ライブ・音楽 日記・思ったこと

集団心理は恐ろしい。

投稿日:2013年9月2日 更新日:

恐怖体験を記録しておこうと考えてるなかのひとです。
いやはや、久しぶりに人の目に晒された感じがしてちょっと怖かったです。
でも、信念は曲げません。

先日目黒駅近くにあるライブステーションというハコに行ってきました。
行くときは重なるものですね。
ここに行ったのは数年ぶりだけど、8月に2度も行くことになるとは。
80年代にオープンしたらしく、その昔X JAPANやLUNASEA、イエモンなんかも出たことがあるんだとか。
サイズ的にキャパ250~300くらいだと思うんだけど、そう考えるとここは一種の登竜門的な場所なんだろうな~。

整理番号は40くらいだったのですが、センター~上手の中間地点、4列目に場所を取りました。
ソールドはしてないっぽいけど、平日のわりにお客さんの入りもまずまず。
ステーションはステージも高めだし見やすくていいハコだなぁと思いつつ。
本編で完全燃焼しつつ、アンコール。

この日はメンバー2人の誕生日ということで、GからBへ、そしてBからGへプレゼント交換がありました。
ステージ上のGとBが物々交換をし始めた時、B側の最前列のオバンギャたちがしゃがみ始めました。
しゃがむ行為は疲れてるからじゃないんです、後ろの人たちが見やすいように・・・という個人の勝手な配慮からなる行動です。
B側から始まったしゃがみ行為は上手にも広がり、3列目あたりまで感染してしゃがみ始めました。
4列目のあたしは当然視界が広がり見やすいわけですが、特に感謝するつもりもありませんし、しゃがみもしません。
だってオールスタンディングなんだから。
見えても見えなくても、時の運。
見えなかったらスピーカーから出てくる音を聞けばいいし、そもそも見える位置に移動すればいい。

物々交換が終わった頃、Vo&Gが楽屋からのっしのっし出てきて一言、「みんな座ってるから驚いた」。
3列目までの皆さんが座られているので、あたしが着てたユニクロのKISS TシャツをVo&Gにアピれて良かったわけですが。
(絶対見てた。完全にKISS Tを見てた。Vo&Gはジーン・シモンズ好きだもん)

そんな感じでアンコ1も終わり、アンコ2を呼びまして。
メンバーが出てきた時にBのお父様がいらしてるとのことで、お父様がステージに呼ばれて上がった時ですよ。
またもやしゃがむ文化が・・・。
なんなのこれ。ほんとに。
今度はフロアの中心部にある2列目の柵の後ろの人たちまでしゃがんでたわけですよ。
メンバーの誰としてしゃがめ!って言ってないので、完全に場の空気。来場客の勝手な判断。
あたしと同行者のJさんは4列目で突っ立ったままです。
フロアの前の方で立ってるのは、あたしら2人だけ。座る義務はないでしょ。スタンディングなんだし。
でも人の目に、来場客の目に晒されてる気がするあたいは小心者。

Bのお父様が「3分だけスピーチいいですか?」とBの生まれから生い立ちまでを懐かしんで語り出したころ。
2柵目に寄りかかって中腰になってる常連に「見えない~」「座れ~」と言われました。
いやいや、あなたたちあたしらより先に場内に入ってたじゃん。それでその位置を確保されてるわけですし。
それにメンバーやハコのスタッフでもないのに、着席指示出される筋合いは一切ありませんよね。
そもそも見えない、座れって・・・ 見えなかったら演奏中も言うんだろうか。

2度目のおすわりタイムの時はおそらく、前方にあたしら2人しか立ってなかった。
座るのが当たり前、という集団心理が怖かった。
後ろの常連に「座れ」ってボソボソ言われるのも怖かった。
でも座りたくなかった。意思に反することはもうしたくない。
座って当たり前、って誰が思ったんだろう。みんな流されてるだけじゃないの?
1回目の時のB側最前列のしゃがみ行為から始まった「後ろの人も、みんなみんなよぉ~く見えますようにっ☆(キャピ)」みたいなノリに鳥肌。
V系でもないのに、どうしてV系エッセンスを注入しようとするんだろう。
正直、キモチワルイ。

ということで、屈せず自らの意思を貫きました。
これも第一歩ということでしょうかね。
周りの空気を読まなかっただけの気もするけど。
終わり。

-ライブ・音楽, 日記・思ったこと

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.