沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ランチ 久茂地 沖縄の禁煙店 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

おいしい久茂地ランチは「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」にお任せ!

投稿日:2018年8月6日 更新日:

数ヶ月前に復職したら、久茂地に新しいお店が増えていました。この「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」も新店の1つで、2017年12月オープンだそうです。以前ミクリシンカワヤがあった場所といえばわかる人も多いのでは。その後ステーキ屋さんになったこともありましたが、今ではすっかりオシャレなビストロに大変身。夜に食べ飲み歩く時間があまり取れないので、ランチ営業で訪れてみました。

那覇・久茂地にある「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」の外観。

店内はカウンターが4席とテーブル席が複数。わりとゆったり過ごせます。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」の店内。

この先は、ランチのメニュー別でレポートしていきましょう。

ビストログロングロンのランチ、あれこれ。

牛肉のロースト キャベツのブレゼ添え(ドリンク付き、1000円)

ランチ営業をしていることに気付いてから、会社の同僚を誘って食べに行ってきました。ビストロ グロングロンのランチは毎日2種類あります。お店の外に看板が出ているので、何を食べようか考えながら入店します。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」、ある日のランチメニュー(その1)

初回、あたしが注文したのは牛肉のロースト キャベツのブレゼ添え。ドリンク付きで1000円。パンが1切れついてきます。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」のランチ、牛肉のロースト キャベツのブレゼ添え(ドリンク付き、1000円)

分厚いカットのローストビーフは5枚ほど乗せられていました。柔らかい肉質で、ソースもうまうま。

分厚いローストビーフが5枚も!

お肉のボリュームもしっかりですが、添えられたグリーンサラダもボリュームがあります。

ローストビーフだけでなく、グリーンサラダもいっぱい。

グリーンサラダの下にキャベツのブレゼが隠れていました。ブレゼとは、煮ると蒸すを合わせたようなフレンチの料理法だそうです。初めて聞きましたが、これがウマい!クタクタでトロトロ。お肉との相性もいいですし、パンと食べてもおいしかった!

キャベツのブレゼがとろけるウマさ!

ドリンクはコーヒー、紅茶から選べます。食後のホットコーヒーをいただいて、午後の仕事に向かいました。

食後のドリンクは、ホットコーヒーにした。

県産カンパチのポワレ トマトソース(ドリンク付き、1000円)

こちらは同僚が注文した県産カンパチのポワレ トマトソース(ドリンク付き、1000円)です。メインの食材に合わせて付け合わせがチェンジするようで、同僚のお皿にはグリーンサラダとバターライスが乗せられていました。お魚もおいしそう!

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」のランチ、県産カンパチのポワレ トマトソース(ドリンク付き、1000円)

鶏モモ肉のヴィネガー煮 バターライス添え+デザート(ドリンク付き、1300円)

また別の日のこと。おいしいものが食べたくて立ち寄りました。メニュー看板を見ると、「+300円でデザートございます」と書いている!試しに頼んでみよう。そう決めて入店しました。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」、ある日のランチメニュー(その2)

この日注文したのは、鶏モモ肉のヴィネガー煮 バターライス添え(ドリンク付き、1000円)です。骨付きのチキンレッグなんて上等!

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」のランチ、鶏モモ肉のヴィネガー煮 バターライス添え(ドリンク付き、1000円)

ナイフを入れると、お肉がホロホロ!ものすごく柔らかく、簡単にお肉と骨がバラけます。ヴィネガー煮なのでほんのり酸味で、添えられたバターライスと良く合います。ウマーイ!

鶏モモ肉のヴィネガー煮は、ほろほろのお肉であと言う間にほぐれてしまった。

この日の食後のデザートは、2種類から選べました。いただいたのは、チョコレートムース。濃厚で滑らかで甘くてウマッ!ただ甘いだけではなく、ベリー系ソースとブドウで酸味が加えらえて、変化も楽しめます。ホットコーヒーと合わせて正解でした。ビストロ グロングロンはデザートもウマいなぁ。

ランチには、+300円でデザート(チョコレートムース)をつけられる。

豚肉のグリル レンズ豆添え マスタードソース(ドリンク付き、1000円)

こちらは同僚が食べていた豚肉のグリル レンズ豆添え マスタードソース(ドリンク付き、1000円)です。豚肉がほんのりピンク色でいい焼き加減!レンズ豆もたっぷりでおいしそうでした。こりゃー次見かけたら注文しないと。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」のランチ、豚肉のグリル レンズ豆添え マスタードソース(ドリンク付き、1000円)

豚肉のコンフィ レンズ豆添え(ドリンク付き、1000円)

仕事が押してしまい、35分しかランチタイムが取れなかった日のこと。サクッとおいしいものを食べて午後に備えたいぞ、とまたまた行ってきました。この日は鶏と豚があるみたい。むむー、デザートを食べる時間はなさそう。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」、ある日のランチメニュー(その3)

この日いただいたのは、豚肉のコンフィ レンズ豆添え(ドリンク付き、1000円)です。ずっと食べてみたかったレンズ豆もたっぷり。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」のランチ、豚肉のコンフィ レンズ豆添え(ドリンク付き、1000円)

カウンター席に座って調理する様子をみていました。コンフィはステーキにになっています。表面カリッと、中はしっとり柔らか。脂の甘さもおいしかった!添えられたマスタードやサルサのようなフレッシュソースと合わせていただきました。

提供時間あっという間の豚肉のコンフィは、お肉が柔らか!

ずっと食べてみたかったレンズ豆。柔らかく煮込まれて、ボリュームがあります。考えてみると、炭水化物が少ない食事な気がします。沖縄の食事って丼いっぱいにご飯がドーン!みたいな定食が多いけど、ビストログロングロンはメインのお肉または魚にサラダと野菜や豆のサイド、それにフランスパン1切れという構成なので、意外とローカーボな予感!

レンズ豆のボリュームもたっぷり!

カンパチのポワレ キャベツのブレゼ添え+デザート(ドリンク付き、1300円)

同僚のママ友ランチを食べに行ってきました。入り口の看板を見た瞬間カンパチに決めた!と思ったけれど、牛肉のステーキもある!えー、これは悩む。どうしよう。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」、ある日のランチメニュー(その4)

牛肉のステーキはお給料日後にまわして、今回はカンパチのポワレ キャベツのブレゼ添え(ドリンク付、1000円)にしました。いつものように、パンが1切れついてきます。ホロホロのカンパチの身とソースがおいしー!さすがです、お魚は初めて食べたけど、本当においしい。キャベツのブレゼもとろとろでおいしい。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」のランチ、カンパチのポワレ キャベツのブレゼ添え(ドリンク付き、1000円)

+300円でデザートもつけました。このところ育児で頑張ったので、たまの贅沢です。硬めのカスタードプリンは、苦味しっかりのカラメルが大人の味。コーヒーと相性抜群。ビストログロングロンのデザートを食べたのはこれが2品目ですが、今回もおいしかったなぁ。平日のおいしい久茂地ランチは、このお店がイチバン!

ランチには、+300円でデザート(カスタードプリン)をつけられる。

牛肉のステーキ(ドリンク付き、1500円)

仕事でランチタイムが押してしまい、13時過ぎに開いてるお店があるかなぁと久茂地を歩いていた時のこと。何気なく通りかかったビストログロングロンの看板を見ると、ランチのL.O.は14時とのこと。よかった、お昼を食いっぱぐれずに済みそう。この日の豚・鶏・牛というラインナップでした。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」、ある日のランチメニュー(その5)

午前中にとっても緊張するお仕事があったのですが、無事に乗り越えられた自分を甘やかそうという理由づけで、ついに牛肉のステーキに手を出しました。パン・ドリンク付き1500円の高級ランチです。久茂地界隈の路上販売弁当、4回買えますね。しかし、おいしさはここの店には絶対的に叶わない。だからこそ、たまのご褒美ステーキなのです。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」のランチ、牛肉のステーキ(ドリンク付き、1500円)

焼き加減は指定していませんが、ミディアムレアでやってきました。しっかり味付けのステーキ肉で、赤身の旨味も、ジュワッとした脂身もいい感じ。ほんのり酸味のソースもおいしいです。端っこの焦げかかったカリカリ食感も香ばしくておいし〜!何グラムあるんでしょう、お腹はしっかり満たされました。

ビストログロングロン)」の牛肉のステーキは、ミディアムレアの焼き加減でほんのりソースがウマい。

牛肉ステーキに添えられたマッシュポテト。非常に滑らか。ミルキー過ぎない、シンプルな味が好み!肉とともに、パンとともに、そのままでももちろんおいしかったです。写真見てたらお腹減ってきた〜。

ビストログロングロン)」のランチ、牛肉のステーキに添えられたマッシュポテトもなめらかでおいしい。

骨付鶏モモ肉のポトフ(ドリンク付き、1000円)

沖縄出張にやってきた同僚が「あの新しくなってる店に行きたい」とビストログロングロンをご指名。那覇大綱挽まつりの綱がメニューに飾られていました。沖縄もすっかり秋めいてきました。ランチニューも季節を感じさせます。

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」、ある日のランチメニュー(その6)

そうなのです、秋なのです。まだまだ半袖で過ごせる沖縄ですが、骨付鶏モモ肉のポトフ(ドリンク付き、1000円)を注文しました。新しいメニューがあれば、必ず試してみることにしてます。大きな鶏モモ肉に大根、ニンジン、じゃがいも、タマネギ。どれもほどよく柔らかく、絶妙な火の通し具合。何より骨付鶏モモ肉の旨味が野菜にしっかり含まれて、優しくおいしかった...

那覇・久茂地「Bistro Groin Groin(ビストログロングロン)」のランチ、骨付鶏モモ肉のポトフ(ドリンク付き、1000円)

骨付鶏モモ肉は案の定のホロホロ具合。あっという間にバラけます。どうしたらこんなに柔らかくなるのでしょう。ポトフのスープにバゲットを浸して完食しました。秋にふさわしいお料理をご馳走さまでした。

ビストログロングロン)」のランチ、ポトフはお肉がホロホロでめちゃくちゃおいしい。

まとめ

ということで、那覇・久茂地の新店「Bistro Groin Groin(ビストロ グロングロン)」でランチを堪能してきました。あたしはおいしい食事を食べたいです。もうアラフォーですし、そんなに外食もできないので、食の傾向が多少高くてもウマかろうへと変化しています。周辺店と比べると、このお店のランチは若干高いです。でも、たまにの外食ではおいしいものが食べたいし、この味で1000円は安いです。だからリピート確定だし、いいお店に出会えたなぁと思うのです。

余談になりますが、お店のInstagramを見て知ったのですが、お店の方のお子さんとうちの子の年齢が近いんじゃないかな、と思うのです。お店は完全禁煙ですし、子連れで食べに行きやすい環境でもあります。そのうちママ友と行きたいなーなんて思い描いてます。当面はランチばかりになりそうですが、夜食べに行くチャンスがあれば追記しようと思ってます。
終わり。

住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2丁目4-14 エイトビル1F

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 久茂地, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.