ランチ 沖縄本島中部 浦添市

浦添「海鮮食堂 太陽(てぃーだ)」でデカ盛り天丼を食べてきた。

投稿日:2015年8月27日 更新日:

先日、デカ盛りにもホドがある!なお店へ連れてってもらいました。向かったのは浦添は牧港漁港の「海鮮食堂 太陽(てぃーだ)」。ティーダとは沖縄の方言で太陽を意味しますが、こちらのお店、見た感じちょっと大きいスーパーハウス。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

店内に入ると、家族連れのお客さんでいっぱいでした。13時を過ぎてるのに、我々の後からもわんさかお客さんがやってきます。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

お店の名前が「海鮮食堂 太陽(てぃーだ)」ですから、もちろん海鮮系のメニューがそろっています。マグロ丼、魚の煮付けやバター焼き、マース煮、魚汁定食など。沖縄そば、焼きそばもありました。でも、ここはデカ盛りで有名な海鮮天丼を注文することに。海鮮天丼のサイズは2種類。大と小があります。デカ盛りの天丼を食べた後、胃がモタレたらやだな~と思ったので、今回は小(750円)にしました。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

店内の混雑を避け、テラス席でランチすることに。サーキュレーターを設置してくれていますが、夏場はやっぱり暑いです。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

待つこと10分もかかったでしょうか。店内の賑いっぷりに反して、あっという間に海鮮天丼(小)がやってきました。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

どうでしょう、太陽(てぃーだ)の海鮮天丼。横からも見てください、うず高く積まれた天ぷらのボリューム感が伝わりますね。小でこのボリューム、これはすごい!この時点で750円は安いと思いました。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

丼ぶりからはみ出した天ぷらもいます。盛り付けられた天ぷらは、エビ天は2つ、イカ、インゲン、魚2種、かき揚げ、ホタテ、ちくわ。こんもり盛られた天ぷらの山を目の前にして、食べきれるのか...

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

では、さっそくいただきましょう。太陽(てぃーだ)の海鮮天丼、まずはエビ天から。ベタつきのないサクッとした食感を残しつつ、油切れもほどよい天ぷら。タレは甘めであたし好み。期待通りおいしい天ぷらです。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

天ぷらを頬張ったらごはんも食べたいのですが、天ぷらが邪魔してごはんが見えません。そこでごはん発掘のために天ぷらをいくつか移動して、米エリアを確保します。太陽(てぃーだ)のお米は炊き具合が固めで、これまたあたし好み。おいしい!

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

この白身魚も美味しかった。魚自体の味は淡白ですが、天ぷらの衣とタレと魚の相性が良くてごはんが捗ります。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

紅ショウガ入りのかき揚げも美味しかった!このあたりで完食を確信。小サイズなら一人で食べきれるわ!

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

海鮮天丼と一緒についてくる赤だしのお味噌汁も、いいサポート役になってくれました。天丼に飽きそうになったら赤だしをいただき、また天丼に戻るのループ。いいバランスです。おかげでほぼ一人で海鮮天丼(小)を食べきりました。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

ちなみにこちらはご主人サマーが注文した、海鮮ティーダ丼(850円)。魚やエビのお刺身、海ぶどうも盛られています。こちらは脂っこくもないし、サイズ感的にもベロリと食べ切れそう。

てぃーだ,太陽,浦添,牧港漁港,天丼

ということで、浦添は牧港漁港の目の前にある「海鮮食堂 太陽(てぃーだ)」でデカ盛り海鮮天丼を食べてきました。今回は躊躇して小サイズの天丼にしちゃったけど、これは大サイズでもイケたんじゃないの?!とも。ご家族連れが多い理由も、このボリューム感なんだろうな、と思いました。大サイズをお子さん2人で食べ分けるとか、お母さんとお子さんが一緒に食べるとかできるもんなぁ。次回はあたしも大サイズをオーダーして、ご主人サマーに手伝ってもらいつつ食べ切りたいと思います。
終わり。

住所:〒901-2131 沖縄県浦添市牧港5丁目22−2

沖縄県浦添市牧港5丁目22−2

(*・ω・)つ 沖縄のランチ情報もどうぞー♩ 

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 沖縄本島中部, 浦添市
-, ,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.