沖縄市の老舗ライブバー「Live Music Bar JET」70・80年代ロックを生音で楽しむ。 - 毎日ビール.jp

ゲート通り ビール ライブ・音楽 一番街 沖縄市 沖縄本島中部 沖縄県

沖縄市の老舗ライブバー「Live Music Bar JET」70・80年代ロックを生音で楽しむ。

来沖中のおかんを連れて沖縄市に行ってきました。沖縄市は音楽の街。ライブバーで生音を楽しむのも沖縄観光のひとつですから、夜のゲート通りへと橋を運びました。夜のコザに対しおかんがどんな反応をするのか予想できず、やや心配したものの結果オーライ。しっかり楽しんでもらえたようで良かったです。この日向かったライブバーは老舗の「Live Music Bar JET」。70年代・80年代のロックミュージックが中心のJETなら間違い無いだろうと選びました。

沖縄市「Live Music Bar JET」の入り口

土曜の夜21時。ちょうど演奏中で客席はほぼ満席。ドリンクを片手に地元民・観光客・米軍関係者が同じ割合でJETの奏でる曲を楽しんでいます。

沖縄市「Live Music Bar JET」の店内

JETはチャージ不要のミュージックバーです。お店によってはライブチャージを必要としますが、JETにはそれがなく安く生音を楽しめます。音楽好きとしてはタダで楽しませてもらっていいのだろうかと申し訳なくなります。だからビールやカクテル、ソフトドリンクなどでしっかり還元しなくちゃいけません。それがお店やバンドを長く続けてもらう唯一の手段なのだから。

沖縄市「Live Music Bar JET」のドリンクメニュー

ということで、わたしはボトルビールをいただきました。JETのボトルビールは5種類ありますが、いちばん飲みやすそうなコロナ($7または700円)をオーダー。ライブ会場ではボトルビールが飲みやすいのよね。

沖縄市「Live Music Bar JET」のコロナ($7または700円)

箱バンのJETは3ピースバンド。左からベース&ボーカルのターキー、ドラム&ボーカルのKIYOSHI、ギターのKAZUFUMIです。営業は毎週金・土曜日のみで、両日とも全5ステージ(20:30、21:30、22:30、23:30、24:30)をこなします。いつ訪れても常に演奏している気がするのは、20時半から24時すぎまでほぼ演奏しっぱなしだからなのね。英語の曲ばかりで、お客さんとの掛け合いも主に英語。常連さんが多いのか、リクエストは曲間に曲名を言うだけでサッと曲が始まってしまう。こんなふうにパッと息を合わせられるのはとんでもないこと。この日も楽しかったなぁ!

沖縄市「Live Music Bar JET」の箱バンはスリーピース。

ということで、沖縄市にある老舗ライブバー「Live Music Bar JET」へ行ってきました。どこかで耳にした名曲ばかりなこと、70年代・80年代のロックはわかりやすい曲調であること、そしてライブチャージがないことから、コザのライブバー初心者にオススメです。なんせミュージックバー初体験のおかんが楽しそうでしたから!わたしはアメリカ色の強い夜のコザが大好きです。そんな沖縄市をおかんにも楽しんでもらえて嬉しかったなぁ。今度はおとんも連れてJETへ行きたいです。
終わり。

住所:〒904-0004 沖縄県沖縄市胡屋2丁目1-68

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ゲート通り, ビール, ライブ・音楽, 一番街, 沖縄市, 沖縄本島中部, 沖縄県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2020 All Rights Reserved.