ランチ 五反田 関東・甲信越

五反田の老舗「グリルエフ」で裏メニューのハヤシライスを食べてきた。

投稿日:2014年6月9日 更新日:

五反田東口のバスターミナルから小路に入ったところに、ずーっと気になっていたお店がありました。建物に這う蔦?木の根?が、そのお店の古さを象徴しているようです。ここは「グリルエフ」という洋食店。看板のフォントがちょっと怖いです。

五反田,グリルエフ,洋食,ハヤシライス

いったいどんな店なんだ?と検索してみたところ、昭和25年創業の老舗レストランでした。お店の中はまさにレトロ。メニューもこんな風に手書きです。

五反田,グリルエフ,洋食,ハヤシライス

せっかくメニューを受け取りましたが、あたしは裏メニューのハヤシライス(1200円)をオーダーしました。初潜入なのに裏メニューを頼めるのか!?という心配をよそに、ごく普通に注文を受けてもらいました。オーダーが入ってからタマネギと牛肉を炒めだすシェフ。1階カウンターからは調理の風景がまるっと見えます。

五反田,グリルエフ,洋食,ハヤシライス

ハヤシライスって、カレーのように煮込まれたものではないんだっけ?!という昔の記憶を引っ張り出してる間にフランベされ。真っ黒なデミグラスソースが入り、何度かフライパンを煽って完成。あっという間にハヤシライスが出来上がりました。

五反田,グリルエフ,洋食,ハヤシライス

ポットに盛られた牛肉とタマネギの山!ハヤシライスに薄切りマッシュルームも入っていて、「わ~本格派だなぁ~」と感動したあてくしは洋食初心者です。これを別盛りのライスにドーン!

五反田,グリルエフ,洋食,ハヤシライス

ハヤシライスってカレーのようにルウがあるもんだと思っていましたが、このお店では汁っ気がほぼありません。タマネギのシャキシャキ感と牛肉の味が濃厚で、最後の方は米が足りなくなりました。注文時に「ご飯の量が結構あるので少なくしますか?」と店員さんに言われたのですが、通常盛りにすれば良かった!添えられている薬味のラッキョウと福伸漬けで、油っぽさが軽減しますね。そういえば薬味として紅ショウガもあったけど、なんだか洋風牛丼みたくなりそうだったのでやめておきました。(お店の近くに吉牛があって、ここと吉牛を並列にしてはいけない気がしたので。)

というこで、グリルエフさん初潜入はあっという間に完食でした。カニコロッケをオーダーしてるマダムがおりまして、とても興味深かったので次回はそれにしようかな。お店の場所が怪しい小道にあるし、看板のフォントもおどろおどろしいので、きっと入店を躊躇してしまうと思いますが、五反田の思い出に是非ご入店くださいませ。
終わり。

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目13-0

東京都品川区東五反田1丁目13-0

(*・ω・)つ 五反田食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 五反田, 関東・甲信越
-, ,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.