沖縄県 沖縄移住

沖縄に移住して丸4年経ちました。

投稿日:

沖縄に来てから丸4年。先々月のブログから更新をすっかり忘れていて、先月分をぶっ飛ばしておりますが、気になったこと、変化があったこと、沖縄っぽいことなど定期的にアップします。

沖縄移住ブログ、丸4年!

琉球ドラゴンプロレス旗揚げ5周年記念大会の琉王戦に思うこと。

どこに描こうか悩んだけれどベルト、個別で書くと時間を異常に費やしそうなのでこちらへ。

2018年4月29日は、琉球ドラゴンプロレス旗揚げ5周年記念大会でした。メインは御万人(うまんちゅ)王座「琉王」選手権試合。第4代王者である美ら海セイバーが、初代王者であり挑戦者のグルクンマスクを迎え撃つ試合となりました。挑戦者を選んだ(というか、ふっかけた)のは美ら海セイバー。それを受けたのはグルクンさんです。初代王者のグルクンさんはベルトを奪われたのではなく、怪我治療をするため返上した経緯があります。その点も加味しつつ、そろそろグルクンさんの元に戻ってくるのでは、と期待していました。何故か。それは、技のキレ・技数・美しさ・相手選手へのダメージ・試合運び・納得感などなど、どれをとっても団体で一番なのは間違いなくグルクンさんです。ファンだから贔屓目っつーのもあります。けれども、誰が見てもそうなはず。

しかし、この日の結果はご覧の通り。試合を見た帰りの車で、モヤモヤを抱えながら投稿したツイートは以下の通り。

だって、おかしいじゃないですか。団体でイチバン強いレスラーを決める大会なのに、そこでピカイチのグルクンさんが負けるのはおかしい。団体でイチバンの者が巻くベルトなのに、グルクンさんが負けるなんて。そりゃーハラオチせずモヤモヤするもんじゃないですか。

考えてみると、遡ること去年の琉球ドラゴンチャンプルー2017。あの時から納得感がないのです。どうしても団体外であるビリーケン・キッドの手に渡ってしまった琉王のベルトを、ビリーさん自身が戻してくれたようにしか見えなかった。

ビリーさんのプロレスは、とても楽しいし納得感がある。それって各選手の年の功というか経験値以外の部分も大きいと思う。例えば、グルクンさんと拳王のキック対決を見てて、拳王の実力を見せつけられ、これは敵わないと絶望することもあるわけです。リング上で背中を蹴られたグルクンさんも普段以上にめちゃくちゃ痛そうだった... あの日、拳王の強さに納得したのです(衝撃を受けすぎて、あの試合は一生忘れられないと思う。未だに悔しい。とはいえ、拳王も応援している)。プロレスって、ほんと納得感なんだなぁ。納得させる材料はなんでもいい。こないだの琉王戦には、その納得感が足りなかった。だからモヤモヤしてるんだと思います。

美ら海セイバーが嫌いとか、そういうことではありません。むしろ、琉ドラを見始めた時はセイバーさんとティーダのタッグがとても好きで、二人して場外に飛んでくトペとか、華やかで本当にかっこよくて、見ていて爽快でした。何が見方を変えたのか。それは琉王のベルトしかありません。トップに立つというのはそういうことなのでしょう。

こないだの琉王戦では、グルクンさんは雪崩式グルクンドライバーを出していないんですよね。そもそも随分出していない技なので、出さなかったのか、出せなかったのかもわかりません。セイバーさんも受けられないわけはなく、受ける前に試合を決めたのかもしれません。見る側の人がどう思おうと勝手だけれども、そこにストーリーを見出したくなるのがファンってやつで。なもんで、あたし的には先にも記載した、

というツイートになったわけです。琉王戦を防衛したセイバーさんのストーリーよりも、負けたグルクンさんの描きたいストーリーの方がはっきり見える気がするのは、どうしてでしょう。それから、ビリーさんと殿とグルクンさんは、セイバーさんに負けるとは全然思えないんだよなぁ。琉王のベルトって、そんなもんなの?そんなんでいいの?そのストーリーでは、ベルトの価値が下がってしまうのでは?と思ってしまう。

最後に。
そんなこんなで、試合後に一人でブチ切れていたら「あんた、ほんとに中学生のプロレスファンみたいだよね」とご主人サマーに言われてハラオチしました。ああ、中二病的発想だ!ヤダー!(一連の流れに納得感)

2014年に移住して着たあたいに言いたいこと。

上のくっそ長い文章を見ろ。琉ドラへ物言いするくらいには、プロレス好きになっているぞ。なんなら直接文句言って、納得する回答をもらえるくらいには近しい距離にレスラーがいたりするぞ。沖縄には娯楽が少ない。子育てでなかなか遠征できない。だからヘビメタから遠ざかってるって言っても、まさかプロレスにハマるとは思いもよらなかったよなぁ。あと、ブログで長文書くことになる日がくるとはなぁ。

グルクンさんはそれくらいかっこいいぞ!見よ、このヒーロー感!(ポッ♡

Shiitake🍄椎茸さん(@__mu_um__)がシェアした投稿 -

2018年5月8日、沖縄は梅雨入りしました。

GWが明けたら、すぐ梅雨入りしちゃったね。梅雨入り宣言の当日は雨が降ってたけど、その翌日から湿度のないカラッとした晴天で、おやおやーなんて思ってたんです。空梅雨かな?って。しかし、週末にはしっかり梅雨らしさを出してくれました。その期待の裏切らない感が沖縄っぽいわ!

ハイビスカスっぽいのに、ハイビスカスじゃない。

沖縄が梅雨入りした日のこと。復職後はダイエットと気分転換のために、歩いて帰宅しているんですが、その日は黄色いお花が目にとまりました。直前まで雨が降っていて、花弁の露がいいな、と思ったのです。それでね、テキストをね、「梅雨入りしちゃったハイビスカス」って書いたんですよね。そうしたら、2名から「ハイビスカスじゃない!」つってね、ツッコミをくらいました。えー!違うの!?似てるよねー!ってね。まだまだわからないことが多いもんだな、と思った次第です。

復職後のお仕事具合。

ご主人サマーの絶大なる協力のもと、育児とお仕事のバランスがわりと取れている感じがする。今のところ。仕事は楽しい。面白みを感じる分野の業務に戻してくれた会社に感謝。しかも戻ったら戻ったで待遇面の一部が改善されていたり、チームのお仕事もやりやすくなっていたり、保育園からの急な呼び出しにもサッと向かわせてくれたり、理解してもらえる環境が整いすぎて怖いくらい。これ、沖縄だからこそだよなぁ。東京に勤めていた企業では、難しかったと思うんです。そういう意味では、沖縄は子育てとお仕事のバランスがうまく保てるような気がしています。

浦添美術館で日向ぼっこするパンダ猫。

せめて月イチくらいは自由に飲みに出たい。

月〜金曜は朝から晩までガッツリ予定が組まれています。仕事行って、帰ってきたらお子サマーをピックアップして、帰宅したらすぐ夜タスク。ざっくりいうとそんな感じです。別に、それで問題はないのだけれど、時々外の世界へ出たい時もあるのです。ストレス発散がライブとビールしかない人間だったのに、急に変われるなんてことはないので... 外の空気を吸って気分転換するの、月イチ、月ニくらいできると嬉しいなぁ。

という感じで、2ヶ月ぶりの沖縄移住記でした。おかげで画像が用意されていません。さーせん!カーチャンには、ほんっと時間がないよ!
終わり。

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-沖縄県, 沖縄移住
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.