沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

すきやき ちゃんぷるー ランチ 松山 沖縄の大衆食堂 沖縄みそ汁 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・松山「お食事処みかど」はランチや飲みのシメにもつかえる大衆食堂。

2015年12月29日

那覇の58号線沿いには遅くまで営業している食堂がいくつもありますが、今日はその中の1つ「お食事処みかど」について書いてみようと思います。こちらのみかど、那覇の有名な食堂のひとつで、ランチ時はサラリーマンでいっぱいです。あたしは沖縄移住前の旅行中に1度食べに来たことがあるんですが、観光客も結構食べに来るメジャーなお店です。以前は24時間営業でしたが、最近は8時〜24時までの営業となりました。働くおばちゃんたちの体力を考えると夜間営業は停止するのが最善ですよね。ということで営業時間に気を付けつつ、さっそくたべに行ってみましょ〜!

那覇・松山の「お食事処みかど」に行ってきた。

清潔感があるみかどの店内。

みかどの店内にはカウンター席とテーブル席があります。近隣の食堂と比べると、どことなく清潔感が感じられます。平日のお昼時でもサラリーマンがごった返す風でもなく、ドヤドヤしていないので女性一人で入っても嫌な感じがありません。だからかな、ご主人サマーはお隣にある三笠よりも、みかど派です。

那覇・松山「お食事処みかど」の外観

お店が混んでいても、待ち時間は割と短い。

ランチタイムや夕飯時は入れ替わり立ち替わりお客さんがやってきます。でも安心してください。キッチンにいる4~5人のおばちゃんがテキパキお仕事をこなしているので、待ち時間はそんなに長くないはずです。炒め物を始めるおばちゃん、大きなガス釜にお米をセットするおばちゃん、洗い物をするおばちゃん、奥で何か作業してるおばちゃん... 沖縄ってお店にいる店員さんの数が多い気がするのは、気のせいかなぁ。

那覇・松山「お食事処みかど」で忙しく働くお母さんたち。

みかどは、ごはんの炊き方がウマい!

久茂地・松山周辺の食堂はいくつもあるけど、みかどはごはんの炊き方がとても上手だと思います。おおきなガス釜でいっぱい炊くのもおいしさの秘訣な気もしますが、お米の一粒一粒が立っていてベタつきを感じません。ツヤツヤおいしいごはんが目の前にあるとつい食べ過ぎちゃうけど、まわりの食堂より群を抜いておいしいお米が食べられるから、みかど大好きです。

那覇・松山「お食事処みかど」のごはんがおいしい。

みかどのお食事メニューをご紹介。

みかどのメニューはこちら。定食、ちゃんぷるー、ちゃんぽん、カレー、バーガー等、一通りのメニューが揃っています。メニューを確認しつつ、あたしが食べた定食もご紹介していきましょう。こちらのメニュー表は2019年9月時点の撮影です。記事中に出てくる定食は2015年から順次追加していますので、価格・盛り付けなど異なる場合がありますので必ず店頭で確認してください。

那覇・松山「お食事処みかど」のメニュー表(2019年9月時点)

ふーちきなー(600円)

いつぞや、みかどのふーちきなーがおいしいと聞いたので、食べてみました。炒め物にごはん、お味噌汁がついて600円です。

那覇・松山「お食事処みかど」ふーちきなー(600円)の定食

ふーちきなーとは、からし菜とお麩とポークとシーチキンの炒め物。沖縄らしい組み合わせ、且つ、お麩の炒めものが大好きなあてくしには、ぴったりな炒め物でした。

那覇・松山「お食事処みかど」ふーちきなーは、からし菜とポークとお麩の炒め物。

炒めたてのふーちきなーにはコーレーグスも良く合います。まずはそのままいただきますが、コーレーグスで味変を楽しむのもオツなもんです。

那覇・松山「お食事処みかど」ふーちきなーにコーレーグスをかける。

味噌汁(550円)

最近ハマッてる食堂の味噌汁。みかどでも食べてみました。みかどの味噌汁は550円。青菜が浮いたシンプルなお味噌汁です。

那覇・松山「お食事処みかど」味噌汁(550円)

みかどの味噌汁の具材は、ほうれん草、島豆腐、豚肉、こんにゃく、玉子。沖縄の味噌汁はポークが入ってたりするんですが、みかどは豚肉でした。どことなく豚汁の雰囲気。味噌汁の味は濃すぎず、ちゃんと出汁がきいててウマいです。

那覇・松山「お食事処みかど」味噌汁の具。

半分くらい食べたら、玉子を割っていただきましょう。黄身を割ると味噌汁がまろやかになって、味変が楽しめます。二日酔いのときも、体が冷えてるときにも、体にしみるお味噌汁だな~と思いました。

那覇・松山「お食事処みかど」味噌汁に入っている卵は、半熟状態。

すきやき(700円)

先日、夜のみかどで夕飯を食べてきました。今回食べてみたのは、すきやき(700円)です。一般的なすき焼きと、沖縄のすきやきは、ちょっと様子が異なります。まず鉄鍋ではなく、お皿に盛り付けられているんです。味としては砂糖と醤油で甘じょっぱく煮た感じ。

那覇・松山「お食事処みかど」のすきやき(750円)

お肉も牛ではなく豚。その他の具材はマロニー、青菜、キャベツ、タマネギ、ニンジン、島豆腐、生卵でした。お肉の量は少なめ。具材の半分はマロニーじゃないかってくらい、煮汁を吸ったマロニーがたっぷりと。青菜のシャキッと感もいい感じ。卵を崩すとまろやかになるんですが、出汁に溶けてしまうのがなんだか勿体無い。あと、すきやきには汁物は付いてこないようです。味噌汁が欲しかったなぁ。

那覇・松山「お食事処みかど」のすきやきに入っているお肉は豚でした

沖縄そば(580円)

飲み終わりの23時過ぎに松山を通りかかりました。このところシメラーメン・シメステーキ・シメたこ焼きなどいろいろ楽しんできましたが、初心に戻ってシメの沖縄そばを食べようとみかどに入店。メニュー確認もそこそこに沖縄そば(580円)をオーダーしました。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そば(580円)

熱々のあっさり系スープは、しっかりと出汁を感じます。飲んだ後なので、これが嬉しい。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばのあっさり系スープ

麺は平打ちの縮れ麺。このあたりの食堂で、ここまで縮れているのは珍しい気がします。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばの麺は平打ちの縮れ系。

沖縄そばのトッピングはかまぼこ2枚、三枚肉2枚、ネギでした。三枚肉は味付けがしっかりして、ほどほどよい柔らかさ。脂身のとろけ具合と赤身の肉質のバランスはよかった記憶です。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばの三枚肉は味濃いめ。

沖縄そばにはコーレーグスをお忘れなく。入れすぎると辛くておいしくないけれど、2〜3滴垂らすと味変しておいしいです。添えられた紅生姜を入れて変化球つけるのも好き。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばにはコーレーグスが良く合う。

大衆食堂「お食事処みかど」まとめ!

ということで、那覇・松山にある大衆食堂「お食事処みかど」でランチ&飲み終わりのシメ定食を食べてきました。久茂地界隈でおいしいお米を食べるなら、みかどで決まりかも。それくらいおいしいごはんの炊き方をしています。お米もおかずもおいしいし、周辺の食堂と比べて清潔感があるから、女性一人で入店するのも抵抗がありません。ビジネス街&飲屋街にある大衆食堂なので、時間によって雰囲気が異なります。昼はサラリーマン、夜は地元客が瓶ビール片手に定食をつまむ、そんなお店です。夜中は飲み終わりのシメご飯を食べるお客さんが集まっていますよ。おいしい定食を食べたい方には、みかどがオススメです!
終わり。

住所:〒900-0032 沖縄県那覇市松山1丁目3-18

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-すきやき, ちゃんぷるー, ランチ, 松山, 沖縄の大衆食堂, 沖縄みそ汁, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.