日記・思ったこと

私が日本語ドメインを選んだ理由。

投稿日:2013年7月9日 更新日:

どうも、なかのひとことユッキーです。
だいたい飲んでばかりだけど、たまにはマジメな内容を。
このブログにつけた「ドメイン」について書いてみようと思います。

日本語ドメイン

そもそも「ドメイン」ってなんだよ、ということなんですけど、ドメインっていうのはインターネットの住所、とよく言われています。
インターネットという手では触れられないけど確かに存在する宇宙空間の中に、数多く存在する家(サイト)に割り振られた住所(アドレスとかURLなんか)、とあたしは捉えています。
アドレスとかURLとかってよく言われてるその住所的なモノは、このブログでいうところの「毎日ビール.jp」です。
この「毎日ビール.jp」がいわゆるドメインってやつですね。
一般的には「http://www.yahoo.co.jp/」だったり「https://www.google.co.jp/」だったり、ローマ字表記が主流なのですが、ここ1~2年で日本語表記のドメインが出てきました。

なかのひとはイノベーター理論でいうところの、レイトマジョリティ(自称)です。
いきなりどうした!って感じですが、あたしは服とか全般的に流行りものには疎く、「どうせ来年には流行りも廃れてるダロン」とちょっと疑ってかかっています。
流行ってるからってすぐに購入することはありません。
一時期の流行ではなく、流行ったのちに一般化したなと思った時点で購入に至ります。
今となっては寝落ちするまで手放さないiPhoneも、流行ものと捉えていた時期には購入しませんでした。
かつてガラケーからスマホに乗り移った頃には、「キミがまだガラケーだったなんて・・・」と言われるほど。(それくらいインターネット大好き)
まぁ、スマホにしてから世界が広がりましたね。常にパソコンを持ち運んでいる感覚で、乗り換えてからすぐに携帯専用サイトの限界を非常に感じました。
今思い返すと「魔法のiらんど」とかなんだったのだろう。まだ存在してるけどさ。

そんな人間なワケですから、ここ最近でてきた日本語ドメインにこうしてトライしてるのは、自分にとっては非常に珍しいことなんです。
元来あたしは新しいもの好きではないし、安定思考で古風な考え、そして保守派なワケなので。
そういうタイプほど、隠れ過激派だったりするのかなぁ。
これからgoogleさんのアップデートが日本語ドメインに対してどんな仕打ちを用意しているかわからないし、かといって英語ドメインは先駆者が色々と押さえているので覚えやすい短いのはもう取られちゃってるし、でもって今のところ日本語ドメインがSEO的に効果を発揮しているケースをいくつも見ているし。
後発隊のあたしが今やれることは、日本語ドメインしかない、よーしチャレンジしてみよう!と思ったのが、一番の理由です。

あと、せっかく独自ドメインとってブログやるなら、「.jp」でやりたかったんだ。
「えー!jpなの!?チャレンジャーだね」って二人ぐらいに言われたけど。
.mobiとか.asiaとか.tvとか.ccとか安いんだけど、mobiってモバイルじゃないし、asiaってアジア圏に羽ばたくような内容でもないし、tvってなんかちょっと違うし、ccって何の略だよ!!ってことで、ジャパニーズなjpにしたかったんです。
確かにjpは高いけどね。試運転でもちょっとこだわりたかった。ブログの住所だし。

ただ日本語ドメインをコピーしてどこかにペーストすると、わけがわからない文字の羅列になっちゃいます。
「毎日ビール.jp」を英数字ドメインに変換すると「mainichibeer.jp」になるわけなんですが、正直こんなの覚えられません。
それが唯一の欠点かな~、なんて今のところ考えてます。

ちなみにあたしがドメイン取得したのは、かの有名なGMOインターネット運営の「お名前.com」です。



そんな感じでこのブログのドメイン名の由来をチンタラ書いてみました。
終わり。

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ



  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-日記・思ったこと
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.