「食事処 岬」の店内(お座敷席)

中郷にはせっせと働くお店の方の姿が見えました。お二人で切り盛りされている中、一気に20人近くの注文が入ったものですから、注文が遅くなるのは全然許容範囲です。

伊江島「食事処 岬」の調理場。

食事処 岬のメニュー

さて、こちらが岬のメニューです。ラーメンを中心に、チャーハン、炒めものが揃っています。中華料理を幅広く網羅している感じです。ラーメンは500円から最も高くて牛肉炒めの800円という良心的な価格設定。

伊江島「食事処 岬」のメニュー表。

まずはビール(500円)で乾杯。

さて、まずはビールで乾杯です。みなみの家のご夫婦と我が家での4人揃った乾杯は、もしかすると初めてかもしれません。だいたい誰かがハンドルキーパーだったりしますから... 岬のビールは1杯500円でした。

伊江島「食事処 岬」のビール(500円)で乾杯。

パーコー麺(600円)

伊江島ブロガーツアー参加者一同、夕食は揃ってラーメンでした。こちらは男性陣が注文したパーコー麺(600円)。ご主人サマーもみなみのひげさんも、男らしくガッツリ系の揚げ物乗せ系ラーメンです。

伊江島「食事処 岬」のパーコー麺(600円)

パーコー麺ってあまり馴染みがないのですが、簡単にいうとトンカツを乗せたラーメンだそうです。トンカツは厚みがあり、何より醤油ベースのスープがウマくて、横から何度も手を出したか... お子サマーの食いつきも半端ありませんでした。麺は柔めですが、岬の醤油系ラーメンはウマいです。

伊江島「食事処 岬」のパーコー麺は醤油ベースで、カツとの相性がよかった。

五目ラーメン(550円)

こちらはあたしが注文した五目ラーメン。みなみの家のピノ子さんも同じものを注文です。自分が何故このラーメンを選んだのか、後からじっくり考えました。旅先では野菜不足になりがちなので、なるべく野菜を食べようというのが理由でした。完全に女子的発想です。

伊江島「食事処 岬」の五目ラーメン(550円)

白菜、ニンジン、キクラゲ、ヤングコーンなどの野菜の旨味が塩味のスープに滲み出ています。これ、結構ウマい。麺は大人には柔らかですが、お子サマー的に食べやすそうでした。麺のボリュームが多く、お子サマーにシェアしたもののお腹いっぱいになりました。

伊江島「食事処 岬」の五目ラーメンは野菜の旨味が滲み出た塩ベースのスープ。

餃子(6個、400円)

ご主人サマーが餃子(6個、400円)を注文しました。ビールにはラーメンよりも餃子です。1皿で足りないのでは、と思いましたがラーメンがボリューミーだったので1皿にしておいて正解でした。

伊江島「食事処 岬」の餃子(400円)

鶏肉カレー炒め(700円)

岬はラーメンだけではありません。炒め物もいくつか提供しています。ご主人サマーはビールのアテに、鶏肉カレー炒め(700円)を注文しました。炒め物だけと思いきや、ライス・スープがついた定食として到着。ごはんは1歳児たちのものになり、定食は大人の酒の友になりました。カレー炒めといってもそこまでスパイシーではないので、我が家のお子サマーはパクパク食べられたようです。

伊江島「食事処 岬」の鶏肉カレー炒め(700円)

まとめ

ということで、伊江島の街のラーメン食堂「食事処 岬」で夜ごはんを食べました。食べ過ぎちゃってお腹パンパンです。ラーメンのボリュームがすごくて、お子サマーとシェアして2人で1杯がちょうどよかったかも。夜だし控えめにすればよかったなぁ。でも、パーコー麺も五目ラーメンもスープがあと引くウマさだったので、手が止まらなかったのです。

食事を終えた頃、テレビからミュージックステーションが流れていました。ジャニーズのSexy Zone(?)が出ていて、台湾ブロガーがキャー!と歓声を上げていました。彼女たちは日本語が得意です。日本語を学ぶモチベーションに貢献しているジャニーズ... すごい。あたしも英語を学ぶ時は、そういうモチベーションにこだわってみよう。

伊江島「食事処 岬」sexyzoneがテレビに出てきて、台湾ブロガーが嬉しがる。

2度目の伊江島ですし、我が家の旅スタイルから岬のような地元向けの飲食店はバッチコイです。ただ、初めての沖縄旅行、初めて過ごす伊江島ナイトだとしたら訪れる確率は低いかもしれません。伊江島ブロガーツアーに参加したからこそ食べに訪れた「食事処 岬」なのかもしれません。土曜は営業していないそうなので、観光客の皆さんが食べに行く時は営業日にご注意を。
終わり。

住所:〒905-0502 沖縄県国頭郡伊江村東江前215

タッチュー/^o^\<他にも伊江島ブロガーツアー記事があるよ!

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-PR, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 伊江島, 伊江島ブロガーツアー, 沖縄本島北部, 沖縄県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.