沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

すきやき とんかつ・カツ丼 デカ盛り ランチ 松山 沖縄の大衆食堂 沖縄の禁煙店 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・松山「お食事処 三笠」ボリューム満点の定食は地元ウチナンチュの活力源。

投稿日:

那覇・松山の「お食事処 三笠」が現在の場所に移転したのは2016年12月のこと。あれから早くも3年が経過しようとしています。そういえば、移転後の記事を公開がまだでした。結構食べに行ってるもののド忘れです。お食事処 三笠(通称・三笠食堂)は那覇市内にいくつかありますが、今回の記事では三笠食堂 松山店でいただいた定食の他、場所・メニュー・近隣駐車場などをレポートしています。それではさっそくいってみよ〜!

那覇・松山「三笠食堂」の外観

移転後のお店はどこにあるの?

三笠食堂 松山店は国道58号線沿いの久茂地交差点の近く、沖縄セルラービルや路線バスの停留所・農林中金前の裏手側にあります。この辺りは飲屋街になっていて、昼間はサラリーマンや作業員のおっちゃんたちが、夜は飲んだ後のシメに食べにくるような食堂です。お客さんの身なりや持ち物から観光客利用も多そうだなぁと思います。毎回混雑しているので、事前に電話注文してお弁当を取りに行くことが多いです。

松山店の営業時間は?

移転前は24時間営業だった三笠食堂 松山店ですが、最近は朝8時15分〜24時までの営業となっています。それでも閉店時間が8時間しかないのがスゴい。飲屋街にある定食屋さんなので、飲み終わりの酔っ払い客、夜のお仕事の方々、近隣で残業したサラリーマン、近所の人たちが食べに訪れるのです。実のところ、夜の24時まで営業していると様々な使い方ができてありがたいです。

那覇・松山「三笠食堂」の営業時間(2019年7月時点)

駐車場と、近隣のコインパーキングについて

三笠食堂 松山店の駐車場は、お店の脇に2台分あります。写真に写っているセダンと手前の空車部分が駐車スペースです。ただ、サイズによっては道路にはみ出してしまうので、大きめの車は近隣にあるコインパーキングに停めることをオススメします。

那覇・松山「三笠食堂」の建物脇にある無料駐車場

三笠食堂 松山店の目の前には100円パーキングがあります。1本裏にも安い駐車場があるし、お店から徒歩5分以内に多数のコインパーキングが見つけられるはずです。路上駐車はもちろん、通行の妨げになるくらいなら100〜200円支払って安全策をとりましょう。

那覇・松山「三笠食堂」目の前にあるコインパーキング

店内の様子

移転から3年の三笠食堂の店内は、まだまだ新しい印象を受けます。2名席・4名席とカウンター席が用意されています。テーブルも床も汚れが見当たらず、移転前より清潔感があって好きだなぁ。店内禁煙なのも嬉しいです。

那覇・松山「三笠食堂」の店内

キッチンには手際よく調理をするおばちゃんたち。彼女らがいなければ、この界隈のランチは回っていないことでしょう。注文が入るといくつもの強火コンロを前に、せっせと調理をし始めるのです。おいしい定食をいつもありがとうございます。

那覇・松山「三笠食堂」でキビキビ働くおばちゃんたち

三笠食堂 松山店のメニュー

三笠食堂 松山店のメニューをチェックしましょう。いつもカウンター上部のメニュー札を見て注文していますが、卓上メニューもあるようなので、いつか見かけたら記事に追加します。

那覇・松山「三笠食堂」のメニュー表

カツ丼(650円)は野菜たっぷりの沖縄式。

カツ丼(650円)は、かつての三笠旧店舗でも食べた思い出の味。移転してもたっぷりごはんのボリュームは変わらず。変わったのは私の加齢と体型だけ... 味くーたーなカツ丼はカツを揚げるところから作り始められます。熱々で着丼です。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼(650円)

肉の厚みは薄め。頬張ると胡椒の存在感があります。直接お肉にたっぷりまぶしているのでしょう、味がしっかりなのでご飯がどんどん減ります。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼のお肉は薄め。

沖縄のカツ丼って、野菜がいっぱいなんですよね。この日はタマネギ、レタス、ニラを豚カツと共に卵とじしていました。青菜のシャキ感と濃い口の味付け、そしてB級グルメの油っぽさがおいしい。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼のご飯の量がものすごい。

途中、コーレーグスで味変しました。熱々状態のうちにかけると、アルコールが若干飛ぶのかマイルドになる気がします。コーレーグスはかけすぎ注意です(この日は、ご覧の通りかけずぎた)。

那覇・松山「三笠食堂」カツ丼にコーレーグスをかけて食べるのもおいしい。

スキヤキ(700円)はお皿に乗って出てくるもの。

沖縄式のスキヤキはお皿に盛られるのがデフォルト。三笠食堂 松山店のスキヤキ(700円)もすきやき鍋ではなくお皿で登場します。これがまた熱々で、食べる時に注意しなければ火傷しそう。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキ(700円)

沖縄式のスキヤキには、お肉・青菜(この日はキャベツ)・タマネギ・豆腐・マロニー・生卵が使われています。この日は撮影のために生卵をそのままにしたのですが、他の具材が熱々のうちに卵の上に乗せ、半熟程度に熱を入れるのが好き。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキのお肉と野菜、そして生卵。

甘じょっぱい味付けとたっぷりのマロニーがよく合います。白米なしでもお腹いっぱいになるほどのマロニーが使われていて、食べながら「あれ?スキヤキって麺類だったかな?」と錯覚するほど。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキって麺類だったの?と錯覚するほどのマロニーが入っている。

スキヤキは七味唐辛子で味変が好き。たっぷり振りかけて、マロニーをツルツルと啜ります。マロニーだけでなくお肉も野菜も豆腐もおいしいから、三笠食堂に何度も来てる人には試してもらいたい。

那覇・松山「三笠食堂」スキヤキに七味はテッパン。

牛肉と豆腐のニンニク炒め(650円)は三笠の人気メニュー。

三笠食堂 松山店では、定食のテイクアウトも可能です。お味噌汁はカットされますが、定食のおかずとごはんをパックに詰めてもらえます。晩酌用におかずだけ持ち帰りをお願いする時は、お店のおばちゃんが「値段変わらないからもったいないよ、ごはんも持って行きなさい」と何度も声をかけてくれます。この人情味がありがたいですよねえ。

那覇・松山「三笠食堂」で持ち帰りをした。

この日自宅に持ち帰ったのは三笠食堂の人気メニュー、牛肉と豆腐のニンニク炒め(650円)です。スタミナがつきそうなガッツリ系で、ランチタイムに食べてるお客さんも多いんです。

那覇・松山「三笠食堂」牛肉と豆腐のニンニク炒め(650円)

このね、味がしみた豆腐がウマいんです。たっぷり入った豆腐がいい。牛肉とニンニクの旨味たっぷりの汁気を吸ったお豆腐は、ご飯ともにかきこむのが正解。三笠食堂の炒め物は味濃いめなので、お酒にもよく合います。店内でビールを注文しつつ、おつまみにしてほしいメニューです。途中でコーレーグスで味変しながら食べ終わる頃にはお腹いっぱいで満たされているはずです。

那覇・松山「三笠食堂」たっぷりのニンニクが入っている牛肉と豆腐の炒めがおいしい。

セルフサービスでバターごはんも試してみよう。

あたしは一人で食べに訪れることが多いので、カウンター席に案内されます。カウンターにはこんなマーガリンが用意されています。沖縄の人は白米にマーガリンをたっぷりのせて食べるんですよね。バターごはんならぬ、マーガリンごはん。これ、おいしいですよね。幼い頃、バターに醤油を垂らして食べてました。おいしいけれどカロリーもそれなり。大人になってからは試してませんが、勇気ある者はお試しください!

那覇・松山「三笠食堂」卓上にあるマーガリンはウチナンチュの好物。

まとめ。

ということで、リニューアル移転後の那覇・松山「お食事処 三笠(通称・三笠食堂)」に行ってきました。ランチ時はもちろん、ピークタイムには常に混雑している三笠食堂。24時間営業ではなくなりましたが、波布食堂の例もあるので英断だったと個人的には思います(後に、体力的な理由で閉店したと聞きました)。おばちゃんたちの体力と向き合いながら、地元サラリーマンたちの胃袋を支える食堂として、ここを目的にやってくる観光客のための食堂として、そして夜の世界の方達の空腹を満たす幸せなスポットとして、長く長く続けてほしいなぁと思っています。

住所:〒900-0032 沖縄県那覇市松山1丁目12-20

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-すきやき, とんかつ・カツ丼, デカ盛り, ランチ, 松山, 沖縄の大衆食堂, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.