ビール 九州 福岡県

福岡「とり田 博多本店」お初の博多名物・水炊きは鶏の旨味が濃ゆい!

投稿日:

少し前に福岡に行ってきました。福岡に行く時には福岡在住ブロガーのうしぎゅうさんにお声がけして、一緒にご飯を食べに行ってもらうのが定例になりつつあります。今回もうしぎゅうさんオススメの博多名物・水炊きのお店「とり田 博多本店」へ行ってきました。中洲川端駅近く、博多座の裏手にあります。水炊きって福岡の郷土料理なのですが、本場の味を食べるのは今回が初めて。

福岡の「とり田 博多本店」で博多名物の水炊きを食べに行ってきた。

店内に入ると、2階の広い客間に通されました。落ち着いた和の雰囲気です。予約時間が17時だったこともあり直前での予約もすんなり通りましたが、この後あっという間に満席になったので、来店の際は予約必須だと思いました。

「とり田 博多本店」の店内。2階席の大広間に案内された。

我々が案内された客席は、窓側の一番端っこです。ここには畳一畳ほどのスペースがあり、子供を遊ばせておくのに最適でした。

子連れで予約したためか、空きスペースがついた客席に案内してもらった。

さて、まずはビールで喉を潤します。とり田博多本店の樽生ビールは、キリン一番搾り(580円)でした。久々に一番搾りの樽生を飲んだ気がするぞ〜。

「とり田 博多本店」の樽生ビールはキリン一番搾り(580円)。

ビールを飲みながら、注文をどうするか相談します。とり田は水炊きのコースとアラカルトがあります。我々は自由気ままに好きなものを注文しようと、水炊きを単品で注文しました。

「とり田 博多本店」の水炊きメニュー。コースもアラカルトもある。

水炊きの他にも福岡らしい一品料理がそろっています。こちらも好きなものを注文しましょ。

水炊きの他、一品料理も注文できる。

まずやってきたのは、博多名物ごまさば(900円)です。福岡といったらごまさば!これを食べねば始まりません。お店によって味が異なるのですが、とり田のごまさばは、臭みのない新鮮な鯖に、濃厚な胡麻ダレがよく合います。日本酒が欲しくなる!

福岡「とり田 博多本店」の博多名物ごまさば(900円)

自家製辛子明太子(900円)は、塩気も辛味も控えめで上品なお味。これも日本酒が恋しい!

福岡「とり田 博多本店」の自家製辛子明太子(900円)

唐揚げ(850円)には、ぶつ切り、もも切り、むね切りと鶏肉の部位が複数入っています。サクサクの衣にはしっかり味が付けられ、柔らかでジューシーなお肉はウマかったなぁ。

「とり田 博多本店」の唐揚げ(850円)には、ぶつ切り、もも切り、むね切りと部位が複数入っている。

そして、とり天(850円)がこれまたウマい。薄切りのムネ肉を天ぷらにしているのですが、サクサク食感とお肉の柔らかくてジューシーな対比がいいのです。これ、また食べたい!

「とり田 博多本店」のとり天(850円)

一品料理で鶏肉を満喫しておりますが、この日のメインは水炊き(単品1人前2800円)です。我々が一品料理を食べている傍で、店員さんが水炊きをせっせと作ってくれていました。

福岡「とり田 博多本店」の水炊き(単品1人前2800円)は店員さんが作ってくれる。

まず店員さんから手渡されたのが、こちらの水炊きのスープ。黄金がかった白濁スープは非常に鶏の風味が濃ゆくて驚きました。鶏の出汁がぎゅ〜っと詰まっているのでしょう、香りが強くて本場の水炊きに納得です。このスープにお塩や柚子胡椒を入れると味がかなり変わります。お塩を入れた時に味がシャープになり鶏感がほどよく薄れました。おもしろい!こうして味を変えていただくのが水炊きの醍醐味なのかもしれません。

まずは水炊きのスープをいただく。

お肉に火が通ったところで、博多葱とともに盛り付けてもらえます。この日は長崎産の朝びきの鶏でした。日によって仕入れ先を変えながら、常にベストなおいしい水炊きを提供しているんだそうです。ぶつ切りのお肉なので、骨に気をつけながらいただきます。

水炊きの肉はもも切り身、むね切り身、ぶつ切りが楽しめる。

店員さんが離れた後は、自分たちのペースで水炊きをいただきます。寒い時期だったので、暖かい鍋が嬉しいですねぇ。水炊きって若い頃には見向きもしなかったのに、年齢を重ねて行くうちに食べたくなっていった、と話をしながら箸を進めます。

水炊きができあがったら、あとは客席で自由に食べることができる。

このつみれ、妙に赤いので気になりました。もも肉や胸肉だけでなく、粗挽きの砂肝を合わせているんだそうです。軟骨入りは食べたことがありますが、砂肝入りは初めて!

つみれもウマかった。

とり田の水炊きを食べる上で欠かせない調味料が、こちらの黄金ぽん酢。カツオや昆布、干し椎茸の出汁と橙酢を合わせて作られたとり田特製のぽん酢です。結構酸味が強めだと思ったのですが、それがウマいんだなぁ。水炊きだけではなく、一品料理の唐揚げやとり天にもかけて食べました。お店のレジ前で売っているので、お土産に購入も可能です。

お出汁のような「とり田 博多本店」の黄金ぽん酢がウマい。

最後の方はサッポロラガー(中瓶、580円)に切り替えて食べ飲みしました。日本酒が恋しくなるお料理が多かったけれど、この後の予定もあったのでセーブ、セーブ!

途中で、サッポロラガー(中瓶、580円) に切り替えた。

水炊きの最後は、雑炊か博多ラーメンなんだそうです。だいぶ満腹だったのですが、せっかくだからと雑炊セット(1人前600円)をお願いしました。雑炊はお店の方が作ってくれるのですが、作業の時にお子サマーと遊んでくださり、おかげで終始ご機嫌でした。店員のおねえさん、ありがとう。

シメの雑炊セットを作ってくれる店員さん。

こちらがシメの雑炊です。明太子は単品で注文したものを乗っけたので、セットには含まれません。水炊きのスープに鶏肉、野菜などの旨味が加わり、最高の雑炊でした。お腹いっぱいなのにスルスル入っていっちゃう!

お鍋の出汁をしっかり味わう雑炊セット(1人前600円)もウマかった。

ということで、福岡の「とり田 博多本店」を訪れました。今回初めて本場の味を食べたことで、水炊きに対する指標ができました。あと何回か経験すれば水炊きの好みとかもわかってくるんだろうなぁ。福岡の人はいいな、身近に水炊き屋さんがいっぱいあって。そうそう、とり田博多本店のメニューを見返して気付いたのですが、水炊きに入っているキャベツ・人参・えのきは追加無料です。これ、嬉しいサービスですね。すっかり見逃していたので、忘れないよう書き残しておきます。
終わり。

住所:〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町10-5 博多麹屋番ビル

(*・ω・)つ 福岡食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ビール, 九州, 福岡県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.