「前田食堂」牛肉もやし炒めの旨味がスープに溶け出す、やんばるのウマい沖縄そば。

大宜味村「前田食堂」牛肉そば(800円)

沖縄本島北部の大宜味村にある「前田食堂」でランチを食べました。やんばるに向かう58号先沿いの飲食店の中でも前田食堂は知名度が高く、入店待ちが出るほどの人気店。13時過ぎと遅めに訪れたのですが店前にはズラリと車が停車しており、また少し離れた場所にもフリーの駐車スペースも結構な埋まり具合でした。地元民はもちろん、おそらく観光客っぽい人もちらほら。この記事を書くにあたりGACKTの行きつけだと知ったのですが、そりゃ知名度爆上げだね〜!

沖縄本島北部の大宜味村にある「前田食堂」の外観

入店待ちの受付リストがあったので記名を済ませつつ、お店の外柄に貼られたメニューを眺めながら待ちます。沖縄そばと定食メニューがあるみたい。どっちにしようかなぁ。

大宜味村「前田食堂」のメニュー表

暫くすると名前を呼ばれたので、案内のままに入店します。この時、券売機で食券を購入してから客席に向かいました。

大宜味村「前田食堂」の券売機

店内は思ったより客席があります。お店に入ってすぐテーブル席が、そして奥には畳に座るお座敷席がありました。この日は大人3、子ども3と人数が多かったため、お座敷にお邪魔します。

大宜味村「前田食堂」の店内

食券を渡して数分後、前田食堂の名物・牛肉そば(800円)が着丼です。

大宜味村「前田食堂」牛肉そば(800円)

こちらの牛肉そば、一緒に食べに行ったらーてん氏のオススメでチョイスしました。これはガッツリ男子めし!沖縄そばの上には、粗挽きブラックペッパーがたっぷりの牛肉もやし炒めがドカン!そのボリューム、二郎並み。パンチのきいたB級グルメだ!

大宜味村「前田食堂」牛肉そば(800円)は炒めた牛肉とモヤシとニラが山のように盛り付けられている

前田食堂の創業は1972年といいますから、沖縄が日本に復帰した年にオープンしたようです。いくつもの紆余曲折を乗り越えてきたであろう、50年の歴史を感じるパワフルな味だなぁ。牛肉もやし炒めの下から麺をなんとか引っ張り出してすすりますが、このままではもやしがこぼれて食べにくいので...

大宜味村「前田食堂」牛肉もやし炒めが山盛りすぎて麺が出てこない

はい、天地返し。大盛りトッピングにはやっぱりこれですね。麺はご覧の通り平打ちのほぼストレート。柔らか過ぎず、最後までおいしくいただきました。

大宜味村「前田食堂」牛肉そばを天地返

天地返しでほどよく温度の下がった麺と牛肉もやし炒めを持ち上げてズルズルと。食感が残るもやしの炒め具合に、料理人の腕を感じさせます。

大宜味村「前田食堂」の麺を食べようにももやしが邪魔をする

炒め物のほとんどがもやしで、ところどころにニラと細切りの牛肉が入っています。

大宜味村「前田食堂」牛肉そばの細切り牛肉

もやしと牛肉とニラの旨味エキスがスープに溶け込み、そこにガッツリのブラックペッパーで箸が止まりません。前田食堂の沖縄そばのスープはもともと豚骨ベースだと思いますが、炒め物の醤油っぽい味付けと肉・野菜の旨味成分が加わり、さらに黒胡椒の投入でジャンキーなB級グルメ感がめっちゃウマい!

大宜味村「前田食堂」豚骨スープに牛肉もやし炒めの旨味成分が溶け出している

このままでも十分おいしいのですが、やっぱりコーレーグスでの味変を試してみたい。ジャンキーなスープにコーレーグスを加えると、味がキュッと引き締まり、旨味がより引出されるようなおいしさに変わりました。やっぱおいしいなー。

大宜味村「前田食堂」牛肉そばにコーレーグスを入れてもおいしい

一方、同席していたお子サマーは、そばの小サイズ(550円)を食べていました。前田食堂のノーマルな沖縄そばです。

大宜味村「前田食堂」そば(小、550円)

スープはこの通り白濁の豚骨系。食べ残しをズズズッと啜ってみましたが、これはこれでおいしいなぁ。豚骨のおいしいところだけ引き出しています。ベタつく脂っぽさはなく、やっぱ沖縄本島北部のそばはおいしいなぁ。

大宜味村「前田食堂」そば(小、550円)のスープは白濁の豚骨ベース

小サイズですが、麺の量はしっかりと。沖縄そばのサイズは小・大ありますが、小は一般的なふつうサイズのボリュームです。

大宜味村「前田食堂」そば(小、550円)の麺を箸上げ

トッピングの三枚肉は分厚いカットです。小サイズで4枚載せられていました。味付けはそこまで濃ゆくありません。スープに特徴があるので、三枚肉はこのくらいの存在感がちょうどいいんだろうなぁ。

大宜味村「前田食堂」そば(小、550円)の三枚肉

ということで、沖縄本島北部の大宜味村にある「前田食堂」に行ってきました。やんばるのグルメスポットが全然わからず、らーてん氏にまるっとお任せで食べにきましたけれど、ほんとおいしかったです。連れてきてもらって大正解でした。こちらのお店には名護市内にも系列店があるそうです。大宜味まで食べに訪れにくい場合は名護店で牛肉そばを食べてみて欲しいなぁ。
終わり。

お店の情報

店名前田食堂
住所〒905-1318
沖縄県国頭郡大宜味村津波985
営業時間11時〜17時
定休日水曜
駐車場店前や周辺に無料の駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-やんばる, ランチ, 大宜味村, 沖縄そば, 沖縄の大衆食堂, 沖縄料理, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-