ビール ラーメン・つけ麺・まぜ麺 横浜市 関東・甲信越

【移転】横浜・戸部「らーめん春友流」に行ってきた。

投稿日:2013年7月1日 更新日:

生まれも育ちも生粋の道産子、なかのひとです。
最近「なまら春友流さんがラーメン屋を開いた!」「レセプション行ったけどうまかった!」っていう情報がソーシャルで流れていました。この春友さんのラーメンというのは、2013年6月オープンの横浜・戸部「らーめん春友流」のこと。先日ランニングしていたら見かけたので、その翌々日食べに行ってきましたよ!

横浜,戸部,らーめん春友流,ビール

まず、「なまら春友流」って何?という方、ご安心を。あたしも同じくらいのレベルです。偶然見かけた元記事があって、偶然にも北海道弁の「なまら」が冠についていて、ああきっとこの春友さんは北海道人なんだなーくらいにしかわかってません。それでも美味しいと評判のラーメンならば行ってみたくなるのが人間のサガ。

入店したらまず券売機でメニューを決めます。あたしは初めての来店なので、ノーマルにラーメンを注文。その他のメニュー・価格帯についてはこちらのメニューをご確認ください。

横浜,戸部,らーめん春友流,ビール

らーめん春友流に置いているビールは、サッポロです。春友さんが北海道出身だからなのでしょうか、取り扱うビールメーカーはサッポロ。更にサッポロ黒ラベルやエビスではなく、なんとエーデルピルスなのです!!

横浜,戸部,らーめん春友流,ビール

あたしのことなので、ビールも注文しちゃいますよね。エーデルピルスはグラス小で350円でした。ホップの苦味がたまらなくウマい。店内を眺めながらビールを3口ほど飲んだところで、春友さんのラーメンがやってきました。こちらが、らーめん(700円)です。

横浜,戸部,らーめん春友流,ビール

一見、ボリュームが少なそうに見えます。かなり食べるあてくし、これで足りるのか若干心配。

横浜,戸部,らーめん春友流,ビール

らーめん春友流では、北海道では知らない人がいない西山製麺の縮れ麺を使っているそうです。北海道ラーメンといえば、縮れ麺。そして、I Love 縮れ麺。九州のストレート麺とか、どこか物足りないんですよね。でも、らーめん春友流のスープに、この縮れ麺もよく合っています。麺がもうちょい硬めで、プチプチ感が残っているとより良かったかな。

横浜,戸部,らーめん春友流,ビール

スープに浮いてるざく切りタマネギがいい感じにアクセント。もっとタマネギトッピングしたいウマかったです。提供された時にはほんのりピンク色だったチャーシューが、スープの熱でしっかり火が入ってしまってちょいと残念。最初に食べちゃえば良かったなぁ。

そんな感じでさくさくっと食べきった訳ですが、ボリュームが少なそうに思えたんですがお腹いっぱいになりました。チャーシュー2枚入ってるのを食べ終わり間際に気がついたんだけど、これでボリュームを感じたのかな?あとはエーデルピルスも飲んだからなー。味は少しだけしょっぱく感じたのですが、全体的に上品な感じにまとまっていたと思います。散らしているカイワレとか、チャーシューの味もそうだし、ジャンクフード感が薄く、上品なラーメンです。きっとこれからお店全体のオペレーションもうまくいくようになると思うし、今後に期待ですね。

全然話が変わりますが、らーめん春友流は市営地下鉄の高島町駅付近にあります。お店を出て海側に歩くとすぐに交差点があって、その近くにはバーグというお店もあるんです。バーグのカレーもウマいんだな。らーめん春友流といい、バーグといい、この辺には以外と美味しいお店が立ち並んでるなーと思いました。
終わり。

【2016年8月20日追記】

春友さんは横浜から奈良に移住し、2015年9月にはラーメン店も移転しています。なかなか関西には行くことがないのですが、奈良へ行ったら美味しいラーメンを食べに行きたいなぁ。

住所:〒220-0041 神奈川県横浜市西区戸部本町38-7

神奈川県横浜市西区戸部本町38-7

(*・ω・)つ 横浜食べ歩き情報もどうぞー♩
 

-ビール, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 横浜市, 関東・甲信越
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.