ランチ ラーメン・つけ麺・まぜ麺 与那原

与那原「支那そば かでかる」ため息が出るほどウマいわんたんめんを食べてきた。

投稿日:2016年4月28日 更新日:

ずっと食べに行ってみたかった支那そば屋さんへ行ってきました。こちらのお店は、与那原にある「支那そば かでかる」です。かでかるはめちゃくちゃ評判がいいのですが、生活圏から離れすぎててなかなか行けず、バイクを吹っ飛ばしてやっと食べに行くことができました。結論を先に書きますと、かでかるのわんたんめん、美味しすぎて夢中で食べ尽くしました。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

お店の前にある駐車場に降り立つと、お店の中にある製麺機が目に入りました。かでかるは自家製麺なんですね。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

いざ、店内へ。かでかるにはカウンター席とテーブル席があります。あたしはキッチンが眺められるカウンターへ向かいました。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

かでかるのメニューはこちら。麺類は、支那そば、わんたんめん、焼豚めん、焼豚わんたんめん。トッピングは味付けたまごとメンマ。ご飯メニューも幾つかあったし、おつまみもありますね。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

スープの味は通常が醤油ベースなのですが、塩味もあるようです。今回あたしは初めて食べに行ったので、普通の醤油ベースを注文してみました。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

待つこと5~6分。あっという間にやってきたのが、わんたんめん(880円)。盛り付け方は見とれるほど美しいのもかでかるの特徴です。不思議な表現かもしれませんが、容姿端麗なラーメンとは、かでかるを意味すると思うんです。この麺の盛り付け方、カウンターに座ったおかげで初めて見ることができました。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

まずはスープからいただきます。カツオ系の旨味を感じる、優しくて懐かしい醤油味。五反田勤務時代、何度か支那そばやわんたんめんを食べに言ったことがあるのですが、かでかるのスープは群を抜いてウマい。麺を食べる前に、レンゲを何往復も口に運んでいる自分に気が付きました。ため息が出るほど美味しいラーメンに出会ってしまった...

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

スープだけで感動するわけにいきません。お次は麺をいただきます。かでかる自家製の麺は、黄色がかったストレート。つるっとした食感で、スープによく合って美味しいです。麺は結構ボリュームがありますが、食べ終わりまで麺がのびなかった気がします。もしかすると、あっという間に食べてしまっただけなのかも。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

そして、わんたん。器には5つ盛られていたかな。美味しすぎて、個数を覚えていません。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

スープを纏ったわんたんの皮はもちろん、中の餡が熱々で、ハフハフいいながら頬張ります。こちらのわんたん、注文の合間を縫って、お店の大将が包んでいます。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

わんたんの餡は、生姜を効かせた味付けです。わんたんってお店によっては味のクセがあって、好みじゃないケースも多いのですが、かでかるはとても美味しかったです。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

わんたんめんの具材はこんな感じ。メンマは惜しげも無く盛り付けられて満足感があります。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

チャーシューは1枚。肉の食感がのこった、食べ応えあるチャーシューです。このままビールのつまみにもできそう。なんとなく、横浜中華街のチャーシューを思い出しました。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

このままでも美味しくいただけるかでかるのわんたんめんですが、最後にちょいと味変してみようかなと、テーブルにある揚げ葱を入れてみました。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

揚げ葱の香ばしさと油が加わり、味に変化が生まれます。ウマい!この後、コーレーグスも試してみました。味がキュッと締まりますが、かでかるにコーレーグスは不要という結論です。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

ということで、与那原にある「支那そば かでかる」でわんたんめんを食べてきました。見て美しく、食べて美味しい、非常に満足度の高いラーメンでした。食べてる最中は無我夢中で、目の前の食事に首ったけ。悔しいことに生活圏にないため、そんなに食べに行くことはできそうにありません。しかし、ここはリピートしたいラーメン屋さんです。次回はかでかるの塩を食べてみたい!食後にため息が漏れるほど美味しいラーメンをご馳走さまでした!
終わり。

【2016年7月3日追記】

久し振りにかでかるへ行ってきました。夏真っ盛りだけど、暑いけれども、ラーメンを食べて汗をかこう!ということで、塩わんたんめん(880円)。相変わらず美しい盛り付けに惚れ惚れ。あっさりのスープは塩も美味しい。油分が少なくて、かなり好み。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

自家製ストレート麺が美しい。一糸乱れぬ麺は、箸上げもしやすいです。美人というのはこういうことです。ただ、スープと合わせると、スープがちょいと弱いかも。スープだけだとバッチリなのですが、麺をすすると味が負けるというか。どっちも美味しいし、塩ラーメン好きとしては厳しめの評価かもしれないけれど、総合力的に醤油に軍配かな。

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

今日は角煮ごはん(250円)も頼んでみました。濃口の豚の角煮に山椒がかけられ、どことなく鰻の蒲焼感があります。夏だなぁ!ウマかったです。ご馳走さまでした!

支那そば かでかる,与那原,わんたんめん

【2016年12月26日追記】

ご主人サマーと一緒に、2016年のかでかる食べ納めをしてきました。おや、メニューがたっぷり増えている!えびわんたんめんもあるし、麺の大盛り・小盛りもできるようになっています。つけそば各種もできたんですね。この他、冬季限定メニューも壁に貼られていました。

久しぶりのかでかるは、メニューが増えていた!

あたしはオーソドックスに醤油味のわんたんめんを食べることに。でも、えびわんたんが気になったので、えびと肉がどちらも食べられる特製わんたんめん(900円)に玉子をトッピング(+100円)です。提供されてまず思ったのは、以前と丼が異なること。麺の盛り付けなどは相変わらず美しい。麺・チャーシュー・メンマは以前と同様。スープは少し醤油感が薄い気もしましたが、お腹に子を宿している身故、あたしの味覚が変わっただけとも。もちろんウマいことには間違いありません。醤油味のスープと海苔の組み合わせも最高です。

与那原「支那そば かでかる」特製わんたんめん(900円)に玉子トッピング(+100円)

注目のえびわんたんはお味あっさり、プリップリ食感に感動です。全部えびにしてしまうと物足りないと思うので、えび&肉が楽しめる特製わんたんめんを選んで正解だと思いました。このわんたんの皮の食べ応えあるでろんでろん感がLOVE。

特製わんたんめんはえびわんたん2個、肉わんたん3個が乗せられている

今回初めて食べたかでかるの玉子。玉子の黄身までしっかり濃い味がついています。この黄身が優秀です。スープに浸しても溶け出さない程度に火が入っていて、かでかるの美味しいスープを邪魔しません。

しっかり味が入った玉子

こちらはご主人サマーが食べていた特製雲呑担々麺(1070円)。かでかるって麺が多いのに、更に大盛(+100円)をオーダーしたので麺がたっぷたっぷです。一口もらって見たところ、山椒の風味がしっかりしています。舌に心地よい刺激も伝わります。ああ、これはウマいわ。担々麺にうるさいご主人サマーも納得の一杯だったようです。また来年、美味しいわんたんめんを食べにやってきます!

与那原「支那そば かでかる」特製雲呑担々麺(1070円)の大盛(+100円)

住所:〒901-1303 沖縄県島尻郡与那原町与那原838-2

沖縄県島尻郡与那原町与那原838-2

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩
 

-ランチ, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 与那原
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.