毎日ビール.jp

沖縄移住ブロガーのおいしいビール&グルメ情報【毎日ビール】

【閉店】台湾・台北「啜飲室 大安」でビールを飲んできた。

      2017/04/12

 - ビアバー, ビール, 台湾  -

台湾のクラフトビール好きさんとお会いすることになり、台北のビアバーに行ってきました。向かったのはMRT忠孝復興駅から5分ほどの場所にある、「啜飲室 大安(チュオィンシー ダーアン)」。お店の外には看板がなく、ほんとにここかなー?と不安だったけど、ガラス張りの奥にタップが見えたので入店しました。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

店内は広く、ゆったりとした作り。テーブル席とスタンディング席、立ち飲みカウンター席がありました。暗めの剥き出し照明もおしゃれで、都会的でアダルティな印象です。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

店内にはモルトが飾られていたり、ビールの本が並べられていたり。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

カウンターの内側にはタップがズラリ。店員さんもお客さんも若い人が多かったです。クラフトビール層が日本より若めなのか、それともこの啜飲室 大安が若者向けのエリアにあるのか... 英語圏のお客さんもチラホラいたけれど、圧倒的に地元・台湾のお客さんばかりでした。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

さて、台湾に来て初のビアバーのタップリストをチェックです。この日のラインナップは上海のボクシングキャットブルワリーのビールが勢ぞろい。10種のビールが繋がっていました。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

1杯目はアッパーカットIPL(250NTD)にしてみました。日本円で1000円くらい。このサイズで1000円か~と思ったんですが、ホップの苦味のほかに甘みも感じました。アルコール度数7.2%なので、じっくりゆっくり飲みましたよ。
ちなみに店名の「啜飲室 大安」というのは、翻訳すると啜って飲むとか一口ずつ飲むっていう意味があるようで、グビグビっと飲まずにゆっくり飲ませるようなビールを揃えているっていう意味の店名なんだろうなぁ。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

おつまみは、台湾でお馴染みの滷味(ルーウェイ)のみ。滷味は100NTD(日本円で400円くらい)で、お得感がありますね。滷味は煮込み料理なんですが、啜飲室 大安の滷味盛り合わせは、練り物・豆腐・卵・アヒルの手羽・ミミガーが盛られていました。中華系スパイスの香りと甘じょっぱい味付けが美味しかった!特に豆腐はパクパク食べてしまいました。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

啜飲室 大安はキャッシュオン式なんですが、お会計の度にレシートを手渡されます。1枚1枚ナンバリングされたレシートは、宝くじになっているんだそうです。レシート宝くじは脱税防止に始まったものだと、一緒に飲んでいたmiyabiさんが教えてくれました。面白い企画だなぁ!

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

2杯目のビールはホッピーブガーIPA(300NTD)、こちらは日本円で1200円程度。台湾は物価が安いと聞いていたけれど、最近の円安傾向とクラフトビールの相乗効果で、結構高いです。アルコール度数の濃いIPAだったんですが、ビールのお味は苦味もボディ感もあたしの好みで、いい具合に酔いました。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

3杯目は趣向を変えてクランベリーエール(200NTD、日本円で800円くらい)にしてみました。アルコール度数も4.1%と軽く、酔い覚ましの1杯になりました。心地よい酸味と軽い飲み口でスイスイ飲めちゃうんですが、スッパイとウマイの波が行ったり来たりするビールでした。思い出すだけでヨダレが出てくる...

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

啜飲室 大安にはところどころにコンセントがあるんですが、お客さんが自由に使っていいみたい。ビールを飲みながらスマートフォンを充電しているお客さんがいて、旅行客には心強いなぁ。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

日本語が話せるmiyabiさんに台湾のオススメ店やクラフトビール事情を伺いながら、楽しい時間を過ごしたなぁ。

啜飲室 大安,台湾,台北,ビアバー

ということで、台湾・台北に最近オープンしたかりの新進気鋭のビアバー「啜飲室 大安(チュオィンシー ダーアン)」でビールを飲んできました。台湾では女性が毎日のように飲み歩いてるのは、御法度じゃないにしろ「アイツ大丈夫?」って見られちゃうみたい。だから自宅でお酒を飲むんだって。マジか!うわー、ハシゴ酒大好きなあたしは台湾で生活できないよ! とはいえ、啜飲室 大安には若い3人組の女の子が飲みに来ていたし、この調子で少しずつハードルが下がっていけば、性別問わずパブクロールしやすくなるなぁと思いました。
終わり。

【2017年4月12日追記】

「啜飲室 大安」公式Facebookページによると、お店は2017年3月31日で閉店となりました。ただし、近い将来、何やら動き出そうとしてるみたい。

こちらの一文をGoogle翻訳すると

より良いサービスとクラフトビールの経験と台北市政府の都市再生プログラムとを提供するために、我々は店を展開することを決定し、より便利な場所に移動しました。

とのことですので、楽しみに待ちましょう!また、啜飲室の姉妹店があるのでそちらに足を運んでみるのも良いかもしれません。詳細はこちらの投稿をご確認ください。

住所:台北市大安區復興南路一段107巷5弄14號

台北市大安區復興南路一段107巷5弄14號

(*・ω・)つ 台湾で食べ飲み歩きしたいわん情報もどうぞー♩