沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ビール 居酒屋 沖縄本島中部 沖縄県 焼鳥・焼きとん・もつ焼き 読谷村

読谷「もつ焼 あぶさん」で串揚げ・お刺身・炒め物などをお腹いっぱい食べてきた。

投稿日:

浦添にあった「もつ焼 あぶさん」が読谷に移転したのは、2018年6月のこと。移転後もあぶさんが恋しくて、先日食べ飲みしに行ってきました。読谷で飲んで帰ると代行が高そうだし、いっそ泊まってしまおうと近くのホテルむら咲むらに宿を取ることに。おかげでオープンからだいぶ長いこと楽しませてもらった〜!ということで、読谷あぶさんのレポートです。

読谷「もつ焼 あぶさん」の外観、

読谷に移転した「もつ焼 あぶさん」について。

どこにあるの?

読谷に引っ越したあぶさんは、県道6号線沿いにあります。周辺にはスーパーの丸大波平店があったり、少し前にニュースになったチビチリガマがあったり。ご近所さんはもちろん、読谷滞在中の観光客で沖縄料理に飽きただとか、地元の人向けのお店に行きたい場合はオススメです。ちなみに那覇市からだと30km近く離れているので、代行だと6000円前後は必要と思います。ただ、周辺には格安で泊まれる激安ゲストハウスをはじめ、ホテルむら咲むらやモリマーリゾートホテル、ホテル日航アリビラなどがあるので、泊まる方が色々楽だと思います。

お店の様子。

読谷のあぶさんは、浦添と比べてお店が広く、とても綺麗になっていました。客席はカウンター席とテーブル席があり、客席数も増えているんじゃないかなぁ。調理場もピカピカの広々で、トイレも使いやすくなっていました。

読谷「もつ焼 あぶさん」の店内。

メニューは、定番と日替わりがある。

読谷あぶさんのメニューです。移転前と同じように串焼・串揚を中心に、揚げ物や煮物、サラダ、中華メニュー、それに麺やご飯ものも提供しています。読谷で始めたステーキも好評のようです。ドリンク類はビールにサワー、泡盛などの他、アブサンもラインナップ。あぶさんのアブサン、怖いくらい酔います。ツワモノはお試しを。

読谷「もつ焼 あぶさん」のメニュー表。

定番メニューの他に、日替わりメニューもあります。あぶさんの炒め物はビールに良く合うからオススメ。おや、読谷ではお刺身類も提供しているようです。食べてみよう。

読谷「もつ焼 あぶさん」の日替わりメニュー。

久しぶりのあぶさんはウマかったし、楽しかった!

お久しぶりのあぶさんで、乾杯のビール(350円)。今夜は食べて飲むぞー!

読谷「もつ焼 あぶさん」ビールはオリオン生ビール(350円)

まずは、本日の青菜にんにく炒め(550円)から。あぶさんはお通しがないので、さっと出てくる炒め物がありがたい。にんにく風味がしっかりの味濃いめの炒め物は、ビールを捗らす素晴らしいおつまみです。

読谷「もつ焼 あぶさん」本日の青菜にんにく炒め(550円)

続きまして、あぶさんの串揚盛り合わせ(5本、450円)。あぶさんはもつ肉がおいしく、その時の気分で焼いたり揚げたり食べられるのがいいですよね。串揚はソースをつけたガッツリ系、サラッと食べたいなら串焼もオススメです(ご主人サマーの手が早く、串焼の写真を取り損ねた)。単品注文もできるし、お任せの盛り合わせもあります。

読谷「もつ焼 あぶさん」串揚5本盛り合わせ(450円)

お刺身は盛り合わせ(1000円)でいただきました。まぐろと島タコはわかるけど、他の白身と赤身はなんだったかな。どれもおいしかったです。

読谷「もつ焼 あぶさん」刺身盛り合わせ(1000円)

沖縄移住してよかったことのひとつが、お刺身の酢味噌和えがおいしいこと。この日のあぶさんにもありました。色々刺身の酢味噌和え(600円)は最高のアテです。

読谷「もつ焼 あぶさん」色々刺身の酢味噌和え(600円)

あぶさんと地元の常連さんが「今日、生牡蠣あるよ。食べる?」なんて会話をしていたので、便乗注文した北海道産の生牡蠣。メニューにはありませんが我々もおいしくいただきました。あと10個はイケたな!

読谷「もつ焼 あぶさん」北海道産の生ガキ(価格不明)

ビールを何杯飲んだかわからないほど飲みました。途中、生グレープフルーツサワー(400円)に切り替えつつ、読谷の夜は続きます。

読谷「もつ焼 あぶさん」生グレープフルーツサワー(400円)

あぶさんといえばガツ刺身(400円)。コリコリ食感が最高。

読谷「もつ焼 あぶさん」ガツ刺身(400円)

馬レバー刺身(650円)もいただきました。牛レバ刺に規制が入ったのが2012年で、レバ刺自体を食べたことがない世代も増えてきていると思いますが、馬レバーもはクセや臭みがなくペロッと食べられます。おいしかったなぁ。

読谷「もつ焼 あぶさん」馬レバー刺身(650円)

浦添時代によく食べてたシュウマイ(280円)も健在。やっぱ、ウマい!

読谷「もつ焼 あぶさん」シュウマイ(280円)

シメはお子サマー向けに、もやし焼きそば(小、400円)を注文です。3サイズから選べまして、子ども1人用なので小サイズにしたところ、ソースの香りに引かれた酔った大人が箸を伸ばし... あっという間になくなりました。大サイズ注文すればよかったね...

読谷「もつ焼 あぶさん」もやし焼きそば(小、400円)

まとめ

ということで、浦添から読谷に移転した「もつ焼 あぶさん」へ行ってきました。この日は家族連れで訪れている方が多く、お子サマーも一緒に遊んでもらいました。なんかいいなぁ、読谷。

読谷「もつ焼 あぶさん」に来ていた他の子ども達と一緒に遊ぶお子サマー。

あぶさんが地元客に愛されるお店というのは、読谷に移転してからも変わらず。一人で立ち寄る常連のおじさんもいたし、家族連れで20人以上の忘年会をやっているチームもあれば、一見客の若い女子5人組もいたり。どこで営業していても、あぶさんはあぶさんでした。読谷まで飲みに行けてよかった。一緒に飲んでくれたブロガーのYASSさんもありがとうございました!そのうちふらりとまた行きたいので、その時も乾杯しましょうね。
終わり。

住所:〒904-0322 沖縄県中頭郡読谷村波平1070-1

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ビール, 居酒屋, 沖縄本島中部, 沖縄県, 焼鳥・焼きとん・もつ焼き, 読谷村
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.