日記・思ったこと

あたいのプライベートに踏み込まないでください。っつー話。

投稿日:2014年2月17日 更新日:

特に、悪意なく踏み込んでるケースは、もうどうしようもない。
オワタ\(^o^)/

サボテン

先日、お酒の席でそんなことがございまして。
あたいも結構飲んでたけど、その話を振られて相当怒ったと思うんですよね。
キエエエエ!ってヒステリックではなくて、静かにキレてたんじゃないかな。
その件は、散々頭を悩ませて、でも手の打ちようがなくて、とても心を痛めた話でした。
だから、何も理解してくれない第三者には介入されたくないんです。
入ってこられても、何を言われても、変わることがない事実で、もう触れられたくない話だから。

なので、その話は他人には言いたくありません。
無駄に心配されたくないので親兄弟にも言いません。
身の回りの極最低限の人にしか話しません。
言う必要もないし、聞いてもらったところで何も解決しませんから。

なんですけれど、今回は、違うルートで話が届いていたんですね。
それは許容できる範囲だったので良しとしましたけれど、こんな形で出てくるとは。
残念でした。
と同時に、あたいもお酒には気を付けないとなぁ、と思いました。

もしかするとあたしは他人に出せるプライベートの部分が、他人より狭いのかもしれません。
あたしより広範囲でなんでも出せちゃう人からすると、あたしのNG部分が何故NGなのか理解できないでしょう。
そんなの人によって違うのは当たり前なんだし、みんな一律に子会範囲設定してるわけじゃなから、人付き合いする上でその辺の気遣いは必要だと思うんです。
それがデリカシーってやつなんじゃないでしょうか。

痛い経験をしたことがないとわからない、というのは配慮や思いやりに欠けているだけ。
その場には無関係な人までいたので、あの話をされて事情を悟ったでしょう。ああ、ほんとに嫌だ。
更に酔ってて覚えてないとなると、だったらあたしのプライベートな記憶を忘れてくれよ!と願ってしまいます。
きっとこれからあたしは、その方に対して、少しずつ壁を作っていくんだろうな。
豆腐メンタルですので、自衛が必要です。

ということで、他言無用なお話は、信用できる相手を選んで話すのではなく、誰にも話さないのが吉。
話して解決するわけなんてないんだから、ベラベラ話さなきゃいいんだっつーことです。
しかも話し手が傷付くんじゃなくて、あたしが痛い思いをするんだから尚の事。ほんっと、心を乱されるのは勘弁。
あたしが心許せる人なんてほんとに数少ないので、それ以外の人にあたしのプライベートな話を、自分以外のルートで広められるのは、ほんとに気分が悪いです。
終わり。

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-日記・思ったこと

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.