日記・思ったこと

肉食系女子、狙った獲物が手に入ったらすぐ飽きちゃうの巻。

投稿日:2013年11月22日 更新日:

先日、友人Nちゃんより鋭い突っ込みを入れられました。
前後関係省き、要約すると、
「あたいは追うのが好きで、追われる立場になると嫌になる」
という傾向があるとのこと。

なぬっ!?
いや、えーと、うーん。
どうだったかニャ…(暫し、考える)

ねこ

ごもっとも!さすがの大正解!!

よく見ているわ~、SSGDS。
関東で一番仲良くしてくれるだけはあって、性格や趣向がバレテーラ!

手に入れられそうで、完璧に手に入れられないようなモノに目が向いてしまいます。
落ち着いたら?と言われることもしばしばございますが、安定感が増すとなんだか楽しくないんだよね~。
自らの直感で日常を変更するのは楽しいけど、その割に他人から強制的に180度ひっくり返されたりするのは大嫌いだし。
長女っぽいよね~なんて言われるけど、ほんとは違います。
超!絶!ワガママです。

つたない過去の経験ですが・・・
好きな人の背中を追いかけてるうちが一番楽しくて、幸いにして向かい合うことが出来、逆に背中を追われる立場になったら一気にテンションが下がってしまったり。(*1)
そうなると次の狩りに出るわけです。つまらんからね。
その後、所謂「フォルダの上書き保存」と相成るわけでございますね。
やだ、あたしったら肉食系女子!?

肉食系女子

友人Nちゃんはその周期を冷静に見ているから、「追うのが好きで、追われる立場になると嫌になる傾向」と突っ込んできたのです。
この傾向は自分でも内心わかっていたのですが、Nちゃんに言われたことが大当たり過ぎて、笑ってしまいました。

でもさ、「家族」になるとそうじゃない、と思う。
例えば、うちの通称・熊本犬(熊本県八代市出身)は、時々外泊するのですが、いないと寂しいものですよ。
会話がなくても、視界に常に入っていたり、気配がしたり、動いたときの音がするだけで、彼の存在が伝わるだけで安心する。
熊本犬は犬だけどあたしの中で家族認定していて、同じ空間にいて当たり前だから。

熊本犬

同様に、人間でも同じことはあるでしょ?
好きな人って枠を超えて、もはや空気みたいな存在、無くなったら生きていけない…というか。
あって当たり前、そこにいて当たり前の存在。こーゆーのが家族なのかな。
だとしたら、どのラインを越えたら自分の中で家族認定されるのか、これはまだよくわからないなぁ。

交際相手と離れてた方がせいせいすることもあったし、相手に合わせすぎて気疲れしちゃったこともある。
相手の趣向を受け入れられなくてドン引きしたけど、遠慮してぶっちゃけ引いたわ~とは言えなかったり。
逆にあたしの趣味(ビール)を否定され、「昼から飲むなんてアル中だ!」(*2)と言われたことも。
そういう相手には自分からサヨナラをお伝えすることが多かったです。
遠慮って、家族から一番離れてるものかも。なるほど。

遠慮せずに言いたいことを言い合える相手なら、追われる立場になっても大丈夫じゃなかろうか。
最近はそう考えています。
家族という存在になったら、追うも追われるも関係ないだろうし。
さてさて、あてくしの狩猟民族引退はいつなのでしょうか。
終わり。

 

<補足> *1
御幣を生みそうなので注釈付けますが、本件・・・というか本記事自体、あてくしの離婚のお話ではございません。
ここに書いたのは前回の独身貴族時代のお話であり、結婚した相手についての内容は書いてないです。
そもそもテンション下がって飽きてたら、入籍前に次の狩りに出ています。たぶん。
離婚については「大人の事情」がある為、これ以上のことは書きません。

<補足> *2
まだビールにどハマりする前、ビール愛好家10級くらいだったころのお話。
とある休日、ランチで沖縄料理屋さんに入ったら、バスペールエールの瓶があった。
当時、まだバスを飲んだことがなく、ご飯と一緒にオーダーしたら「昼から飲むなんてアル中だ!」と言われた。
「あたしがアル中なら、四六時中タバコ吸ってるあなたはニコチン中毒だろ!」って思ったけど、なんとなく言うのを控えた。
後日、ビールゼミ生との飲み会中にこのエピソードを話したところ、「別れろ、別れろ、そんなツマラン男!」と言われる。
マジメでいいヤツだけど、タバコ臭いし、変な趣向持ってるし、やっぱダメだよな!と思い直し、敢え無く終了。
そんなに好きでもないのに、なんで付き合ってみたんだろ。
あの頃は人生の迷走期だったとしか思えない。

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ



  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-日記・思ったこと
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.