スイーツ タイカレー ビュッフェ・バイキング ランチ 沖縄本島南部 牧志 牧志公設市場 那覇市

「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」でランチブッフェしてきた。

投稿日:2016年12月16日 更新日:

那覇・桜坂にある「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」でブッフェランチしてきました。普段は300円弁当を食べてばかりですが、たまには上質で美味しいランチを食べたくなるんだなぁ。ここのランチは、そんな偶の贅沢にピッタリだと思います。

那覇・桜坂の「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」でブッフェランチ。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄には、レストランやラウンジがあります。宿泊客以外でも利用できるので、非日常を味わうには持って来いですよね。

「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」のロビーは天井が高くスタイリッシュ。

今回ランチを食べに行ったのは、ホテル2階にあるブッフェダイニング「sakurazaka」。朝・昼とブッフェメニューを楽しむことができるそうです。

「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」の2階にあるブッフェダイニング「sakurazaka」

こちらがブッフェダイニング「sakurazaka」入り口に掲げられていた料金表。朝7~10時の朝ごはんは大人2000円、ランチは11時半~14時までで大人2500円となっています。いずれも税別です。

ブッフェダイニング「sakurazaka」の料金

ランチ開始の11時半前に到着したところ、3組ほどの待ち客がおりました。混雑もなく、スムーズに案内されます。Sakurazakaのスタッフさんにの誘導で客席へ向かったのですが、窓から差し込む自然光がいい感じでした。客席は2名席、4名席がメインですが、人数によって席をくっつけたりできるので、グループでも使えそう。

ブッフェダイニング「sakurazaka」の店内(その1)ブッフェダイニング「sakurazaka」の店内(その2)

席に荷物を置いたら、すぐにブッフェコーナーへ向かいました。あたしはお食事をぐるりと見てから、食べたいものを取り分けます。だって、ハイアットリージェンシー那覇沖縄のブッフェランチは65品もあるというのです。いくらなんでも全ては食べきれません。気になる食事に目星をつけてから取り分けるのが、ブッフェを満喫するコツですよね。

ランチブッフェのパン類(その1)ランチブッフェのパン類(その2)

ちょっとずつ、いろいろいただけるのもブッフェの嬉しいところ。取り分け易く、そして目でも楽しめるよう小瓶に盛られたサラダやマリネが可愛い。そしてなにより、彩りが豊か。

ランチブッフェのアペタイザー類

ブッフェで嬉しかったのは、このチーズ。モッツァレラのようなフレッシュタイプのチーズと、カマンベール、ブルーチーズがありました。自分で食べたい量を取り分けることができますが、うまくカットできずにもぞもぞしていると、すぐにスタッフの方が助けに来てくれました。この行き届いたサービスに感動!

チーズも3種類。食べたい分だけ取り分けることができます

こちらはメインのコーナー。温かいお料理を中心に、和洋折衷でいろいろと並んでいます。

ランチブッフェの洋食コーナーランチブッフェの和食コーナー大きな鍋に煮込まれたお料理

スムージーも3種類ほどありました。お味はニンジン・マンゴー・オレンジ、ゴーヤ・パイナップル・レモン、そしてバナナ・ハチミツ・牛乳です。

お好みでスムージーもいただける

テーブルとブッフェコーナーを2~3回往復して、あれこれお皿に取り分けてみました。瓶に入った新鮮な魚介のマリネやサラダはどれも味付けが上品で、いくつでも食べられそう。柔らかい合鴨ローストにオムレツ、それにチーズ2種もウマし。あっという間にペロリです。

ランチブッフェを吟味しつつ、あれこれ取り分ける(その1)

ムール貝やパスタ、豚肉の煮込みも美味しかったし、優しい味のベシャメルソース&チーズの焦げ目が香ばしいグラタンもウマい。中でも特筆するべきはレッドカレー。この時はスープだけいただいたのですが、たっぷりの蟹から出た旨味と、ほどよい辛さがたまらん!

ランチブッフェを吟味しつつ、あれこれ取り分ける(その2)

お食事をしていると、スタッフの方がドリンクメニューを持ってきてくれました。美味しいランチをいただきながらビールやワイン、ソフトドリンクをオーダーできるみたい。今回は注文しなかったけれど、ママ会や旅先で昼飲みに使うのもアリだなぁ。

ブッフェランチの他に、アルコール類のドリンクオーダーも受けてもらえる。

まだまだ食べます。グラスのちらし寿司は彩り鮮やかなのが横から伺えます。プリッと食感のエビが、素材の味も楽しめる味付けで感動!このエビだけで料理人の腕のよさが伝わってきます。煮物もいいお味です。一口サイズの海苔巻きも、プチプチのとびっこがいいアクセント。沖縄に来てこんなに美味しいお寿司、初めて食べたなぁ。

ランチブッフェを吟味しつつ、あれこれ取り分ける(その3)

そして、レッドカレーをお代わり。今度はご飯入りです。ほんっと蟹の出汁がしっかり出て、いくらでも食べられるんです。奥のサーモンのホットサンドは白ワインに合いますね。ゴーヤのスムージーは苦味をしっかり感じるけれど、飲みやすくて美味しかったなぁ。

ランチブッフェを吟味しつつ、あれこれ取り分ける(その4)

空腹は満たされました。さあ、ここからは別腹のスイーツです!ケーキやどら焼き、ゼリー、パンナコッタなど、こちらもお好みで好きなものをいただくことができます。これだけ種類があるので全部は無理だけど、あれもこれも食べたくなるのが女のサガ。

ランチブッフェのスイーツコーナー(その1)ランチブッフェのスイーツコーナー(その5)ランチブッフェのスイーツコーナー(その3)ランチブッフェのスイーツコーナー(その4)

スイーツに合わせて食後のドリンクもいただくことに。

ドリンクも豊富

ドリンクコーナーのお隣には、ブルーシールのアイスがありました。こちらもお好みでいただけます。

ブルーシールのアイスもある

結局あれもこれも取り分けてったら、こんなにたっぷりになってしまいました。一番食べたかったのは、抹茶クリームがデコレーションされたどら焼き。このどら焼きのウマさよ!求肥と餡、軽くて甘さもほどよい抹茶クリームのコラボ。ほんっと美味しいかった〜!ロールケーキは生地が軽くてクリームは甘さ控えめ。どのデザートも甘さが上品で、食べ飽きずにパクパクいけちゃいます。さすがはハイヤット!

スイーツをあれこれ盛り合わせてみた

Sakurazakaのランチブッフェではライブキッチンが楽しめます。このライブキッチンがあるのは月~金曜で、曜日ごとにお寿司、揚げたてのエビフライ、デザート、お肉、エスニックが楽しめるそうです。この日はデザートの日でした。お好みのスイーツを伝えると、その場で作りたてを提供してもらえるんです。

ライブキッチンではその場でデザートを作ってもらえる

お腹は限界なのに、あたしもライブキッチンをお願いしてみちゃいました。今回は甘さとほろ苦さのコラボが美味しいクレープシュゼットを。フルーツはイチゴと赤肉&青肉のメロン。ブルーシールのアイスはお好みで選べるようで、ピスタチオをチョイスしました。

ライブキッチンで作ってもらったクレープシュゼット

気がつけば、1時間以上もお食事を楽しんでいました。お会計はテーブルで済ませます。これだけ食べて1人2700円(税込み)。毎日は難しくとも、記念日ランチやお祝い事、ちょっとした贅沢にはピッタリですね。

お会計はテーブルで。

ということで、那覇・桜坂にある「ハイアットリージェンシー那覇沖縄」でブッフェランチを楽しんできました。どのスタッフもお客さんの様子によく気が付いてくれて、サービス全般が素晴らしいと思いました。非日常的なサービスを受けて、なんだかふわふわした気分になりました。この夢見心地体験と美味しいブッフェがクセになり、また食べに行きたくなるんだろうなぁ。

お客さんの年齢層は30代以上が多いかな。ママ会や子育て終わった世代が食べに来ている印象でした。平日はそんなに混んでないけれど、万一に備えて予約した方がいいかもしれません。土曜日はワインやスパークリングが飲み放題のスペシャルブッフェをやっているそうです。お酒好きな方には、そちらがオススメかもしれません。
終わり。

住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目6-20

沖縄県那覇市牧志3丁目6-20

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩
 



-スイーツ, タイカレー, ビュッフェ・バイキング, ランチ, 沖縄本島南部, 牧志, 牧志公設市場, 那覇市
-, ,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.