沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

カフェ・喫茶店 ランチ 北海道 木古内町

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」道の駅隣にあるリーズナブルな喫茶店。

投稿日:2018年6月26日 更新日:

函館帰省中、ドライブの途中で木古内の道の駅に立ち寄りました。ランチ時でお腹が減ったね、何か食べようか〜と「どうなんde's Ocuda Spirits(どうなんデス オクダスピリッツ)」へ向かうと、メニューが1000円オーバーのメニューばかり。自分ひとりなら全然入店するんですが、大人4人、こども3人で立ち寄るにはちょっと高いかなーなんて... ということで、道の駅の近くにある「軽食喫茶CoCo(ココ)」へ改めました。こども連れでも安心できそうな、ラーメンのノボリにホッとします。

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」の外観。

店内に入ると、こじんまりとした喫茶店です。建物が新しく、最近できたであろうことはすぐにわかります。きっと北海道新幹線の区画整理などで新しくオープンしたんだろうなぁ。

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」の店内。

こちらは軽食喫茶CoCo(ココ)のメニュー表です。パスタ、ごはんもの、トースト、そば・うどん、ラーメンというメニュー構成です。価格帯も500〜700円と手頃。やはり、ここに来てよかった。こどもが食べやすいメニューが揃っています。

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」のメニュー表。

家族総出で注文を済ませ、辺りを見回すと本棚にびっしりと漫画本がそろっていました。壁には2014年に廃線となったJR江差線の記念切符です。いろんな思いが詰まっているんだろうなぁ。切符を眺めているとお料理が順々に届きました。

壁には江差線の切符が飾られていた。

あたしが注文したのは、醤油ラーメン(600円)です。具材はモヤシ、チャーシュー、メンマ、ネギ。ホウレンソウやナルトが懐かしい。

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」醤油ラーメン(600円)

スープはあっさり。油膜も薄っすら。昭和的な昔のラーメンでクドさやコッテリ感はなく、あっさり醤油に仕上がっています。

昔ながらのTHE醤油ラーメンだった。

麺は北海道的な縮れ麺。茹で具合は問題なし。北海道のラーメンといえば卵麺ですから、おそらくこれもそうなんだろうな。

麺は縮れの黄色い卵麺、かな。

チャーシューが意外とおいしかったです。厚みもあって、豚の脂が甘かった。

チャーシューが意外とウマかった。

最近よく食べるお子サマーには、ライス(150円)を注文しました。お茶碗にたっぷりごはん。思ったより多くてお子サマーだけでなくカーチャンまでお腹いっぱいです。

お子サマー用にごはん(150円)を注文。

こちらはおかんが注文した塩ラーメン(600円)。ひとくちスープをもらったら、塩の方が好みだったかも。

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」塩ラーメン(600円)

こっちはおとんが食べてた熱々の鍋焼きうどん(750円)。うどん好きなお子サマーが何本もおすそ分けしてもらってました。

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」鍋焼きうどん(750円)

これは妹が食べてたボンゴレビアンコ(700円)です。ああ、パスタを見て思い出しました。喫茶店といえばナポリタン!ナポリタン食べたかったなぁ(お子サマーへのおすそ分けを考えると、ラーメンまたはうどんの選択になりがち)。

木古内「軽食喫茶CoCo(ココ)」ボンゴレビアンコ(700円)

ということで、木古内の道の駅隣にある「軽食喫茶CoCo(ココ)」でランチを食べて来ました。ちびっこを含めて7人で訪れた後、お客さんは何組かやって来て、あっという間に店内は満席に。タイミング次第ではお料理ができるまで時間を要するかもしれません。ベビーチェアなどはありませんが、慌ただしい中お店の方にとてもよくしていただきました。木古内らしさを感じる食事はありませんが、駅近でありながらリーズナブルで入店しやすい街の喫茶店でした。
終わり。

住所:〒49-0422 北海道上磯郡木古内町本町535

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-カフェ・喫茶店, ランチ, 北海道, 木古内町
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.