沖縄那覇空港(国内線)の「ANAラウンジ」を子連れで使ってみた。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジ記事のMV

那覇空港(国内線)のANAラウンジを利用する機会がありました。保安検査場を通過した先にあり、一定の利用条件が設けられた施設です。2019年9月にリニューアルしたそうですが、初めての利用のため前後比較はできません。ということで、さっそくレポート行ってみよ〜!

沖縄那覇空港(国内線)のANAラウンジを利用してみた

利用条件

那覇空港のANAラウンジは誰もが利用できるものではなく、一定の利用条件をクリアしなければなりません。条件はこんなところ。尚、世界中で使われているプライオリティ・パスでは利用できません。

ANAラウンジ利用条件

  • ANAプレミアムメンバーである
  • ANA ミリオンマイラープログラム「ラウンジアクセスカード」を所有している
  • 国内線プレミアムクラスまたは国際線ファーストクラス・ビジネスクラスプレミアムエコノミーを利用する
  • ANAカードプレミアムを所有している
  • スターアライアンス・ゴールドである
  • ANAスイートラウンジ利用券を所有している

ANAラウンジの入り口にもこんな掲示がありました。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジに入れる人は限られている

今回わたしは那覇空港から出発する便をプレミアムクラスに事前アップグレードしていたので、ANAラウンジを利用できました。プレミアムクラスに事前アップグレードしても、そもそも出発空港にANAラウンジがなければ利用できません。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジに入るため、プレミアムクラスシートを利用した

ANAラウンジのメリット

慌ただしく搭乗することもあれば、余裕を持って空港滞在することもあるでしょう。搭乗前にわざわざANAラウンジに立ち寄るのは、搭乗前の時間潰しだとかPC作業が必要な時かなぁ。あとは長期連休などの繁忙期にも使いたいなぁと思いました。実際利用して思ったメリットを書いてみます。

利用メリット

  • 専用保安検査場を利用できる
  • 混雑した出発ロビーで空席探しせずに済む
  • 時間潰しできる
  • 無料のドリンク・スナックをいただける
  • Wi-Fi(無線LAN)が飛んでいる
  • 電源を確保できる
  • トイレや授乳室など完備されて便利
  • 騒がしくなく快適
  • ちょっといい気分になれる

ANAラウンジの雰囲気

今回、那覇空港の一般的な保安検査場通過後にANAラウンジへ向かいました。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジの入り口

搭乗ゲート側から入ると受付があり、そこで搭乗券を提示します。初心者なので念のため「プレミアムシートをする場合、ここを利用できると聞いて訪れました」と伝えると、受付スタッフが「もちろんです。搭乗券を確認させていただきます」とウェルカムな回答をしてくださったのが心地よかったなぁ。

受付を済ませた先に臨むANAラウンジ。わくわく!

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジの通路

トイレやロッカーなどを完備

ANAラウンジ内には男女別のトイレはもちろん、多目的トイレや授乳室、おむつ交換台、手荷物ロッカー、喫煙室が用意されていました。その他、個室の通話スペースやコピー・ファックス機もありビジネス対応もバッチリです。

自動チェックイン機

自動チェックイン機も用意されています。わたしのようなシロウトは「チェックインを済ませた後に保安検査場を通過するのでは...?」「これ、利用する人はいるの?」と設置されている理由がわかりませんでした。しかし、この日自動チェックイン機を利用している他の搭乗客がいて驚きました。もしかすると乗り継ぎの手続きもできるかもしれないし、マイレージ登録や様々な確認などをANAラウンジ内で完了できるのは強みなのかも、と思い直すことに。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジには自動チェックイン機が配置されていた

ラウンジ内の様子

わたしは子ども同伴でPC作業をしたかったので、席が近くなりそうなテーブル席の角っこを利用しました。ラウンジ内は有名な建築家さんが監修したデザインなんだそうで、さらにテーブル上には木工作品が飾られて上質な空間を演出しています。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジのテーブル席

那覇空港のANAラウンジ内にはテーブル席・カウンター席・ソファー席・ベンチシートなどがあります。滞在スタイルに合わせて座る席を変えられるのがよいですね。食事も持ち込み可なので、出発ロビーのA&Wや到着ロビーのポーたまを食べている人も見かけました。ちなみにこのラウンジには窓がなく、滑走路や離発着する飛行機を眺めることはできません。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジのベンチシートやソファー席

電源・USBコンセント

こちらのラウンジは各席に電源があります。USBコンセントも用意され、PCとスマホの充電を同時に行えて便利です。席によっては足元にコンセントが設置されている場合もあるようなので、長いケーブル類だと良いかもしれません。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジのテーブル席には電源が完備(通常コンセントとUSB給電)

子連れ利用もOK

今回わたしは子どもと一緒に利用しました。那覇空港のANAラウンジにはキッズ向けの遊び場がなく、またおそらく雑誌類もないだろうと予測していたため、自宅から絵本を持ち込んでみることに。無料のジュースとスナック(おかき)をいただきながらしばらく静かに絵本を眺めていました。子どもが静かなうちカーチャンはラウンジ内を見学してきます。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジで大人しく絵本を読んでてもらう

ドリンクカウンター

こちらは無料のドリンクカウンターです。コロナ禍とあって出入りのたびに手指の消毒が必要です。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジのドリンクカウンター

ビールの自動サーバーがありました。ビール銘柄は日本の大手メーカーのもの。左からオリオン ザ・ドラフト、サッポロ黒ラベル、キリン一番搾り、サントリー ザ・モルツとなっています。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジの生ビールディスペンサー(オリオン ザ・ドラフト、サッポロ黒ラベル、キリン一番搾り、サントリー ザ・モルツ)

1杯目はサッポロ黒ラベルをいただきました。冷蔵庫からグラスを取り出し、自動サーバーに置いてボタンをポチリ。泡:液体が黄金比のビールが注がれます。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジでサッポロ黒ラベルをいただく

その他のお酒類は泡盛(菊の露)をウィスキー(メーカーズマーク)、それとハイボールのサーバーもありました。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジの泡盛とウイスキー

無料のスナックは日本全国で共通のおかき。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジにあったおつまみ(おかき)

ソフトドリンク類も揃っています。こちらはコーヒーメーカー。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジのコーヒーマシン

ティーパックもあるし、ドリンクバーと同じジュースの機械もありました。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジのお茶類

フライトまでまったりと

出発便まで1時間余り。サッポロ黒ラベルをいただきながら空港でゆっくり過ごします。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジで、ビールとおつまみをいただく

このおかき、いろんな味が入っておいしいですね。子どもにはやや辛いものもあったようですが、ビールのアテにピッタリでした。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジのおつまみは全国共通らしい

フライトを控えているので、飲み過ぎは禁物。2杯目はオリオン ザ・ドラフトをトマトジュースで割ることに。

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジでビールとトマトジュースを持ってきた

タバスコを垂らしたトマトジュースとビールで、やや辛口のレッドアイが出来上がり。おいしかった!

沖縄那覇空港の国内線ANAラウンジで、レッドアイを作っていただく

まとめ

ということで、沖縄那覇空港(国内線)にある「ANAラウンジ」を利用してみました。一定の利用条件が必要なためか、そんなに混雑することなく席に余裕がある状態でした。子連れで利用できますが、必要以上に騒がず、静かに滞在したい場所です。わたしのような一般層でも事前アップグレードで利用できます。その他だとビジネス利用、上級国民、修行僧あたりじゃないと使うことはないかも。ミーハーなわたしとしては、ANAラウンジ内を知れて楽しかったです。
終わり。

お店の情報

店名那覇空港(国内線)ANAラウンジ
住所〒901-0142
沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港 国内線旅客ターミナルビル
営業時間6時5分〜最終便出発まで
定休日なし
駐車場那覇空港立体駐車場


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユッキー

毎日ビールを飲みながら、沖縄グルメや遊び、旅のブログを書いてます。ホップの効いたビールが好き。北海道→東京→横浜→沖縄移住8年目。

-国内の空港, 小禄エリア, , 日本の空港ラウンジ, 沖縄本島南部, 沖縄県, 空港, 空港ラウンジ, 那覇市, 那覇空港, 都道府県別, 鏡水
-