パン屋(ベーカリー・ブーランジェリー) 松尾 沖縄本島南部 牧志公設市場 那覇市

那覇・松尾「天然酵母のパン しぶパン」を食べてみた。

投稿日:2016年7月5日 更新日:

とある週末、パンを買ってブランチしました。向かったお店は那覇・松尾の「天然酵母のパン しぶパン」。公設市場からも近いけど、まだ一度も行ったことがないお店なので、バイクを飛ばして行きました。

しぶパン,那覇,松尾

しぶパンの営業時間は朝10時〜夜8時まで。この日は朝11時前に到着したのですが、なんと!パンがほぼない。売り切れなのか、ランチに向けて焼いているのか。そのあたりは不明ですが、お店の方に伺ってタルトを出していただいて、3種類のパンを買って帰りました。

しぶパン,那覇,松尾しぶパン,那覇,松尾

ということで買ってきたパンはこちら。

しぶパン,那覇,松尾

まずは、黒糖あげパン(100円)をちぎってみました。ちぎる工程で、もっちり感が手に伝わります。何より驚いたのがパンの弾力。一度潰れたパンが元に戻るんです。それもあってか、柔らかだけどしっかりとした食べ応えでした。口に含むと黒糖がじゅわっと溶け、濃厚な甘さが広がって美味しい。

しぶパン,那覇,松尾

きなこあげパン(100円)も黒糖あげパンと同じくもっちりとした食感。懐かしい味です。

しぶパン,那覇,松尾

あげおパンを食べていると、ロールパンを頬張るご主人サマーが「ウマい!」と言いました。しぶパンのロールパンは、ロールちゃんという商品名。1こ90円です。

しぶパン,那覇,松尾

ロールちゃんを割ってみると、層がきめ細か。バターやジャムをつけなくても素材本来の味で美味しく食べられます。しぶパンは小麦粉・米・こうじで作られた天然酵母を使ったパン屋さん。天然酵母と聞くとクセがあるんじゃないか?と思いがちですが、しぶパンはそんなことは全くなく、美味しいパンでした。

しぶパン,那覇,松尾

そして、デザート感覚のエッグタルト。まだ商品棚に乗っていなかったものを、お願いして出していただきました。たぶん300円弱くらいだと思います。

しぶパン,那覇,松尾

持ってみると、ずっしり重たいです。優しい甘さのカスタードクリームがたっぷり詰まっています。これも美味しかった〜!コーヒーとよく合う1品です。

しぶパン,那覇,松尾

ということで、那覇・松尾の「天然酵母のパン しぶパン」でパンを買ってみました。後から調べたのですが、ショートニングやマーガリン、脱脂粉乳、パン型から外しやすくする離型油を使わないパンを作っているそうで、体に良さそうなお店だと思いました。しぶパンって名前から、結構シブめのクラシカルなパンなんじゃ?とか、苦いの?渋いの?とか思ってたんですが、実際はもっちり食感の体に優しいパン屋さんでした。今度はハード系のパンを食べたい!
終わり。

【2017年4月7日追記】

昨日、しぶパンの付近を散策していました。お店を覗いてみたら、パンの種類がたくさん並んでいたので、いくつか買ってみることに。

まずは、ぐるっチョ(ハーフ、300円)。ハーフサイズでも購入できるのが嬉しいですね。しぶパンのラウンド型パンは食パン的な生地で、ずっしりと重いんです。もっちりした食パンにビターなチョコレート。これ、トーストしてもおいしかったです。

「しぶパン」のぶるっチョ(ハーフ、300円)

お次は、ずんこ(100円)。ひとくちサイズのレーズンパンです。

「しぶパン」のずんこ(100円)

小振りのパンで、生地もシンプル。バターと一緒にいただきました。レーズン好きとしては、もうちょい入ってる方が嬉しいかな。

ずんこの断面。

もう1つ、バナッシュ(280円)というデニッシュ生地のパンも買いました。

「しぶパン」のバナッシュ(280円)

バナッシュには、その名の通りバナナが使われています。バナナと自家製カスタードクリームをデニッシュ生地に閉じ込めた感じ。甘くて朝にぴったりですね。ずっしりしているし、デニッシュ生地もリッチ感もあるので、満足感がありました。今回もハード系を買わなかったけど、これはこれで満足!

バナッシュには、バナナと自家製カスタードクリームをサンド。

住所:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目6-18

沖縄県那覇市松尾2丁目6-18

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩
 

-パン屋(ベーカリー・ブーランジェリー), 松尾, 沖縄本島南部, 牧志公設市場, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.