沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

すすきの ビール ワイン 北海道 居酒屋 札幌市

札幌・すすきの「どさんこ家」北海道の味覚を満喫できる海鮮系居酒屋。

投稿日:2018年8月27日 更新日:

札幌へ行ってきました。札幌市内に到着したのは19時半頃。真っ先に夕飯を食べに訪れたのは、予約をしていた「函館 開陽亭 どさんこ家」です。すすきのの札幌東急REIホテル1階レストランプラザにあります。店名に函館とありますが、函館開陽亭は札幌にある海鮮系居酒屋。函館にも系列店はありますが、札幌での知名度が抜群に高いです。ほんとは別のお店に予約を入れたかったのですが、そちらは満席と言われ、系列で予約が取れたどさんこ家へやってきました。

札幌・すすきのにある「函館 開陽亭 どさんこ家」の外観。

店先に並ぶ北海道の酒瓶。いやー、もう、ココロオドル!

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」の入り口に展示していた酒瓶。

どさんこ家の店内はそれほど広くなく、テーブル席オンリーです。こども用の椅子を貸してもらえました。まずはビールで乾杯。樽生はサッポロクラシック(570円)、お通しは松前漬けでした。数の子も入って、いんでないかい!

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」のたる生ビールはサッポロクラシック(570円)

どさんこ家のメニューをチェック。海の幸も山の幸もありそうです。せっかくの北海道旅行です。海鮮系中心で攻めましょう。この日のオススメメニューはどれもこれも気になるものばかり。悩む!

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」の本日のメニュー。

今回は子連れで訪れました。お腹ペコペコなお子サマーのためにおにぎりを選びますが、函館開陽亭系列ではうにぎりが名物らしい。ああ、これは間違いなくウマいはずだ。しかもウニは増量できるとか書いてるし...

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」といえば、うにぎり!

でも、さすがに1歳児にウニはまだ早い気がして、しゃけおむすび(240円)にしておきました。大きくて食べきれないだろうと思ったら、ペロッと食べてしまってカーチャン驚き。

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」おにぎり(しゃけ、240円)

旬のアスパラ(680円)もいただきました。茹で・てんぷら・バター炒めから選べますが、今回は素材の味を楽しむために茹でをチョイス。ウマかった!

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」アスパラ(茹で、680円)

お刺身盛り合わせも注文です。こちらは2人前の小磯盛り(1980円)。ニシンにホッケにホッキ、ツブ、ホタテ... 全8点盛りで大満足。北海道の海の幸、やっぱサイコーにウマい!沖縄の魚とは脂乗りや味わいが全く異なります。

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」お刺身盛り合わせ(小磯盛り、1980円)

地魚あら汁(360円)もいただきました。魚ばっかりだろうと思ったら、じゃがいもやタマネギもたっぷり入って意外とボリューミー。魚出汁の旨味でお子サマーもがっつきます。

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」地魚あら汁(360円)

魚がウマいと酒も捗ります。ご主人サマーは純米吟醸大雪乃蔵 絹雪(600円)を注文。こちらは札幌市内にある酒蔵のお酒だそうです。北海道の日本酒はここ数年で飛躍的にウマくなりましたねぇ。

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」の地酒もいただいた。

海の幸天国はまだまだ続きます。こちらは活真いかのおどり造り(1尾、1860円)です。ここ数年、北海道近海ではイカの不漁が続き、活イカは取り扱いがなかったり、あっても高騰していて、なかなかのご馳走です。今回も食べられると思っていなかったから嬉しい。提供されたてはゲソがウネウネしていました。イカの身や耳はコリコリ食感です。

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」活真いか おどり造り(1860円)

函館生まれのあたしは活イカが大好きです。中でもこのゴロがうんまい。このまま食べてもよし、刺身醤油にゴロを溶いてイカの刺身をつけて食べてもよし。シメたてだとゴロが溶けにくいけれど、おいしいもんのために頑張りましょう。

活真いかのゴロがウマい。

刺身を食べ終わった後はゲソを調理してもらいます。焼きか揚げが選べるので、今回は揚げてもらいました。これもまたウマいんだ。

活真いかのおどり造りのゲソは、天ぷらにしてもらった。

このあたりでワインにチェンジ。北海道のワインも最近どんどんおいしくなっています。どさんこ家の入り口に並んでいた酒瓶の中に、この羆の晩酌があったので試してみました。富良野で作られたミディアムボディの赤で、グラス600円でした。わりとどっしりとした飲み口ですが、重々しくなくおいしい。以前酒舗 稲村屋で「味・価格ともにデイリーワインにぴったり」とオススメされたのですが、まさにソレ。いいワインだ。

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」羆の晩酌(グラス、600円)

羊肉が好きなご主人サマーが、珍しいメニューの煮込みジンギスカン(880円)を注文しました。煮込みってなんだろ、ジンギスカンを炊いたものかな?そういえば、どこかでラムの肉じゃがたべたことがあるな、そんな感じかな?と思っていたら、コンロと鍋が登場。煮込みってか、鍋物じゃん!

札幌・すすきの「函館 開陽亭 どさんこ家」煮込みジンギスカン(880円)

卓上でグツグツ煮込みます。ジンギスカンの脂とアクが浮いてくるので、しっかり取り除きます。

煮込みジンギスカンというか、ジンギスカン鍋的な感じ。

煮込みジンギスカンができました。煮汁は優しい甘口で、野菜にも煮汁にもジンギスカンの風味が移っています。お料理自体があっさりしているので、もうちょいガツンとしててもいい気がしますが、変わり種ジンギスカンとしてはおもしろいなぁと思いました。

野菜もジンギスカンもたっぷり食べました。

ということで、札幌・すすきのの海鮮系居酒屋「函館 開陽亭 どさんこ家」を訪れました。札幌在住時からその名を知っていた函館海開陽亭。今回初めてお店を訪れ、ソムリエの方が非常によくしてくださったたことが忘れられません。特にお子サマーを楽しませたりポイッと投げてしまったスプーン類をサッと拾いに来てくださったり、本当に助かりました。帰りにソムリエの方にお礼を伝えると「自分にも幼い子がいて、1歳くらいの時は本当に相手するのが大変で、外食なんてできなかった。だから、せっかくの外食を楽しんでほしくって」と。それを聞いて心の底から嬉しくなったし、どさんこ家に来てよかったと何度も思いました。ソムリエさんをはじめ、みなさんのおかげで楽しい札幌滞在のスタートがきれました。ありがとうございました。
終わり。

住所:〒064-0804 北海道札幌市中央区南4条西5丁目 レストランプラザ1F

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-すすきの, ビール, ワイン, 北海道, 居酒屋, 札幌市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.