インドカレー ランチ 神楽坂・飯田橋 関東・甲信越

神楽坂「想いの木」雰囲気と接客が素晴らしいインドカレー屋さん。

投稿日:2014年3月18日 更新日:

先日のパブクロール当日、お昼過ぎに神楽坂駅に降り立ちました。滅多に来ない町なのでランチ処に迷ってしまい、神楽坂沿いでいろいろ見た結果、気になるお店が多すぎて逆に悩む!こんなときはカレーだな〜と、神楽坂沿いにある「想いの木」へ行ってみました。この暖簾の奥に2階へ続く細い階段があります。お店の入り口がわかりにくいというのは事前情報でわかっていましたが、それでもやっぱり見つけられず、気が付いたら神楽坂を下りきり飯田橋まで歩いてしまいました。道を戻って、神楽坂上の交差点から少し神楽坂駅寄り、と意識して歩けば「想いの木」さんは見つかるかも。

神楽坂,想いの木,カレー,ランチ,日曜

インドカレー屋さんに来たのに、店内は上品な和の雰囲気。店員さんの服装もギャルソン風、接客ひとつひとつがとても丁寧で、高級フレンチでも食べに来ているかのようです。このお店が女性受けがいいだろうことはすぐにわかりました。

神楽坂,想いの木,カレー,ランチ,日曜

さて、席についてランチメニューを選びます。おしながきの名前も少し変わっています。いろいろ食べてみたかったあたしは、ハーフカリー2種が選べて、ハーフナンとハーフサフランライスが食べられる「木への想い(1100円)」をオーダーしました。

神楽坂,想いの木,カレー,ランチ,日曜

こちらはランチについてくるサラダ。ドレッシングにすりおろした人参が使われていて、自然な甘みがとてもおいしかったです。これは真似したいなぁ。

神楽坂,想いの木,カレー,ランチ,日曜

こちらが「木への想い」です。先ほども書いた通り「木への想い」はハーフカレー2種、ハーフナンとハーフサフランライスがついてきます。辛さも少辛・中辛・辛口と選べるため、あたしは辛口をオーダー。カレーは「大地の四季物語カリー」と「マトンカリー」を選びました。

神楽坂,想いの木,カレー,ランチ,日曜

「大地の四季物語カリー」はいわゆる野菜カレーなんですが、クミンシードがたっぷり入っていておいしい!ハーフサイズながらも、銀杏、じゃがいも、かぼちゃ、インゲン、トマト、人参、レンコン、生姜と、野菜がたっぷりと入っていました。「マトンカリー」はカルダモンがきいてまして、お肉が柔らか&脂身の甘みがとってもおいしいカレーでした。

神楽坂,想いの木,カレー,ランチ,日曜

サービスマインドが伝わるお店ってなかなかありませんが、こちらの想いの木さんはお店に入った瞬間からいいお店だな~と感じました。席に案内され腰かける際にイスを引いてくれたこと、それほど長いするわけでもないのにコートを預かってくれること、お冷がレモンフレーバーだったりおしぼりの出し方が丁寧だったり、メニューの詳しい説明を教えてくれ、カレーに使われている野菜の産地紹介もしてくれるんです。お料理の味のみならず、接客スタイルで心がけているものがとても素晴らしい。ホスピタリティの高さにいい気分でお店を後にしました。
終わり。

住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-22 KS神楽坂2F

東京都新宿区神楽坂5-22

(*・ω・)つ 東京食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ



  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-インドカレー, ランチ, 神楽坂・飯田橋, 関東・甲信越
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.