日記・思ったこと

途中下車のお話。

投稿日:2013年10月1日 更新日:

おはようございます、なかのひとです。
本日から下半期にはいりましたね。早いもので2013年も残り3か月となりました。
さてさて本日のエントリーは、人生80年という折り返すことのない片道列車についてのお話なのですが。

先日というかちょっと前のお話なんですけど。
JRを関内駅で途中下車をし、ベイバイクにまたがり、あたしは横浜市中区役所へ行ってきました。
仕事終わりの木曜日、離婚届を提出するためです。

結婚ってなんでしょうね、正直よくわからなくなりました。
時間が少し経過した今、フラットな状態で結婚・離婚を改めて振り返ってみますと。
やっぱり、「結婚したかった時期」と「結婚した時期」がズレてたんだろうなぁ、と改めて思います。
私個人が一番結婚を意識していた時期が20代後半なんですが、そのときに入籍していたのならば、こういう結論にはなっていなかっただろうな、と。

なんというか、小さいころから描いていた結婚して家族を作るということへの憧れと現実の差なのか、単に地に足がついていないというだけなのか、意地というか、出産適齢期を考えてやたらと焦ってしまっていたりとか・・・
いろいろとフクザツなお年頃でしたので、普段以上に冷静さに欠けていたのかもしれません。
一般的にはここで結婚して丸く収まるんだと思うんだけど、そうもいかないのがあたしの人生ってやつのようで。
レールが急に右に曲がったり左に曲がったり、立ち往生したり、果ては脱線したりと、まぁ33(離婚時は32だったけど)になっても落ち着きがありません。

今回の件で、ある方には「話し合いの場を持ちなさい」と助言を頂き。
そうだなぁ話をしないと・・・と思って平日なのに朝まで話し合いをしたり。
また、別の方には「この本、あなたにも旦那さんにもオススメ」と教えて頂き、毎日のように緑色の本をサブウェイで読み進めまして、何度も目からウロコでした。
また、ある方からは「結婚って本人だけじゃなく、家の問題でもあるから慎重に」とお叱りもいただきました。
でも私も元旦那さんもそれぞれ家系のしがらみが薄い感覚なんでしょうか。
思うように好きに生きているし、あまり親兄弟に相談しないうちに離婚届にサインをしました。
その後三女に「お姉ちゃんが心配かけるせいで、お母さんが病弱に!」という類のバッシングをtwitter上で受け。
次女からは「もう離婚してたの?!実は私も離婚したい!」と言われ・・・ お前はやめておけと忠告したけど、バツイチ長女に言われたくないっか。
事情を知っているある方に「もう離婚したんかー? ほんまかー、知ってる人の中で最短記録や!」と笑われました。
正直、笑ってもらえるのはありがたいです。みんな笑うしかないんだろうけど・・・

時系列がアレですが、婚姻届提出直後のお話を少ししますと。
元旦那さんと反町で飲みながら入籍した感想というか意気込み?を聞かれて言葉が出てこず。
「末永く宜しくお願いします」とありきたりの言葉を棒読みするしかなかったあたしの気持ちを思い出して、どうして延期とか中止と言えなかったのかなぁ・・・と思うんです。
言えない性格なんだろうな~、仕方ないのかな~、言えない相手だったということなのかな~。
このまま落ち着かない人生をおくるのはアレなのですが、一回失敗してるし、まぁ今後は気楽に、肩肘張らず、自分のペースで生きていきます。

以下、私信です。読むか読まないかわからないけれど。
=====================
★元旦那さんへ
出会ってから色んなことがあったけれど、長いこと心の支えになってくれてありがとうございました。
これまでで一番のワガママを聞き入れてもらって、ありがたく思います。

★保証人サインをしてくれた友人へ
毎度毎度あたしのワガママに付き合わせてしまい、申し訳ないです。
でも、昔のように「あたしなんて」と思い悩んでは泣いて飲んで歌って泥酔して・・・ってことは少なくなったんじゃないかな~って思います。
またそのうちダークサイドに堕ちるかもしれないけれど、その時は蜘蛛の糸を垂らして引き揚げてくださいませ。
甘えっぱなしでごめん。いつも、本当にありがとう。

★うちの犬へ
解散後、生活リズムが崩れたのか度重なる床オシッコで心が折れそうになったけど、最近やっと落ち着いてきたようで安心しました。
いっぱいお散歩して、ごろごろ一緒に寝て、あたしと一緒に楽しく過ごしましょう。
=====================
私信、以上。

自由気ままな独身生活に戻った反動でしょうか、目白の田中屋さんやアンテナアメリカでビール買いすぎて、冷蔵庫がビールに埋もれた生活をしております。
毎日ビールパラダイスです。
生きていれば多かれ少なかれ色々あるんだけど、この結論が正か誤か、それはこの後何年か経って振り返った時に初めてわかるのかも。
ともかく、遠回りしているしお金もないけれど、今はとても満足した生活を送っています。
誰かの思いに従ったりとか、何かに遠慮したりとか、もうそういうものに左右されず、自分が不満を抱かない充実した人生を送りたいです。
終わり。

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-日記・思ったこと

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.