沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

パン屋(ベーカリー・ブーランジェリー) ランチ 天久 朝食・モーニング 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・天久「Le Cuip(ル・キュイップ)」こだわりの焼きたてパンがとってもおいしい!

投稿日:2016年2月26日 更新日:

とある週末。お犬サマーのお散歩ついでに、ブランチ用のパンを買いに行ってきました。向かったお店は、那覇・天久にあるこだわりの焼きたてパンを販売している「Le Cuip(ル・キュイップ)」。お店お場所は、天久のスポーツデポの裏手側にあります。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

ル・キュイップは2015年9月に石垣島から移転してきた、おいしいと評判のパン屋さん。移転とオープンを知ってから、ずっと行ってみたいと思っていたのですが、このところ週末になると天気が悪く、やっと買いに行くことができました。営業時間は7時~19時までと、少人数でかなり長い時間営業しています。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

お店の中には先客が4名ほど。ル・キュイップは小さなパン屋さんなので、お会計が終わるのを待ちつつ入店します。店内にはどれほどのパンが並んでいたでしょうか、所狭しとパンが並び、すべて買って帰りたくなるほどおいしそうです。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

ショーケースにはバゲットサンドや、マドレーヌなども並んでいます。焼き菓子も作られているのですね!

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

この日は①メロンパン、②惣菜パン、③クロワッサン、④あと何か、というご主人サマーのオーダーのもとお使いに出ました。買って帰ってきたパンはこちらの4点です。まずは一番手前のカラフルなパンからいただいてみましょう。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

こちらはレギューム・サレ(220円)という、とてもシンプルなパン。ブロッコリーや、エリンギ、かぼちゃ、ベビーコーン、トマト、ナスなどのグリル野菜を、塩とオリーブオイルのみで味付けしています。彩り豊かで視覚的にもおいしくいただけます。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

お次は、サンドイッチ パテ・ド・カンパーニュ(450円)。バゲットにル・キュイップ自家製パテがサンドされた、ずっしりと食べ応えのあるパンです。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

パテのこっくりとした味がワインにも合いそう。パンだけじゃなく、パテまで作るなんてすごい!キャロットラペとマスタードの組み合わせもナイス。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

こちらはメロンパン(160円)。我が家のメロンパン王子に命じられて購入。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

クッキー生地の中はふわふわのパン。ル・キュイップのメロンパンは、奇をてらわないクラシカルな印象です。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

最後はクロワッサン(180円)。パンっていろんな種類があるけれど、クロワッサンってつい手を伸ばしちゃうんだよなぁ。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

ル・キュイップのクロワッサンは発酵バターをたっぷり使っているそうです。風味豊かで、ほんのりとした甘味がありました。さくさくでおいしかった!焼きたてアチコーコーを食べてみたいなぁ。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

ということで、那覇・天久「Le Cuip(ル・キュイップ)」でブランチ用にパンを買ってきました。今回気に入ったのは、パテ・ド・カンパーニュのサンドイッチ!他のパンと比べるとお値段は高めですが、お酒にも合いそうな満足感のあるおいしいパンでした。パテの他にもリエットのサンドもあったので、次回はこちらを試してみようかな。それから、今回はソフト系が多かったので、次回はハード系のパンを食べてみたいなぁと思います。
終わり。

【2016年11月18日追記】キッシュもハード系もウマい。

徒歩帰宅しつつ、19時ちょい前にギリギリ滑り込みできました。今回買ったのは3種類。まずはサーモンとほうれん草のキッシュ(300円)。想像以上にほうれん草がたっぷりでした。これは軽く夕飯にもできるし、ワインにも合いそう。タルト生地のサクサクっぷりもいい。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

お次は形に惹かれて購入してみた、パン・オ・セー(220円)。セーというのはアルファベットの「C」のことだったんですね。あたしには蹄鉄に見えてました。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

ライ麦のパン生地に、ブルーチーズとハチミツを乗せて焼き上げています。ブルーチーズ部分がほどよく焦げて、ウマい!もっちりむっちりしつつ、歯ごたえがしっかりあるパンでした。ル・キュイップのハード系、ウマいなぁ!

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

3つ目はハニーナッツ(240円)。そうか、あたしはナッツが食べたかったのか!このパンを見た瞬間、トングで持ち上げ、そしてどこかでクリームチーズを買って帰ろうと心に決めました。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

ハニーナッツの中には、クルミ、カシューナッツ、マカダミア、ノワゼットという4つのナッツがたっぷりと入っています。想像していたよりもハードではなく、食べやすかったです。ハチミツをかけて焼かれているので手はベタベタになりますが、クリームチーズとの相性はバッチリでした。次回はル・キュイップのバゲットを買って帰りたいな。おいしいバターとチーズを用意しなくっちゃ。

ル・キュイップ,ベーカリー,天久,那覇

【2017年4月6日追記】ぶどうにイチヂクにクルミに。

おいしいパンを求めて、朝から営業してるル・キュイップへ。たまには珍しいパンを買ってみました。目線を上に向けた時に目に入った、ぶどうパン(5個入り、300円)です。

「ル・キュイップ」のぶどうパン(300円)

ラム酒漬けのレーズンを使用しているそうで、これがジューシーでウマい。パンの甘みも感じられて、帰宅後ペロッと2個食べちゃった。

ラム酒漬けレーズンがジューシーでうまい。

こちらはパン・オ・フィグ(220円)。中にはイチヂクが入ってます。パンの形もイチヂクです。

「ル・キュイップ」のパン・オ・フィグ(220円)

このパン、ずっしり重くて食べてて満足感あります。表面はカリッとした食感で、中はモチッと。ほのかに甘くて、イチジクのプチプチ感も楽しいです。バターと合わせると尚良し。

クルミパン(200円)はセミハードの棒状です。見るからにクルミがたっぷり入ってそう。

「ル・キュイップ」のクルミパン(200円)

食べやすいサイズにカットしていただきました。ほら!やっぱりクルミがぎっしりたっぷり。このままでももちろん、バターと一緒に食べてもウマし。

クルミがたっぷり入って食べて納得。

【2017年7月30日追記】ハード系とサンドイッチにハマる。

お店のFacebookページを見ていたら、なにやらピンチだというじゃないですか(発酵機故障で買い替え等)。消費者としては、お店にパンがある限り買って食べてすることが支援だと思うのです。それも継続的に。ということで、何かにつけて買いに行ってます。このところ攻めてるのはサンドイッチ系。お店の中でも価格は高めですが、ボリュームがあって、何よりウマい。

こちらはサンドイッチ・ソーモンヒュメ(450円)。スモークサーモンの下にはクリームチーズとごろごろのアボカドディップ。この手のサンドってサーモンの独特な香りや酸味が感じられて苦手だったんです。でもこのお店のはサーモン臭さや酸味が抑えめで食べやすく、アボカドもたっぷり使われて満足感が高いです。

「ル・キュイップ」のサンドイッチ・ソーモンヒュメ(450円)

シンプルなサンドイッチカマンベール(450円)はリピート買いしてます。なんとウマいのか... 塩気が控えめのチーズは風味が豊か。チーズが常温に戻った頃に食べると、さらに香りが立ちます。たっぷりチーズの横にはハムも仕込まれていて、シンプルな中にも旨味を感じます。飽きずにずーっと食べ続けられます。これ、ほんと大好き。

「ル・キュイップ」のサンドイッチカマンベール(450円)

このガーリック・フランス(180円)もウマい。パンの表面だけでなく、中にも自家製ガーリックバターをたっぷり贅沢に塗り込んでいるので、とってもジューシー。ガーリック好きは必ず食べてほしい!

「ル・キュイップ」のガーリック・フランス(180円)

バゲットを使ったタルティーヌ・シュークルート(300円)はどっしり感のあるパン。食べ応えのある太さのソーセージに、シュークルートというキャベツの酢漬け、その下にはマッシュポテトが仕込まれています。これだけ重量感のあるパンですが、シュークルートであっさりです。

「ル・キュイップ」のタルティーヌ・シュークルート(300円)

【2017年10月6日追記】パン屋さん、なのにケーキがおいしい!

去年くらいから店頭に並んでいたケーキ。やっと食べることができました。まずはジャポネリー(左、380円)とミルクロール(右、300円)です。ジャポネリーは和テイストのケーキ。抹茶ムースの下にカシスの酸味、金時豆の層とミルク風味のクリーム、そしてチョコレート生地です。和と洋の組み合わせにカシスを用いるの、あたしは大好き!そしてロールケーキ好きとしては見逃せないのですが、クリームたっぷりのミルクロールもウマウマでした。

ル・キュイップのジャポネリーとミルクロール(300円)

こちらはタルト・オランジュ(380円)。甘々のタルト生地に、すっきり爽やかなオレンジのむき身がドーム状に美しく並べられています。酸味と甘さのバランスが絶妙。ル・キュイップのはパンもケーキもうまいなぁ。引き続き通わせていただきます。

ル・キュイップのタルト・オランジュ(380円)

【2018年4月14日追記】売り切れのあんバターを求めて... and more!

産休・育休中は結構な頻度で通ったル・キュイップ。復職後は週末に訪れるしかできそうもなく、そういう理由づけをして買って来ました。今年に入ってから出た新作・あんバター(180円)です。堅過ぎないバゲットにあんことバターの組み合わせ。これ、嫌いな人いないでしょ。おかげで、買いに行っても買いに行っても毎回売り切れで。お店の方に店頭に並べる時間まで教えてもらったパンです。

ル・キュイップのあんバター(180円)

ル・キュイップのあんバターは、あんことバターと隠し味の練乳、だったかなぁ。プライスカードに書いているんですが、お店に行くときには必ずカメラもiPhoneも忘れてしまってはっきり覚えていません。今度改めて確認します。ともかく、おいしい。これで180円なら2つも3つも買っていくお客さんが多いと聞いて納得。

あんこ、バターをサンドしている。

レザン・レザン(240円)は、もはやあたしの中で殿堂入りしているパンです。見るからにレザン(=レーズン)がレザンしているでしょ!

ル・キュイップのレザン・レザン(240円)

スライスしてみると、レザン・レザンのどこをとってもレーズンだらけ!ライ麦のパン生地に、ラム酒漬けのレーズンがいーーーっぱい。これだけレーズンが入ったパンは初めてです。大好きなので、買いに行くと毎度手が出てしまいます。おつまみにもなりますし、バターやチーズとの相性もよし。表面がガリガリで、香ばしい焦げ目もおいしいのです。

これでもか!というほどライ麦の生地にラム酒漬けレーズンがたっぷりと入っている。

こちらは最近ハマッたサンドイッチ・パストラミ(450円)。パストラミってパサパサなイメージがあるじゃないですか。でもこのお店の鴨肉のパストラミは、ニューヨークで食べたカッツ・デリカテッセンに近いものがあり、ご馳走サンドなのです。しかも、お肉たっぷり!

ル・キュイップのサンドイッチ・パストラミ(450円)

ジューシーな鴨のパストラミに、辛くない玉ねぎスライス、そしてマスタードがサンドされています。意外とシンプル、だからこそパストラミのウマさが引き立つのかもしれません。夜ごはんをザッとガッと済ませなきゃいけない日は、ル・キュイップのサンド物に頼ってます。今日もご馳走さまでした。

ジューシーな鴨のパストラミに、たまねぎスライス、マスタードの組み合わせ。最高!

住所:〒900-0005 沖縄県那覇市天久2丁目2-28

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-パン屋(ベーカリー・ブーランジェリー), ランチ, 天久, 朝食・モーニング, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.