沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ちゃんぷるー デカ盛り ランチ 一銀通り 久茂地 沖縄そば 沖縄の大衆食堂 沖縄みそ汁 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・久茂地「いちぎん食堂」ボリューミーな沖縄料理が24時間食べられる!

投稿日:2015年12月15日 更新日:

那覇・久茂地にある有名店「いちぎん食堂」へ行ってきました。一銀通り沿いにあって、会社からのアクセスも良いのですが、いつでも行けるから...と今までなかなか食べに入らなかったお店。24時間営業なので、ランチタイムも、飲み終わりのシメにも持ってこいな食堂です。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

那覇・久茂地の「いちぎん食堂」へ行ってきた!

いちぎん食堂の場所。

いちぎん食堂は那覇の中心地にあります。国道58号線と国際通りを結ぶいちぎん通り沿いにある24時間食堂です。夕方以降になると定食をアテにビールを飲んでいるおじいがいます。久茂地の飲屋街にあるし、飲屋街の松山からも食べに行きやすいので、夜中にはステーキを食べているお客さんが多い気がします。

店内の様子。

いちぎん食堂の店内へ入ると、カウンター席とテーブル席がありました。24時間営業の食堂は広々!お客さんがいっぱい入れそうですが、注文を捌く厨房もだいぶ広そうです。大量の注文をさばいているんだろうなぁ。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

「いちぎん食堂」のメニューをチェック!

いちぎん食堂にはいると、まずは券売機に向かうよう案内を受けます。ここで食券を購入してオーダーするみたい。メニューがいろいろありすぎて、迷ってしまう!なんせ券売機のボタンは63個もあるのです。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

券売機のボタンが多いだけではありません。1つのボタンに2つのメニューが書かれていたりして、もう何がなんだか。ちょっとしたカオス!困った時はチャンプルーに逃げるが勝ち。いつもの必勝パターンでゴーヤーをチョイスしました。が、ゴーヤーチャンプルー(530円)とゴーヤー定食(680円)があって悩む...

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

たっぷりおかずのゴーヤー定食(680円)を食べてみた!

この時、お給料日後だったこともあって、150円高いゴーヤー定食を頼んでみました。5分と経たずにやってきた定食がこちら。見るからにめっちゃボリューム満点です。おかずがいっぱい!

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

いちぎん食堂のゴーヤーチャンプルーは、お腹いっぱいゴーヤーを食べたい時にうってつけの大盛り具合。島豆腐もしっかり炒められて、かなり形が崩れています。この感じ、めちゃくちゃおいしそう!ゴーヤーも島豆腐も火の通りが絶妙で、ポークの塩気と旨味が全体に行き渡っていました。これはごはんが進むおかずだ!

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

途中で、コーレーグスをかけて味を変えてみたり。熱々のチャンプルーにはコーレーグスがよく合います。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

ゴーヤー定食には、お刺身もついてきます。この日はマグロでした。魚の説明はなかったけど、この色味はトンボ(ビンチョウ)マグロかな。ニンニクや生姜を乗せるとより旨味が増して良さそうなお魚でした。冷凍感がないので、悪くなかったです。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

そして沖縄といえば、ポーク玉子。おにぎりの具にもなっちゃうこの組み合わせ、いちぎん食堂の定食にも付いてきます。積極的に野菜を食べたい派としては、後ろの千切りキャベツも嬉しいですね。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

たっぷり!熱々!沖縄のみそ汁定食(630円)も食べてみた。

最近、やっと沖縄も冬らしい気温になりました。寒くなったからでしょうか、無性にあったか~い食べ物が恋しくなって... そこで注文したのがこちら、みそ汁定食(630円)です。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

沖縄には、みそ汁が主役の定食があります。東京時代には豚汁定食は見たことがあったけど、沖縄では豚汁ではなくみそ汁。しかも沖縄らしさが出まくりの、たっぷりのポークが入ったみそ汁だったりします。いちぎん食堂のみそ汁の具材は、ポーク、もやし、キャベツ、青菜、島豆腐。卵はナシ。白味噌で、コクは控えめですがクドさがなくて、飲んだ後にピッタリ。丼にたっぷりの汁物で、汗ダク必須です。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

みそ汁定食には、ポーク玉子とお刺身も付いてきました。定食=メイン以外にもおかず付き、という感じでしょうか。この日のお刺身もおいしかったな~。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

飲み終わりのシメの名護そば(550円)は、出汁が体に染み渡る。

久茂地で飲んだ帰り道。シメそばを食べにいちぎん食堂へ向かいました。23時過ぎですがめちゃくちゃ混雑していて、提供まで20分はかかると案内を受けました。注文した名護そば(550円)は、確かにそれくらい提供時間がかかったかも。

那覇の24時間食堂「いちぎん食堂」で食べた名護そば(550円)

紅生姜が添えられていたので、盛り付けてみました。いちぎん食堂の名護そばのトッピングは、三枚肉3枚とポーク1枚。えっ、ぽぽぽポーク三枚肉が3枚もあるので、ポークの1枚くらいなくてもいい気がしますが、そこはきっといちぎん食堂のうとぅいむち(おもてなし)精神なのかな、と思いました。

那覇「いちぎん食堂」の名護そばには紅生姜が映える。

スープは割とあっさり系ですが味は濃いめ、麺は平麺です。ここで少し名護そばについて書いてみます。沖縄そばは地域によって麺やスープ、味付け、使っている出汁、盛り付けなどが異なり、その地域・特徴に合わせて「宮古そば/八重山そば/大東そば」などと呼ばれています。

那覇「いちぎん食堂」の名護そばの麺は幅広い平麺。名護そばの特徴だ。

一般的な名護そばは、平麺であっさり・味濃いめのスープ、そしてソーキをトッピングしている傾向かな、と思います。トッピングこそ異なれど、いちぎん食堂の麺・スープは割とそれに近しい気がします。一般的な名護そばには、ポークは入ってません。いちぎん食堂のオリジナルトッピングです。ポークの賛否両論はありそうですが、

那覇「いちぎん食堂」の名護そばには三枚肉3枚とポークが1枚入っている。

平日ランチタイムは、いちぎん食堂の格安弁当もオススメ!

お店の周辺はサラリーマン街でもあります。平日のランチタイムともなると、店前に設置されたテントにはサラリーマンが集まってきます。このテントでは300~400円のおいしいお弁当が売られていて、飛ぶように売れていくのです。

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

こちらは一番高い400円のお弁当。唐揚げ、厚揚げ、ニンジンシリシリー、肉野菜炒め、ゴーヤチャンプルー、フライ、卵焼き、魚の揚げ物がドッサリ盛り付けられています。お魚の揚げ物の味付けがドンピシャでおいしかった!これで400円って凄い!

いちぎん食堂,那覇,久茂地,定食,グルメ,ランチ

「いちぎん食堂」まとめ!

ということで、那覇・久茂地にある「いちぎん食堂」でランチしてきました。那覇ではド定番中のド定番、誰でも知ってる有名な食堂ですが、沖縄に来る観光客には58号線沿いの三笠の方が認知度が高いかも。でも、久茂地で飲んだ帰りに立ち寄りやすいのは、こっちのいちぎん食堂ですよね。ボリューム満点で、価格が安くて、いつでも立ち寄れる。いや~、沖縄の食堂の魅力を再確認しました。いちぎん食堂で食べて以降、平日のランチは食堂めぐりにハマってます。
終わり。

住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2丁目12-3

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ちゃんぷるー, デカ盛り, ランチ, 一銀通り, 久茂地, 沖縄そば, 沖縄の大衆食堂, 沖縄みそ汁, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.