那覇市松山「三笠食堂」沖縄らしいボリュームたっぷり定食が地元民の活力源!

2019年8月15日

那覇市松山「三笠食堂」ちゃんぽん三笠風(650円、2023年1月時点)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

那覇市松山にある「お食事処 三笠」は何度も訪れている食堂です。1966年創業だそうで、通称・三笠食堂と呼ばれ親しまれています。三笠という食堂は那覇市内にいくつかありますが、今回は松山にあるお店を取り上げます。こちらで食べたおいしくてボリューミーな定食の他、場所・メニュー・近隣駐車場などをレポートします。それではさっそくいってみよ〜!

那覇・松山「三笠食堂」の外観

那覇市松山にある「お食事処 三笠」について

どこにあるの?

三笠食堂 松山店は国道58号線沿いの久茂地交差点の近く、沖縄セルラービルや路線バスの停留所・農林中金前の裏手側にあります。この辺りは飲屋街になっていて、昼間はサラリーマンや作業員の方が、夜は飲んだ後のシメに食べに訪れるような食堂です。お客さんの身なりや持ち物から観光客利用も多そうです。訪れる旅混雑しているので、事前に電話注文してお弁当を取りに行くことも多くなりました。

駐車場とコインパーキングについて

三笠食堂 松山店の駐車場は、お店の脇に2台分あります。写真に写っているセダンと手前の空車部分が駐車スペースです。ただ、車のサイズによっては道路にはみ出してしまいがち。大きめの車は近隣のコインパーキングに停めることをオススメします。

那覇・松山「三笠食堂」の建物脇にある無料駐車場

三笠食堂 松山店の目の前には100円パーキングがあります。1本裏にも安い駐車場があるし、お店から徒歩5分以内に多数のコインパーキングがいくつも見つけられるはずです。路上駐車は通行の妨げになるので、100〜200円支払って安全策をとりましょう。

那覇・松山「三笠食堂」目の前にあるコインパーキング

営業時間と定休日は?

以前は24時間いつでも営業していた三笠食堂 松山店。コロナ禍を経た現在は、平日9時〜21時半(L.O.21時)、金〜日曜は9時〜22時(L.O.21時30分)、木曜日が定休日となっています。この先また24時間営業に戻るかどうかは今のところ不明ですが、どうも人手不足でギリギリ営業をまわしているような話を耳にしていますので、難しいかもしれません。こちらは2023年1月時点の営業情報なので、最新はお店でご確認ください。

那覇市松山「三笠食堂」の営業時間(2023年1月時点)

店内の様子

松山の三笠食堂の店内は、まだまだ新しい印象を受けます。2名席・4名席とカウンター席が用意されています。テーブルも床も汚れが見当たらず、移転前より清潔感があって好きだなぁ。店内禁煙なのも嬉しいです。

那覇・松山「三笠食堂」の店内

キッチンには手際よく調理をするおばちゃんたち。注文が入るといくつもの強火コンロを前に、せっせと調理をし始めるのです。おいしい定食をいつもありがとうございます。

那覇・松山「三笠食堂」でキビキビ働くおばちゃんたち

カウンターの端っこには、マーガリンや調味料が用意されています。必要な分だけ席から取りに向かうのですが、特筆すべきはやはりマーガリン。沖縄の人って、ごはんにマーガリンをたっぷり乗せて食べるのが好きなのです。これ、おいしいんですよね〜!

那覇市松山「三笠食堂」の調味料やマーガリン

また、お店には子ども用のフォークなども揃っているようでした。これを見て、子連れで食べに行けるのが嬉しいなぁと思った次第です。観光客慣れしているだけありますね!

那覇市松山「三笠食堂」子ども用のカトラリーが用意されている

三笠食堂 松山店のメニュー

三笠食堂 松山店のメニューをチェックしましょう。いつもカウンター上部のメニュー札を見て注文していますが、卓上メニューもあるようなので、いつか見かけたら記事に追加します。こちらは2023年1月時点の情報ですが、価格が変更になる可能性もあるので現地にてご確認ください。

那覇市松山「三笠食堂」のメニュー表(2023年1月)

カウンター上のメニューが見にくいかもしれないので、電話注文用の紙メニューも掲載しておきます。見やすい方を参考にしてみてくださいね。こちらも2023年1月時点の情報です。

那覇市松山「三笠食堂」注文用の紙メニュー表(2023年1月)

お店の外に食品サンプルも置いています。どれを食べるか決めてから入店しても良いかも。

那覇市松山「三笠食堂」お店の外にあるディスプレイ(2023年1月)

実食!グルメレポート

ちゃんぽん三笠風

三笠食堂といえば、やっぱりちゃんぽん(2023年1月、650円)ですよね。沖縄でちゃんぽんといえば、麺類ではなく野菜炒めの卵とじをごはんに乗せたものを指します。三笠食堂のちゃんぽんは少し変わっていて、甘辛い味付けのタマネギのみじん切りとひき肉を卵でとじています。軽く振られた胡椒の香りそそるんですよね。

那覇市松山「三笠食堂」ちゃんぽん三笠風(650円、2023年1月時点)

お店で食べるちゃんぽんは久しぶり。メニューの中には値上げに踏み切っているものもありますが、このちゃんぽん三笠風は3年前から価格が変わらないことに驚きます。ありがたいことです。

那覇市松山「三笠食堂」ちゃんぽん三笠風のたっぷりごはん

今回は通常サイズで注文したけど、ボリューム多いから少なめにすればよかったかも。子どもとふたりでも十分満足できそうなボリューム感です。

那覇市松山「三笠食堂」ちゃんぽん三笠風の具材はタマネギとひき肉と卵が中心

後半、七味で味変しました。ピリ辛と複雑な七味の風味が、甘辛い味わいによくあっておいしかったです。

那覇市松山「三笠食堂」ちゃんぽん三笠風の味変は七味唐辛子

カツ丼

カツ丼(650円、2019年7月時点)は、かつての三笠旧店舗でも食べた思い出の味。移転してもたっぷりごはんのボリュームは変わらず。変わったのは私の加齢と体型だけ... 味くーたーなカツ丼はカツを揚げるところから作り始められます。熱々で着丼です。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼(650円)

肉の厚みは薄め。頬張ると胡椒の存在感があります。直接お肉にたっぷりまぶしているのでしょう、味がしっかりなのでご飯がどんどん減ります。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼のお肉は薄め。

沖縄のカツ丼って、野菜がいっぱいなんですよね。この日はタマネギ、レタス、ニラを豚カツと共に卵とじしていました。青菜のシャキ感と濃い口の味付け、そしてB級グルメの油っぽさがおいしい。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼のご飯の量がものすごい。

途中、コーレーグスで味変しました。熱々状態のうちにかけると、アルコールが若干飛ぶのかマイルドになる気がします。コーレーグスはかけすぎ注意です(この日は、ご覧の通りかけずぎた)。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼にコーレーグスをかけて食べるのもおいしい。

スキヤキ

沖縄式のスキヤキはお皿に盛られるのがデフォルト。三笠食堂 松山店のスキヤキ(700円、2019年7月)もすきやき鍋ではなくお皿で登場します。これがまた熱々で、食べる時に注意しなければ火傷しそう。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキ(700円)

沖縄式のスキヤキには、お肉・青菜(この日はキャベツ)・タマネギ・豆腐・マロニー・生卵が使われています。この日は撮影のために生卵をそのままにしたのですが、他の具材が熱々のうちに卵の上に乗せ、半熟程度に熱を入れるのが好き。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキのお肉と野菜、そして生卵。

甘じょっぱい味付けとたっぷりのマロニーがよく合います。白米なしでもお腹いっぱいになるほどのマロニーが使われていて、食べながら「あれ?スキヤキって麺類だったかな?」と錯覚するほど。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキって麺類だったの?と錯覚するほどのマロニーが入っている。

スキヤキは七味唐辛子で味変が好き。たっぷり振りかけて、マロニーをツルツルと啜ります。マロニーだけでなくお肉も野菜も豆腐もおいしいから、三笠食堂に何度も来てる人には試してもらいたい。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキに七味はテッパン。

ちゃんぽん三笠風(テイクアウト)

三笠のちゃんぽん(650円、2020年3月時点)、おいしいですよね。これが大好きでお店に通っている友人がいます。この日は夕飯用にちゃんぽんを持ち帰りました。パックにぎっしりつめられています。

那覇・松山「三笠食堂」ちゃんぽん(三笠風、持ち帰り、650円)(2020年3月時点)

みじん切りのタマネギと豚挽肉をあまじょっぱく炒め、卵を溶き入れて頃合いの良いところでごはんにと乗せています。三笠のスピードメニュー且つ人気メニューです。このお皿2枚分のボリュームがありました。

那覇・松山「三笠食堂」ちゃんぽん(三笠風、持ち帰り、650円)もお皿に乗り切らず、翌日のお昼に食べた(2020年3月時点)

牛肉と豆腐のニンニク炒め(テイクアウト)

三笠食堂 松山店では、定食のテイクアウトも可能です。お味噌汁はカットされますが、定食のおかずとごはんをパックに詰めてもらえます。晩酌用におかずだけ持ち帰りをお願いする時は、お店のおばちゃんが「値段変わらないからもったいないよ、ごはんも持って行きなさい」と何度も声をかけてくれます。この人情味がありがたいですよねえ。

那覇・松山「三笠食堂」で持ち帰りをした。

この日自宅に持ち帰ったのは三笠食堂の人気メニュー、牛肉と豆腐のニンニク炒め(650円、2019年7月時点)です。スタミナがつきそうなガッツリ系で、ランチタイムに食べてるお客さんも多いんです。

那覇・松山「三笠食堂」牛肉と豆腐のニンニク炒め(650円)

このね、味がしみた豆腐がウマいんです。たっぷり入った豆腐がいい。牛肉とニンニクの旨味たっぷりの汁気を吸ったお豆腐は、ご飯ともにかきこむのが正解。三笠食堂の炒め物は味濃いめなので、お酒にもよく合います。店内でビールを注文しつつ、おつまみにしてほしいメニューです。途中でコーレーグスで味変しながら食べ終わる頃にはお腹いっぱいで満たされているはずです。

那覇・松山「三笠食堂」たっぷりのニンニクが入っている牛肉と豆腐の炒めがおいしい。

味噌汁(テイクアウト)

三笠に電話をして「汁物も持ち帰れる?」と確認してみたところ、「だいじょうぶよー。汁物は、味噌汁と沖縄そばとビーフスープがあるよー」との回答。そこで味噌汁(600円、2020年3月時点)をオーダーしました。汁物用の持ち帰りパックがあるんですねぇ。今後も活用しちゃいそう!パックにぎっしりの白米付きです。

那覇・松山「三笠食堂」味噌汁(持ち帰り、600円)(2020年3月時点)

三笠の味噌汁には、ポーク・キャベツ・わかめ・島豆腐、そして卵が落とされていました。卵の黄身は固まっていたけれど、きっと持ち帰りの間に固まってしまったんだと思います。お店だと半熟のまま食べられるんじゃないかなぁ。白味噌ベースでポークの塩気も出ておいしかったー。

那覇・松山「三笠食堂」味噌汁(持ち帰り、600円)にはポーク・ワカメ・豆腐・キャベツ・卵などが入っていた(2020年3月時点)

スキヤキ(テイクアウト)

味噌汁の持ち帰りができるならば、スキヤキ(750円、2020年3月時点)もイケるでしょ!とオーダーしてみました。これができるなら三笠のテイクアウト、めっちゃしちゃうわー。パックにぎっしりの白米もついてきます。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキ(持ち帰り、750円)(2020年3月時点)

三笠のスキヤキについてはお店で食べた様子を前述していますがマロニーが多くてスキヤキって麺類だったのねと勘違いしそうになります。お皿が小さすぎて乗り切らず、実はお肉も野菜もマロニーも倍の量が裏手でスタンバッていました。持ち帰りだとマロニーが汁気を吸うので、食べてるとブツブツちぎれがちですがこれはこkれでおいしい。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキお皿に乗り切らず、もう1皿分がパックに残った(2020年3月時点)

ゴーヤーちゃんぷる(テイクアウト)

ご主人サマーが「どこかでお弁当を買ってくる」というので、ゴーヤーまたは何かしらの野菜をリクエスト。この日のミステリーランチボックスは松山の三笠食堂でした。やったー、久しぶりのアンマーの味!感染症拡大で持ち帰りが増えたためか、期間限定なのかテイクアウトの弁当が50円引きだといいます。通常ゴーヤーちゃんぷる定食は700円ですが、持ち帰りで650円だったそうです。

那覇・松山「三笠食堂」ゴーヤーちゃんぷる(テイクアウト弁当、650円)(2020年5月時点)

三笠のゴーヤーちゃんぷるはクタッと感が好み。島豆腐もたっぷり入って、ポークと卵のバランスもよし。塩っぽい味付けが絶妙においしいのです。ごはんもたっぷり、弁当でもボリュームありました。おいしかったー!

那覇・松山「三笠食堂」ゴーヤーちゃんぷる(テイクアウト弁当、650円)にはゴーヤーと島豆腐、ポーク、卵が使われていた(2020年5月時点)

まとめ

ということで、那覇市松山にある「お食事処 三笠(通称・三笠食堂)」へ行ってきました。ランチ時はもちろん、ピークタイムには常に混雑している三笠食堂。24時間営業ではなくなりましたが、それでも地元の常連さんに支持され続けて、いまも人気の食堂です。おばちゃんたちの体力と向き合いながら、地元サラリーマンたちの胃袋を支えるため、おいしい定食を食べにやってくる観光客のために、そして夜の世界のみなさんの空腹を満たす幸せスポットとして、長く長く続けてほしいなぁと思っています。
終わり。

お店の情報

店名 三笠食堂 松山店
住所 〒900-0032
沖縄県那覇市松山1丁目12-20
営業時間 平日:9時〜21時半
金〜日曜:9時〜22時(ラストオーダーはいずれも30分前)
定休日 木曜
駐車場 あるけれど台数が少ないので、近隣のコインパーキングをおすすめします


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-お肉, すきやき, とんかつ, テイクアウト(持ち帰り), デカ盛り, ランチ, 旧市街エリア, 松山, 沖縄のお弁当, 沖縄の大衆食堂, 沖縄の禁煙店, 沖縄みそ汁, 沖縄テイクアウト, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-