アイスクリーム・ソフトクリーム カフェ・喫茶店 ランチ 函館市

函館「コーヒールームきくち」ナポリタン&ソフトクリームを食べてきた。

投稿日:

実家に帰省する時は、だいたい函館空港を利用します。空港から実家に向かう道すがら、必ず目に入るお店があるのです。それがこちらの「コーヒールームきくち」。空港からすぐの湯の川にあり、黄色い建物とあって目立つという理由から見てしまうのですが、それに加え両親に連れられてここで食べたソフトクリームがおいしかったことも影響しています。コーヒールームきくちは、モカ味のソフトクリームで有名なのです。

函館・湯の川にある喫茶店「コーヒールームきくち」の外観。

今回初めて店内に入りました。コーヒールームきくちはソフトクリーム専門店ではなく、喫茶店です。平日のお昼過ぎに訪れたところ、店内はマダム達で賑わっていました。テーブル席には空席がなく、あたしはカウンター席へ入ります。店内は喫煙可能で、タバコのにおいがしました。

コーヒールームきくちの店内。マダムたちで賑わっている。

こちらがコーヒールームきくちのメニューです。コーヒーや紅茶を中心に、カレーやチャーハン、麺類、定食、パフェ、ケーキ、パン類などの軽食がそろっています。オープン時間の9時から13時まで注文できるモーニングサービスもあるんですね。

コーヒールームきくちのメニュー(その1)コーヒールームきくちのメニュー(その2)

あたしが注文したのは、ナポリタン(620円)です。昔からの喫茶店では、ナポリタンを選ぶことにしています。

コーヒールームきくちのナポリタン(620円)。

具材はベーコン、ピーマン、たまねぎとオーソドックス。ケチャップのしょっぱい中に感じるたまねぎのシャキシャキ感と甘みがいい感じ。

ナポリタンは熱々で、ふうふう冷ましながらいただいた。

きくちのナポリタンのとにかく熱々。濃厚なケチャップ味は、想像していた通りの喫茶店の味でした。ボリュームは少なめですが、思い通りの味に満足です。

ボリュームは少なめだが、濃厚なケチャップ味で、正真正銘喫茶店のナポリタンだった。

味変はタバスコと粉チーズで。ナポリタンには粉チーズたっぷりが好みです。食事を済ませたら、お店の外に出ました。きくちに来たからにはソフトクリームは必食です。でも店内で食べずに外へ出たのには、理由があります。

味変はタバスコと粉チーズで。

お店の外にはテイクアウト専用の窓口があります。店内でソフトクリームを食べると310円ですが、テイクアウトで食べるなら260円なんです。サイズも同じ、味も同じ、それでいて50円安くなるなら、テイクアウトで食べるのがベスト!

コーヒールームきくちはソフトクリームで人気のお店でもある。

先ほど店内でもお世話になったお姉さんに260円を渡し、ソフトクリームを巻いてもらいました。

ソフトクリームは、店内で食べるより、テイクアウトの方が50円安くなる。

コーヒールームきくちのソフトクリームは、モカ、バニラ、ミックスの3種類。今回はモカソフト(260円)をいただきます。昭和48年から販売しているソフトクリームは、シャリシャリ食感のあっさりタイプ。温度も一般的なソフトクリームより冷たい気がしました。コーヒーの風味もほどよく、あたしにとって昔懐かしい味です。

コーヒールームきくちのモカソフト(260円)はシャリ感があってあっさりしている。

ということで、函館・湯の川にある喫茶店「コーヒールームきくち」で、ナポリタンを食べてからソフトクリームをテイクアウトしました。初めてきくちの軽食をいただきましたが、濃厚なナポリタンに満足です。短期滞在でアレコレ食べ回りたい人なら食事のハシゴも問題なくできそうだなと思ったし、実際あたしは別のお店へ向かっちゃいました。シャリ感のあるモカソフトは食べ飽きないおいしさがありますね。函館って何故かモカ味のソフトクリームが定番なのですが、コーヒールームきくちでもモカソフトを食べてもらいたいです。函館空港まですぐなので、到着後あるいは出発直前に立ち寄りやすいのが良いですね。
終わり。

住所:〒042-0932 北海道函館市湯川町3丁目13-19

北海道函館市湯川町3丁目13-19

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-アイスクリーム・ソフトクリーム, カフェ・喫茶店, ランチ, 函館市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.