沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

かき氷 キッズメニューあり ステーキ ランチ 本部町 沖縄のぜんざい 沖縄の大衆食堂 沖縄ステーキ 沖縄本島北部 沖縄県

本部町「レストランハワイ」美ら海水族館近くの洋食系ドライブイン。

投稿日:2018年10月3日 更新日:

沖縄本島北部・本部町の美ら海水族館備瀬のフクギ並木方面に向かうと必ず目にする「ドライブイン レストランハワイ」。これが一体なんなのか、長いこと気になっていました。沖縄移住して住んで初めてドライブイン文化を経験したのですが、ドライブインとはドライブの途中で立ち寄る休憩スポット的なレストランのこと。言われてみると地元・北海道でもちょいちょい見かけた記憶があるかも。沖縄本島北部へ向かった時の休憩地、それがこのドライブイン レストランハワイという認識です。

沖縄本島北部・本部町にある「ドライブインレストランハワイ」の外観。

レストランといってもドライブ途中の休憩地ですから、ドレスコードがあるわけではありません。店内も一般向けの食堂要素が強いです。

本部町「ドライブインレストランハワイ」の店内。

それではドライブインレストランハワイのメニュー表をチェックです。営業開始から40年以上経過しているお店ですが、イマドキなメニューでかわいらしく、とっつきやすさを覚えます。

本部町「ドライブインレストランハワイ」のメニュー表(その1)

メニューをめくると、さすが沖縄!Aランチ・Bランチ・Cランチがドーン!そしてお肉もドドーン!この他、ハンバーガーや沖縄そば・タコライス・ロコモコ・カレー、そしてうな丼的なメニューまであります。デザートにはブルーシールのアイスクリーム、かき氷・ぜんざい・ケーキなど、一通りなんでも揃ったお店です。

本部町「ドライブインレストランハワイ」のメニュー表(その2)

今回あたしはサービスステーキ(1380円)を注文しました。ステーキ皿が牛型でシュール。鉄板は熱く、ジュワジュワ音を立てています。

本部町「ドライブインレストランハワイ」のサービスステーキ(1380円)

サービスステーキはリブロースを200g使用しています。結構なボリューム!お肉の上には、すりおろしにんにくと、レモンバターが乗せられています。

本部町「ドライブインレストランハワイ」のサービスステーキはリブ200gのボリューム。

注文時、焼き加減を確認されたのでレアでお願いしました。もう少し焼きたい場合は、鉄板の熱で火を通せばOKです。肉質は赤身と脂が複雑に混ざり合った部位のようで、ところどころ筋が気になるものの、肉々しさに満足です。

本部町「ドライブインレストランハワイ」熱々の鉄板にジュワジュワ焼き付けて好みの加減にもできる。

味付けはほぼされていないようで、塩・A1ソース・オリジナルソースをお好みでかけていただきます。あたしはレストランハワイのオリジナルソースが好みだなぁ。

本部町「ドライブインレストランハワイ」のステーキソースはお好みで試せる。

ステーキにはサラダ・スープ・パンまたはご飯がついてきます。これだけ食べたらお腹いっぱい!

本部町「ドライブインレストランハワイ」サービスステーキについてきたサラダ・パン・スープ。

こちらは、お子サマー用に注文したお子様カレー(550円)です。キッズメニューはカレーと沖縄そばがありました。この日のお昼はそばを食べたので、夜はカレーにしてみることに。色味は濃いめですが、カレー自体は甘口です。ミニサイズのハンバーグとサクサクチキン、ポテトフライ、りんごジュース、ゼリー2個がついてきます。

本部町「ドライブインレストランハワイ」のお子様カレー(550円)

果たしてお子サマーはカレーを食べてくれるのか!?と眺めていたら、意外にもしっかり食べてくれました。卵を使っていそうなお肉類はカーチャンが美味しくいただき、お子サマーは主にカレーとポテトフライ担当です。なんでも食べられるようになってきたなぁ!

本部町「ドライブインレストランハワイ」でお子様カレーを食べるお子サマー。

お店の外へ出ると、テイクアウト専門カウンターがありました。知っている範囲ですが、沖縄のドライブインにはこんなカウンターを備えている傾向にあります。

本部町「ドライブインレストランハワイ」の外側にはテイクアウト専門カウンターがあった。

こちらはテイクアウトのメニューです。ドリンクの他、ハンバーガーとお弁当が中心っぽいのかな。どれもとっても安いので値段を気にせず買えそうです。メニューにテープが貼られてよく見えないところが多いので、店先で確認してみてください。

本部町「ドライブインレストランハワイ」テイクアウトメニュー。

ということで、沖縄本島北部は本部町にある「ドライブイン レストランハワイ」へ行ってきました。あたしが食べに行った時間帯は週末の夕方17時過ぎで、ウチナーグチの地元客が3組、インバウンドの観光客が1組でした。観光客はあまりやってこないのでしょうか。店名がハワイですし、ドライブインレストランかわからないと入店しにくいのかも。洋食系のウチナー食堂だと思えば敷居は低くなりそう。駐車場も結構あったし、テイクアウトで手軽に利用できる点もいいな〜と思いました。
終わり。

【2019年8月13日追記】シュノーケル後のランチで立ち寄った。

ゴリラチョップでシュノーケルした時に、レストランハワイでお昼を食べました。祝日の14時過ぎに訪れたところ、前回と違って満席状態!そうか、レストランハワイは日中のお客さんが多いんですね。この日は地元客と観光客、半々くらいの利用でした。それでは以下、我が家のランチを。

レストランハワイのAランチ(1150円)

レストランハワイにはAランチ・Bランチ・Cランチのほか、Jランチなるものもありました。悩むものの、やはり一度はAランチを食べてみねばと注文。Aランチにはトンカツ・ハンバーグ・卵・唐揚げ・ウインナー・エビフライ・生姜焼き・ごはん・スープがつきます。シュノーケルしたとはいえ、明らかにカロリーオーバー。しかし、これでこそAランチ。ダイエットは明日から頑張る。

本部町「ドライブインレストランハワイ」Aランチ(1150円)

トンカツのお肉は薄め。衣と同じくらいの厚みです。が、これでこそのAランチ。それとハンバーグが異様にウマかった!生姜焼きもウマかった。レストランハワイはお肉がおいしいお店なのかも。

本部町「ドライブインレストランハワイ」Aランチのトンカツとハンバーグ

Aランチは通常は卵焼きですが、なんとなく目玉焼きが食べたい気分。お店の方にお願いしたところ、快く目玉焼きにチェンジしてくださいました。焼き加減は半熟強。ハンバーグと一緒に食べるとウマい。

本部町「ドライブインレストランハワイ」Aランチの卵焼きを目玉焼きにチェンジしてもらった

揚げ物全般に使った、レストランハワイのオリジナルソース。これ、絶妙にウマい!A〜Cランチには絶対コレをかけて食べて欲しい。

本部町「ドライブインレストランハワイ」Aランチのトンカツにはオリジナルソースが合う

お子様そばセット(594円)

こちらはお子サマーのランチ。前回訪れた時はカレーだったので、お子様そばセット(594円)を注文してみました。沖縄本島北部らしく、麺はストレートの平打ち麺。スープはあっさり、旨味たっぷり。シュノーケル後に食べたくなる沖縄そばですねぇ。三枚肉はやわらか。サイドには唐揚げ・ハンバーグ・ポテト、そしてゼリーとスープです。

本部町「ドライブインレストランハワイ」お子様そばセット(594円)

冷やしぜんざい(378円)とイチゴミルク(324円)

食後、冷たいものもいただきました。あたしは冷やしぜんざい(378円)を、ご主人サマーはイチゴミルク(324円)です。

本部町「ドライブインレストランハワイ」冷やしぜんざい(378円)とイチゴミルク(324円)

いつものようにぜんざいを食べ勧めます。ジャリジャリの氷がキーンとなります。夏ですねぇ。レストランハワイのぜんざいには、白玉が4つはいっていました。

本部町「ドライブインレストランハワイ」冷やしぜんざいの底には濃厚な金時豆の餡と白玉が入っている

器の底に溜まった黒糖の甘さを感じる金時豆の餡とジャリジャリ系氷を絡めると、濃度が薄まり食べやすくなります。それにしても大量の金時豆が出てくるなぁ。

本部町「ドライブインレストランハワイ」冷やしぜんざいの金時豆と氷をかき混ぜて食べやすくする。

最終的に豆だらけになりました。ここまで金時豆が大量なぜんざいは初めてです。恐れ入った。レストランハワイのぜんざいは、氷を食べるというよりも豆を食べるもの。食べ応えありますが甘さは程よいので、最後まで飽きずに完食です。

本部町「ドライブインレストランハワイ」冷やしぜんざいには想像以上の金時豆が入っていた。

住所:〒905-0225 沖縄県国頭郡国頭郡本部町崎本部4578
(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-かき氷, キッズメニューあり, ステーキ, ランチ, 本部町, 沖縄のぜんざい, 沖縄の大衆食堂, 沖縄ステーキ, 沖縄本島北部, 沖縄県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.