毎日ビール.jp

沖縄移住ブロガーのおいしいビール&グルメ情報【毎日ビール】

プラハ「Pivovarsky Klub」でチェコのクラフトビールを飲んできた。

ビールの本場・ドイツ&チェコの旅。昼間から黄金の虎でたっぷりビールを飲んだ後は、一度ホテルに戻って昼寝。そして夜9時くらいに目覚めて、再度プラハの街へと向かいました。今回の目的地はホテル近くのビアバー「Pivovarsky Klub(ピボバルスキークラブ)」。こちらのお店にはクラフトビールがいっぱいあるらしい、という事前情報があっての来店です。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

さっそく店内へ。客席も広々としています。ピボバルスキークラブの1階にはタップが6種類と、ボトルビールがズラリ!どうやら好きなボトルを選んで飲むことができるみたいですね。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバーPivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバーPivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

ボトルビールを眺めていると、超有名なIRON MAIDENのビール・Trooperもありました。エディ〜!

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

1階席でも飲めますが、我々は地下にある客席へ通されました。ピボバルスキークラブの地下席はビアホール感があってイイ!

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

タップがあって、店員さんとコミュニケーションが取りやすいカウンター席へ入った我々。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバーPivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

さっそくビールを選びます。ピボバルスキークラブではチェコのクラフトビールを取り扱っているようで、この日はポーターやドッペルボック、ペールエールなどが繋がっていました。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

まずは1杯目、Černá Hora醸造所のKvasar 14°(38コルナ、175円くらい)。メニューにペールスペシャルWハニーと書かれていた通り、蜂蜜のような味と香りがします。甘い!

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

ちょいとおつまみも欲しいね、ということでフードもチェックです。チェコ語と英語が書かれているので、なんとなくどんなメニューかわかります。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

まずはパンがやってきました。プラハではフードを注文するとパンが必ず出るのですが、このパンがまたウマいんです。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

1品目はチーズとオリーブの新鮮野菜サラダ(125コルナ、570円くらい)。今回のビール旅で何度も思ったのは食事が炭水化物や肉類に偏りがちで、意識しないと野菜が食べられないということ。トマトがジューシーで美味しかった!

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

お次はステーキをオーダーしてみました。ピボバルスキークラブのステーキは1グラムあたりの量り売り。ちなみにこちらはカンガルーの肉で1g1.5コルナ、このステーキは112gで168コルナ(770円くらい)でした。カンガルーなんて食べられるの?!と思ったけど、食べてみると赤身の美味しさがギュッと詰まってウマい!

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

3品目、サイドメニューからペースト状のほうれん草(45コルナ、200円くらい)。これはかなりしょっぱかった!パンにちょいと乗せて食べてください。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

先ほどのカンガルーステーキが美味しかったので、4品目で七面鳥の胸肉ステーキを追加。七面鳥は1gあたり1.2コルナで、124gで148コルナ(680円くらい)でした。胸肉なのにしっとりとした肉質で美味しかった。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

フードもガンガンいただきつつ、2杯目のビールを。こちらはChomout醸造所のRežná Bára 17°(45コルナ、200円くらい)。ライ麦を使ったIPAだそうです。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

チェコのクラフトビールでIPAがあるとは!IPA好きなあてくし、さっそくグビグビ。

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

...カーッ!!やっぱ、IPAウマいっっ!!
赤ら顔で満面の笑みのあてくし、「ホップの苦味が舌に広がるのも、ホップの香りが鼻を抜けてくのも、やっぱサイコーだね!」なーんて、暑苦しく語っちゃいました。このビールにはクラフトビールのもっさり感もあったけど、美味しかった。IPAサイコー!

Pivovarsky Klub,ピボバルスキークラブ,プラハ,ビアバー

ということで、プラハのフロレンス駅近くにある「Pivovarsky Klub(ピボバルスキークラブ)」で、チェコのクラフトビールを飲んできました。チェコといえばピルスナーウルケルですが、チェコで作られたのクラフトビールも飲んでみたかったので、ピボバルスキークラブへ行けて良かった。食事も美味しく、店員さんとの会話も楽しめて、プラハ最後の夜をしっかり遊び倒しました。ああ、ほんとにチェコのクラフトビールが飲めて良かった!
終わり。

住所:Křižíkova 272/17、186 00 Praha 8-Karlín、チェコ共和国

(*・ω・)つ その他の海外ビール旅行記事もどうぞー♩