沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

PR ランチ 伊江島 伊江島ブロガーツアー 沖縄本島北部 沖縄県

伊江島フェリーターミナル「海人食堂」でランチを食べてきた。

投稿日:

伊江島ブロガーツアー三日目。伊江港ターミナル(伊江島はにくすに)の2階にある「海人食堂」でランチを食べました。前日のランチで暴れたお子サマーはこの日は多少大人しくて助かりました。いや、一緒にランチを食べた民泊ホストの加津美さんに助けられた面も多く、素材をしっかり堪能できることのありがたみを感じながらの食事でした。

本部港フェリーターミナルの外観。

こちらが海人食堂の入り口です。シイラとかカジキっぽいのが飾られています。フェリー乗り場付近の飲食店はそんなに多くないので、こちらのお店はイベントや民泊ツアーなどで貸切になることも多いかもしれません。

伊江島のフェリーターミナル2階にある「海人食堂」の入り口。

海人食堂の店内です。テーブル席ばかりで、子連れにはちょっと厳しいかな。うちの子のように2歳近くなってしまえば、椅子に座らせてなんとか食べさせられるかも、。子連れではあまり訪れないお店かもなぁ。

伊江島のフェリーターミナル2階にある「海人食堂」の店内。

海人食堂は券売機で食券を購入するスタイルです。券売機の上に見本がありますが、丼ものは大・小から選べます。

伊江島のフェリーターミナル2階にある「海人食堂」は券売機で食券を購入する仕組み。

壁には食事メニューの写真が貼られていました。券売機だけではイメージつけにくいので、こういうフォローはありがたい。

伊江島フェリーターミナル2階「海人食堂」の写真付きメニュー表。

伊江島ブロアーツアー参加者たちがいただいたのは、刺身定食(1000円)です。海に囲まれ、漁業や養殖も盛んであろう伊江島ですから、海産物食べたいと思ってたんですよね。嬉しい!

伊江島フェリーターミナル2階「海人食堂」刺身定食(1000円)

この日のお刺身は4種類。2種類のマグロにスズキ、イカです。スズキの脂乗りがとてもお気に入り!お刺身ラブ〜!

伊江島フェリーターミナル2階「海人食堂」刺身は4種類乗っていた。

刺身定食には、魚てんぷらもついてきました。身が柔らかく、お子サマーでも食べやすいです。あとはもずく酢もセットになっていました。

伊江島フェリーターミナル2階「海人食堂」刺身定食についてくる魚てんぷら。

食後、伊江島ブロガーツアー参加者たちは、わくわくくらぶ in 伊江島によるガイド付きの島内散策へと向かいました。このガイド付き島内散策に少しだけ参加して初めて知ったのですが、この被爆慰霊碑は太平洋戦争後に起きた米軍爆弾処理戦の爆発事故を慰霊するものだそうです。悲惨な事故が起きていたなんて知らなかった...

伊江島フェリーターミナル2階「海人食堂」で食事した後は、伊江島散策へ。

あたしは途中までベビーカーを押して参加していたのですが、ウォーキング開始300mでお子サマーがお昼寝してしまい... フェリーターミナルへUターンすることにしました。参加者たちは1キロ先の伊江島タッチューまで歩き、登山したそうです。ちょこっとしか参加できませんでしたが、伊江島の歴史や植物・土地を学ぶには、ガイド付きの散策がベストですね。最後まで参加したかった〜。

伊江島フェリーターミナル2階「海人食堂」でランチを食べ終わり、伊江島タッチューへ向かう一向。

ということで、伊江島のフェリーターミナル2階にある「海人食堂」で海の幸を食べてきました。伊江島ブロガーツアーに参加して初のお刺身だったかも。新鮮な魚介が食べられるはずなので、もっとお刺身推しでもよさそうですよね。白身漬け丼とかまぐろカツ丼とか食べてみたいな。ご馳走さまでした!
終わり。

住所:〒905-0503 沖縄県国頭郡伊江村川平519-3 伊江港ターミナル2F

タッチュー/^o^\<他にも伊江島ブロガーツアー記事があるよ!

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-PR, ランチ, 伊江島, 伊江島ブロガーツアー, 沖縄本島北部, 沖縄県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.