仙台「奥州酒場 ちだちゃん」東北の酒に合わせる刺身や天ぷらなど全部ウマい!

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」お刺身盛り合わせのアップ

仙台2日目の夜は、地元の居酒屋で夕食をいただくことにしました。向かったのは仙台駅から7〜8分の「奥州酒場 ちだちゃん」です。奥州酒場の響き、いいですね。東北に来たぞって感じがします。でも待って、奥州って岩手なの。ここ宮城。どうして岩手っぽいお店を選ぶわけ。ご主人サマーに「なんでまた...」と話しながら地下のお店へ向かいました。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」の入り口

奥州酒場 ちだちゃんの店内は掘りごたつ席が多く、ゆっくり滞在できます。酒瓶も並べられ、この雰囲気懐かしいなと思いました。昔のバイト先に似ているような気がして。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」の店内(酒瓶と小上がり)

席に入り、さっそくドリンクをオーダーします。ビールはアサヒスーバードライとエクストラコールドがありました。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」ドリンクメニュー

この日は寒かったし、エクストラコールドじゃなくていいかなと、スーパードライ(490円)で乾杯。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」ビールはスーパードライ(490円)だった

ビールを口にしたところでお通しがやってきました。お通しは1人2品。この日は白身魚のフライとごま豆腐の揚出しだったのですが、めっちゃウマい!特にごま豆腐の揚出しが最高!奥州酒場 ちだちゃん、わたしと味覚が合うお店です。宮城なのに岩手問題はこのあたりで忘れました。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」の2種類のお通し(白身魚のフライとごま豆腐の揚出し)がウマい!

お通しがおいしいと、その他のお料理にも期待してしまいます。おつまみメニューを眺めつつ、暫し楽しく悩みます。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」のメニュー表

まず最初にやってきたのは、里芋の唐揚げ(530円)です。これ、もう最高ですよね。サクッと揚げられた内側はねっとりしたおいしさ。お子サマーもおいしいそうに食べていました。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」里芋の唐揚げ(530円)

お店の方イチオシのおまかせ盛り合わせ(1800円)は、お刺身が6点盛られていました。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」おまかせ盛り合わせ(1800円)

つぶ貝のコリコリ食感、めっちゃウマかったー!後ろの自家製 金華〆サバ刺しもおいしかったー!

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」お刺身のツブ貝がコリコリとウマい

刺身のカットも分厚いし、一切れが大きくて満足度高いです。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」お刺身盛り合わせのアップ

皮を香ばしく炙った宮城サーモン刺し、これもまたウマかった!東北の魚、ほんと好き。おまかせ盛り合わせ、めっちゃいいです。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」皮が香ばしく炙られた宮城サーモンがウマい!

仙台に来たらせりでしょと注文した、仙台せりの天ぷら(530円)。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」仙台せりの天ぷら(530円)

香りが一段と濃ゆい根っこがおいしいね。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」せりの天ぷらは根っこがウマかった

刺身も揚げ物もビールで流し込んでもおいしいけれど、日本のお酒も合いそうということで...

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」の日本酒メニュー

はい。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」このつまみには日本酒を飲みたくなる

青森の酒、モヒカン娘 純米吟醸(890円)です。奇抜でインパクトの強いラベルですが、いただいてみると米の旨味を感じる綺麗なお酒でした。限定販売らしいので、いただけてラッキーだったなー。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」青森のモヒカン娘 純米吟醸(890円)

ほや塩辛(430円)は日本酒に合わせて大正解。幸せだ。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」ほや塩辛(430円)

こちらは金婚漬け(430円)という岩手のお漬物。縁起の良い名前ですねぇ。ウリの中にニンジンや昆布が巻かれています。これも日本酒のアテにぴったり。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」金婚漬け(430円)

冬に北の地で食べたいもの、それは鱈の白子。天ぷらにしようかぽん酢にしようか決められないわたしに、ご主人サマーが「どっちも食べればいいでしょ!」と。その考えはなかった。まずは鱈白子天ぷら(790円)です。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」鱈白子天ぷら(790円)

これをいただくと「ああ、冬だなぁ」と思います。とろりとした食感のタチ天は冬の代名詞です。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」たち天がウマい!

そして鱈白子ぽん酢(790円)、これもウマかった。冬の代名詞パート2もサイコーです。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」鱈白子ぽん酢(790円)

肴がウマけりゃ、酒も進むわけで...

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」日本酒が止まらない

福島の楽器正宗 本醸造 中取り(590円)を。気のせいか微炭酸を感じました。甘味と酸のバランスがよく、くいくい飲み干せます。東北は酒がウマいなぁ。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」楽器正宗 本醸造 中取り(590円)

こちらはお子サマー用の鮭おにぎり。気前のよいデカさに感動。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」大きな鮭おにぎり

大人もシメの仙台味噌焼きおにぎり(430円)を。こちらも爆弾のように大きい!仙台味噌を塗り香ばしく炙ったおにぎりの中には、梅が仕込まれていました。いい塩梅とはこのことか。

仙台「奥州酒場 ちだちゃん」仙台味噌焼きおにぎり(430円)

ということで、仙台駅近くにある「奥州酒場 ちだちゃん」のレポートでした。酒はウマいし、つまみもウマい。この店があるなら仙台に住んでもいいと思っちゃうくらいの居酒屋さんでした。お店の方も気さくで、こちらの質問にしっかり答えてくださいます。宮城サーモンや金婚漬けなどこの土地の食べ物をいろいろと教えていただきました。地元に根付いた個人店はアツいなぁ。これからの時代、こんなお店が強いのでしゅおね。おいしいごはんをありがとうございました。
終わり。

お店の情報

店名奥州酒場 ちだちゃん
住所〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2丁目11-13 ユーメントビルB1F
営業時間17時〜23時
定休日日曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール, 仙台市, 宮城県, 居酒屋, 日本酒, 東北, 都道府県別, 飲み歩き
-